LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!

  • ¥0

    無料

『LPIC Level2/Level3を受けてみよう!』は、Level2/Level3の例題解説、Level2/Level3を取得することのメリット、活用の事例など、Level2/Level3を目指す皆さんに役立つメールマガジンです。もちろんLevel1をお持ちでない方にも楽しめる学習に役立つメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年12月07日
 
発行部数
1,862部
メルマガID
0000161444
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LinuC レベル2・レベル3を受けてみよう!
by LPI-Japan
第321号 [2018年12月7日]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanのハトガイです。
今回より「LinuC レベル2・レベル3を受けてみよう!」を担当することになりました。
これからもこのメルマガをよろしくお願いいたします!

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆LPI-Japanからのお知らせ
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▽[New]新規加入のLPI-Japanアカデミック認定校のご紹介
~エンジニアカレッジ(インターノウス株式会社)
https://lpi.or.jp/school/list/internous/

▽【LPIC認定者・試験合格者向け】LinuC認定取得無料優待プログラム
https://linuc.org/linuc/lpic201809.html

▽12/31まで!【有意性の期限を過ぎたLPIC認定者様向け】LinuC受験費用が50%オフ!
https://linuc.org/linuc/lpic02.html

▽アカデミック認定校制度説明会(LinuC/OSS-DB/HTML5/OPCEL)
 開催日/毎週木曜日実施:【12月】13、20日
https://lpi.or.jp/school/index.php

▽ビジネスパートナー制度説明会
 開催日/毎週火曜日実施:【12月】11、18日
https://lpi.or.jp/bp/


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆LinuC取得を推進する企業インタビュー
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

○株式会社セントメディア
『若手エンジニアは自らのチャンスのために。ベテランはチームのモチベーションアップのために。LinuCを持つべき』
【詳細】https://linuc.org/interviews/181112_01.html


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆セミナー・イベントのお知らせ
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

<出展イベント>
▽[New]オープンソースカンファレンス2018 Enterprise(12/14)出展!
https://lpi.or.jp/news/event/page/20181214_01/

▽[明日!]オープンソースカンファレンス2018 Fukuoka、今年も出展!
https://lpi.or.jp/news/event/page/20181208_01/


<LPI-Japan主催 無料セミナー>
▼受付中:【福岡】Linux従事者必見!LinuCレベル1 ポイント解説セミナー@福岡 12/8(土)
https://lpi.or.jp/news/event/page/20181208_01/#lpi_event

▼受付中:Linux従事者必見!LinuCレベル1 ポイント解説セミナー@渋谷 12/14(金)
https://lpi.or.jp/news/event/page/20181214_01/#lpi_event

▼[New]受付中:HTML5プロフェッショナル認定資格レベル1無料セミナー@東京/浜松町 1/20(日)
https://html5exam.jp/news/event/page2927.html

▼[New]受付中:HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 無料セミナー@東京/浜松町 2/2(土)
https://html5exam.jp/news/event/page2899.html


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ MTGカレッジ(株式会社メガ・テクノロジー)
ディープラーニングの基本的な知識の学習と、Python(未経験可)で計算を行い画像を認識する手法について実際に体験します。
https://mgt-college.connpass.com/event/111130/


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆Linux/OSS News
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▽18/09/21 Canonical、ディスプレイサーバー「Mir 1.0.0」リリース
https://mir-server.io/

▽18/10/02 オープンソース統合監視ソフト「ZABBIX 4.0」リリース
https://www.zabbix.com/pr/pr219

▽18/10/09 「Samba 4.8.6」リリース
https://www.samba.org/samba/history/samba-4.8.6.html

◆ニュースコメント◆
今回は、「Mir 1.0.0」リリースについてコメントを。

「Mir 1.0.0」は、X Window Systemの次の世代のサーバとして開発されたディスプレイサーバです。Ubuntuを開発しているCanonicalが開発に当たっています。特徴は、PCのデスクトップ用途だけでなく、組み込み用途やIoTなどでの利用を想定して構築されているという点です。さらに、「Mir」は高速、軽量、安全を謳い文句としており、GTK3/4、Qt5、SDL2などでMir対応のアプリケーションが作成できるという特徴もあります。知名度は未だそれほど高くありませんが、IoTなどでの利用が想定されているところなど、注目しておきたいニュースといえるでしょう。

□構成:宮原 徹(株式会社びぎねっと)


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆LinuC レベル2 例題解説(208.1)
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
今回は202試験の試験範囲から「208.1 Apacheの基本的な設定」についての例題を解いてみます。
重要度の高いテーマですので、出題範囲を抑えておきましょう。

■例題
httpd のBASIC認証が以下のように設定されているとします。

(設定1)httpdの設定ファイル(httpd.conf)の内容
-------------------------------------------
<Location /basic>
AuthType Basic
AuthName "Authorized user only"
AuthBasicProvider file
AuthUserFile /etc/httpd/password/users
AuthGroupFile /etc/httpd/password/groups
Require group linuc_grp
</Location>
-------------------------------------------

(設定2)/etc/httpd/password/users ファイルの内容
-------------------------------------------
user01:$apr1$hvum1Gon$a40mjo2VnE4XRX8KvUgtW.
user02:$apr1$K0AG2qz0$80Zm2L04qYMku6OfnGpbK0
-------------------------------------------

(設定3)/etc/httpd/password/groups ファイルの内容
-------------------------------------------
linuc_grp: user02 user03
-------------------------------------------

このとき、ロケーション「/basic」のサイトを閲覧可能なユーザを下記の選択肢から選択してください。

1. user01
2. user02
3. user03

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら
https://lpi.or.jp/ex/202/ex_3491.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット OSS研究室 後藤慎司
※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修・文責です。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆LinuC レベル3 例題解説(327.1)
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
LinuC 303試験の試験範囲から「327.1 任意アクセス制御」についての例題を解いてみます。
ACLの利用方法を理解して、高度なアクセス制御を行えるようにしておきましょう。

■例題
ファイル aclfile1 に、下記の条件でアクセス制限を実施します。
設定方法として正しいものをすべて選択してください。

[条件]
・ファイルの所有者はlinuc1、所有グループはlinuc1に設定されている。
・ファイルの所有者は読み書きを可能に設定する。
・linuc1グループに所属するユーザは読み書きを可能に設定する。
・linuc2グループに所属するユーザは読み込みのみ可能に設定する。
・上記以外のユーザには、読み書きともに不可に設定する。

1. chmod 664 aclfile1

2. chmod 660 aclfile1
setfacl -m group:linuc2:r aclfile1

3. chgrp linuc1,linuc2 aclfile1
chmod 660 aclfile1

4. setfacl -m u::rw aclfile1
setfacl -m g::rw aclfile1
setfacl -m o::- aclfile1
setfacl -m g:linuc2:r aclfile1

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

■解答と解説はこちら
https://lpi.or.jp/ex/303/ex_3492.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット OSS研究室 大野公善
※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修・文責です。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

次号は2018年12月21日(金)発行予定です。次号もお楽しみに。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■ ご意見 : mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更/配信中止 https://lpi.or.jp/mail/index.shtml
■ LinuC ホームページ  https://linuc.org

━ LinuC Level2・Level3を受けてみよう ━

第321号 [2018年12月7日]
発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                    
Copyright 2018 LPI-Japan
【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ