失敗しない幼児教育2

  • ¥0

    無料

鈍感な子は頭が良くありません。また人を思いやることもできません。今まで教えてきた生徒はみな優しく良い子で、東大を始め全員国立大学に合格しています。胎教も含め音楽でお子様の脳と感性を磨きましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
失敗しない幼児教育2
発行周期
月2回
最終発行日
2018年09月14日
 
発行部数
1,027部
メルマガID
0000151051
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
頭と心を効率的に良くする   読者数1273人
「失敗しない幼児教育2」   2018,9,14 NO317
http://www.npo-jhma.com/   by Ikuko Fujii
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
このメルマガは誰にでもできてすぐ役立つ幼児のしつけ、教育、
子供の心を育てることなどにポイントをおいてお送りしています。
――――――――――――――――――――――――――――――
今日のテーマ
♪虫の声

このメルマガは、第1週、第3週目の金曜日または土曜日の
いずれかでお送りさせていただきます。
――――――――――――――――――――――――――――――
♪Sound Story Concert
絵本の読み聞かせのためのBGM音楽を、これから
YOU TUBEで発信していきます。無料で使っていただけ
お話の場目に合った曲目、知育、情操教育に適した内容で
お送りします。どうぞご期待ください!


〇全講座入講説明会:無料/30分
・ヒーリング音楽講座5級 
・ピアノ認定 

詳細はまあふのブログをご覧ください。
http://ameblo.jp/npojhma/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このところ少し秋っぽく感じる日が多い大阪です。
皆様のところはいかがでしょうか?

私の田舎の岬の家では、本当に良い声でたくさんの
虫たちが鳴いています。都会では虫はほとんど聞かれ
ませんが、皆様のところでは虫の声が聞こえているで
しょうか。

さて今日はお子様と「虫の声」に親しんでみましょう。

それではさっそく「虫の声」を歌ってくださいね。

♪虫の声

1、あれ松虫が 鳴いている ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
  あれ鈴虫も 鳴き出した りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ

2、きりきりきりきり こおろぎや がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫
あとから馬おい おいついて ちょんちょんちょんちょん すいっちょん
秋の夜長を 鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ



この曲にはたくさんの「虫」が出てきますね。
お子様に「見た目の虫の違い」や「虫の鳴き声の違い」を
教えてあげることでもこの歌はとても役立ちます。

3歳くらい以上なら、多少の区別はつくでしょうか?
4歳になればわかるお子様は必ずいらっしゃると思います。

この曲で秋を感じ、虫の音に「きれいな音ね」「夜だね」を
感じていただけたら嬉しいですが、今日はそれにかかわらず
「区別」「整理」ということを考えてみましょう。

最近多いお受験、この中で私が最近驚いたのはこの「区別、
整理に関する問題をたくさん出している塾がいかに多いか」
ということです。

話が虫から飛んでいるようですが、そうではなくてこんな
音楽を通して、区別=整理ができる脳を育ててあげましょう。

幼いころは右手と左手の区別や、お靴も平気で反対で履いて
いたりします。これはとてもかわいい光景ですが、この区別
整理が早くできるお子様は、私の独断かもしれませんが頭が
良いと思います。もちろん育て方によります。

「何を聞いてもわからない」「区別がつかない」では、困って
きます。今年も大阪は「全国学力テスト」で、前回と同じように
2年連続最下位で、自然に触れる機会が少なく、遊びで聴いてい
る虫の音も、大阪では聴いていないために「区別」が
育っていないのだと思います。こんなふうに自然は、
勉強ではなく生活の中で、区別や整理の能力も育てて
くれているんですね。


さて区別(整理)ができない=考えない=学力低下です。
区別ができないとき、めんどくさがらずに何度でも教えて
あげましょう。またうまく説明もしてあげましょう。

田舎の野原に行けば、いろいろな虫を生活の中で見ることが
でき、鳴き声も生でリアルに聞け、場合によっては触れます。
地方の皆様で今でもこれができる方は、ぜひ実際に聞かせて
あげてください。

身近に虫を見たり触ったりできない皆様は、今日のこの歌で
1、 いろいろな虫がいるんだよ。
2、 どこが違うかな?色かな?形かな?鳴き声かな?
3、 いつ鳴いているかな?朝かな?夜かな?お昼かな?
4、 どんな場所にいるかな?
5、 ○ちゃんはこの虫好きかな?嫌いかな?

など、「区別」できるような質問を、歌を通して質問して
あげてみましょう。もちろんインターネットや図鑑などで
見てもよいですし、ホームセンターなどで見比べることも
良いです。

松虫、鈴虫、こおろぎ、くつわ虫、馬おい、皆様は
いくつわかりますか?その鳴き声もわかるでしょうか?

お子様と一緒に今である初秋を楽しんで、ついでに
音楽とともにお子様に「区別」「整理」を教えてあげて、
脳に良い種をまいてあげましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■購読変更・解除は申し込み先で手続きください。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/
■発行/特定非営利活動法人 日本ヒーリング音楽協会
■ URL/http://www.npo-jhma.com/
■編集/藤井郁子
■大阪市中央区
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ