「異文化交差点」(にほんごNPO)

  • ¥0

    無料

特定非営利法人浜松日本語・日本文化研究会が発行するニューズレターです。会員以外の方でも読むことができます。会の活動レポートの他、日本語文法研究や海外在住会員からの現地レポートなど、日本語と日本文化、外国人交流などに関する生きた情報をお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「異文化交差点」(にほんごNPO)
発行周期
月刊
最終発行日
2018年08月01日
 
発行部数
292部
メルマガID
0000157056
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 日本語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆◇◆◇◆◇|異||文||化|╋|交||差||点|◆◇◆◇◆◇◆◇
       ~~~Culutural Crossroads~~~~~       
             Vol.180 August        2018/8/1
 
            特定非営利活動法人 浜松日本語・日本文化研究会
                   http://nihongonpo.hannnari.com/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆今から8月なのに、もう9月ではないかと思うくらい夏が早く来てしまいま
した。皆様お変わりありませんか。今月も先月のような暑さや異常気象になる
のかわかりませんが、くれぐれもご自愛ください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◇日本語クラス(8月9月)の日程◇
 http://nihongonpo.hannnari.com/school2018.html

━ C O N T E N T S ━
  ●にほんごNPOだより…第14回日本語スピーチコンテストのお知らせ
   ○思い出BOX(第22回)……………田野聖一
    ●にほんごNPO諸事雑感……………加藤庸子
     ○まっちゃかふぇ………………………杉本英雄
      ●ごげんかせんといけん………………杉本英雄
       ○編集後記

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■□■にほんごNPOだより■□■

●〇●第14回日本語スピーチコンテストを開きます●〇●

日時:8月5日(日)9:30~12:00
場所:浜松市市民共生センター 2階ギャラリー
共催予定:浜松国際交流協会(HICE)

中学生の部と大人の部の二部構成です。中学生の部には8人が出場予定です。
大人の部への出場者は、今年はぐっと少なくて3名です。
それぞれに力のこもったスピーチをしてくださることと思います。ご期待くだ
さい。

スピーチ終了後、詩の朗読会を経て、表彰式を行います。
母国の詩を母語で朗読してみたい、日本語で日本の詩の朗読に挑戦したいと
いう方、まだ間に合います。加藤にお知らせください。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■□■思い出BOX■□■(第22回)

予定……………………………………………………………………………田野聖一
 
英語の期末テストが終わった。
単位はもらえそうだ。
担当教員のテッドは私が所属するNPOの代表、加藤さんと繋がりがある。
恥ずかしい点は取れない。

今週、来週は前期の期末試験が続く。
週明けの月曜日には教育学のテストがある。
「暑いから無理をしないで。」
授業後に先生が言った。だからといって試験がなくなるわけではない。

夏休み 始まる前に 期末試験
文化芸術体験演習の課題で出した俳句だ。この科目には試験がない。
毎週火曜は朝から晩まで大学にいた。
文化芸術体験演習を含む4つの必修科目があった。
情報リテラシー入門、学芸の基礎、国際文化概論だ。

学芸の基礎は4000字の書評提出がテスト替わりだった。
国際文化概論は3000字のレポートを出す。

学内の図書館で田辺君に会った。漫画家志望で愛媛県出身の男の子だ。
「何をしているの。」
「レポート用の本を探しているんです。」
「明日までだよ、大丈夫?」

翌日会った時には寝ずに書いたと言っていた。
夏休みは実家に帰らない。マンガを1作仕上げる予定だそうだ。

「出来上がったら読んで下さい。で、田野さんの夏休みは。」
予定などない。目の前のことで手一杯だ。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●○●にほんごNPO諸事雑感●○………………………………………加藤庸子

【肉と魚とどちらが好きですか】

5月1日に編入した中1のYさんは理科が大好きだ。エンジニアになりたいと
いう夢がある。どちらかというと、日本語の学習にはあまり熱心ではない。
「やれと言われたからしかたなくやっているのよね。」という信号が伝わって
くることが度々あった。

7月中旬の猛暑のある日、校長先生が「いつもの支援の部屋は暑いから。」と
家庭科室の鍵をあけ、エアコンをつけてくださった。だだっ広い家庭科室にポ
ツンと2人。こんなにエネルギーを使わせてもらって申し訳ないね、と2人で
話しながら(日本語ではなく英語です)、学習をスタートした。

「給食」がテーマの手作り教材を用意した。「ロベルトは魚が嫌いです」とい
う表現にくいついてきた。英語で「私も魚が嫌いだ」と言う。日本語で言える
はずなのに使おうとしない。日本語で「私も魚が嫌いです。魚より肉の方が好
きです。」と言うと、「うん、うん!」とうなずく。聴く力はだいぶついてき
たようだ。

 A:〇〇さん、肉と魚とどっちが好き?
 B:肉の方が好き。

板書し、Yさんに話しかける。答えが日本語で返ってきた。少し乗ってきたか
な?。Yさんの仲良しの子の名前を「〇〇」に入れ、ロールプレイをする。

次は、先生バージョンだ。敬体と常体の違いに気づき、熱心にノートをとって
いる。がらんとした家庭科室の一角に、これまで見たこともないYさんの姿が
あった。「じゃあ、次は理科のT先生。」「今度は、クラスのE先生だよ。」
すらすら言えるようになるまで、時間はあまりかからなかった。

夏休みの補習の後、担任の先生と話す機会があった。「日本語の学習に身が入
らないときが多いんですが、ある日…」とお話しすると、「『肉と魚とどちら
が好きですか。』と、突然聞かれてびっくりしたことがある。今、謎が解けま
した。」と、大笑いされた。

校長先生のご配慮。話してみたかった話題。楽しいロールプレイ。レベルに合
った文型…。いろいろな要素が合わさって、Yさんのやる気につながったのだ
ろう。毎回、こんな風に日本語基礎の授業が盛り上がるといいのだが。

日本語基礎の教科書、もうしばらくお待ちください。検証に時間がかかってい
ます。新しい項目もいくつか増やし、10月上旬の完成を目ざします。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
□■□まっちゃかふぇ【型の国、ニッポン】……………………………杉本英雄

 先月天皇陛下が来浜される予定でしたが、陛下のご体調に加えて西日本豪雨
等により残念ながら中止となりました。来年の5月にはもう新しい元号となり、
自分と同世代の方が天皇となられるわけです。昭和から平成に変わった時、ベ
ルリンの壁がなくなり共産主義体制が崩壊して冷戦が終結するなど、世界も大
激変しました。今回もまた大きな世界情勢の変化が予想されます。

じつは日本の変化と世界の変化は連動しているのです。ある筋の俗説に「日本
は世界の雛形」というものがあります。北海道、本州、四国、九州、沖縄は世
界の五大陸と相似である、ともいうのです。

その説の真偽はさておき、日本はいろんな意味で「世界に先駆けて」人類的体
験をする国である、というと少なからず頷かれる人もいるのではないでしょう
か。

原爆、サリン、大震災、原発事故…いずれもそれまで人類が経験したことのな
い出来事であり、二度と他の国では起きていないことばかりです。先月末の東
から台風がやってくる等も、気象学史上類を見ない事例だったのではないでし
ょうか。

一方、今日本の文化や考え方などが世界中に発信され広まるようになってきま
した。来日外国人の多さも日本の歴史上始まって以来ではないでしょうか。

日本は「型」を生み出しそれが世界に広まる、そういう役目を担っているよう
であります。日本の「~道」とはじつに幅の広いものですが、いずれも或る種
の「型」を産み出し、それが「道」として広がっていくのです。

「型霊」ということばをごぞんじでしょうか。「言霊(コトダマ)」はもう誰
でも知っているものとなりました。この他に「数霊」「型霊」というのが古来
から伝えられています。

ここらへんの話は常識的な、とりわけ教育分野では御法度ないしは無視されて
いる領域なのでこれ以上は踏み込みませんが、「型」に霊(イノチ)が宿って
いるという考え方は、じつは教育を考える上で非常に重要なものではないか、
と思う次第です。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●○【ごげんかせんといけん】─21世紀日本語日本文化起源への旅…杉本英雄

No.081「おませ」

 チコちゃんに叱られないよう、日々ボーっと生きないで「常識」に目を向け
ていきましょう(笑)。

そんなわけで、ここでは日頃無意識に使っている日本語を、それを外国人にど
う伝えればいいか、という視点で探っていく番組です(?笑)。

先月はお転婆でしたが、今度はその対極的な、「おませ」について、「サバを
読む」の語源を知っていたチコちゃんにもちゃんと解説できるようしておきま
しょう(くどい)。

これは即漢字変換しないですが、「お真せ」と書けるんぢゃないかと、ググり
前だのクラッカー、もとい「あたり」をつけてみました。さあ、レッツぐー!

決定打は見つかりませんでしたが、「こましゃくれる」から変化したものだと
いう説がありました。室町時代の文献に出ているそうです。

ぢゃあ「こましゃくれる」とはなんぞや、です。「駒尺れる」?

「高麗(こま)尺れる」という説がありましたが、「こま」は「細かい」の意
味とするほうが納得しやすい。

「こまさくれる」が元々で、「さくれる」は「さくじる」、「さかしら(賢し
ら)」と同じ起源の利口そうな振る舞いを示す。“細かく利口そう”というこ
とですかね。「小利口」とほぼ同じ意味ぽいです。どちらも、目前のことには
賢く立ち回るけど大局的な判断はできない、といったところです。

ここでしつもん。

ふつう、おませな女の子、とはいうけれど、おませな男の子、とはいわないよ
ね?

なぜかわかる?

(答えまで○秒)

そこに、男女差別があるから~!

…となりそうですが(笑)。解説は、紙面が尽きたので割愛させていただきま
す。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《編者後記》こんな文章書いていてなんですが、現代日本人はあまりに頭で考
え過ぎ、理屈ばかり追い求め過ぎ、という感が最近強くします。それは、日本
人をして前進する力を失わせていると感じるのです。(杉)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
★現在の会員数は60名です。
☆ニューズレター読者数は293名です。
★みなさんからの意見、感想、投稿を歓迎します。宛先は下記アドレスへ。
 eiyu@po.mmm.ne.jp
◆掲載記事のうち、署名記事の転載を禁止します。
 配信責任者 杉本英雄 eiyu@po.mmm.ne.jp
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発
行しています。( http://www.mag2.com/ ) ID:0000157056
○登録・解除・アドレス変更はこちらでできます。
http://www.mag2.com/m/0000157056.html
○バックナンバーは下記でご覧になることができます。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000157056
http://nihongonpo.hannnari.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ