広島県立美術館メールマガジン

  • ¥0

    無料

広島市中区にある広島県立美術館の特別展、所蔵作品展、県民ギャラリー、講演会、美術講座などのイベントをお知らせします。美術館で働く学芸員などによるエッセイが掲載されることも。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
広島県立美術館メールマガジン
発行周期
月刊以上。
最終発行日
2018年08月10日
 
発行部数
996部
メルマガID
0000163721
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

============================================= 2018年8月10日===

広島県立美術館メールマガジン No.530                
http://www.hpam.jp/
================================================================
[コンテンツ]
  ■特別展《開催中!》
ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~
  ■次回特別展《前売券販売中》
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜
>> ■所蔵作品展《開催中!》
夏の所蔵作品展 サマーミュージアム 空想の世界へ  
【小特集】和高節二/中央アジアの工芸
○所蔵作品展のイベント
>> ■イベントスケジュール
>> ■県民ギャラリースケジュール
>> ■その他のイベント
>> ■縮景園
  ■広島県観光連盟より
>> ■編集後記
==============================================================
■特別展《開催中》
ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~
----------------------------------------------------------------
2018年7月21日(土) ~9月24日(月・振休) 会期中無休

「スタジオジブリ」の設立から約30年間の歩みを体感できる展覧会です。
 これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのか。
未公開を含む膨大な資料や映画公開当時を振り返る広告宣伝物が展示空間を圧倒します。
 また、「天空の城ラピュタ」に登場する飛行船の巨大な模型や、
「となりのトトロ」に出てくる「ネコバス」コーナー、豊富な品揃えのグッズ
販売コーナーなど、大人から子供まで幅広い世代にジブリの魅力を発信します。

開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
※金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
==============================================================
■次回特別展《前売券販売中》
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜
----------------------------------------------------------------
会期:2018年10月8日(月) ~12月16日(日)

ピーテル・ブリューゲル1世は、聖書の世界や農民の生活などを描いて
活躍した16世紀フランドルを代表する画家です。彼に始まり、以後およそ
150年続いたブリューゲル一族の画業を、同時代のフランドル絵画を交え
つつ、大半が日本初公開となる貴重なプライベート・コレクションにより
紹介します。
※フランドル:現在のベルギーにあたる地域
================================================================
■所蔵作品展 
夏の所蔵作品展 サマーミュージアム 空想の世界へ
 【小特集】和高節二/中央アジアの工芸
----------------------------------------------------------------
2018年7月4日(水) ~9月9日(日) 

※入場は閉館の30分前まで
※金曜日は20:00まで
※ジブリの大博覧会の入場券で観賞できます。
会場:2階展示室 彫刻展示スペース、第1室~4室

各室の内容をご案内します。
【無意識の物語】第1室
20世紀を迎えると、人間の内面や感情など「目に見えない世界」を描出
しようとする美術の動きが高まりました。とりわけ、1920年代に誕生した
シュルレアリスム(超現実主義)という芸術運動は、意識によって捉えられる
現実世界を超越した「無意識」の世界に新しい価値を見出そうとします。
サルバドール・ダリは、写実的な描法を用いながら、現実には存在し
得ない事物を組み合わせることで、混沌とした深層心理のような世界を
描きました。マックス・エルンストは、偶然性が作品に反映されるフロッター
ジュ(擦り出し)という技法を取り入れることで、意識が介在しないところに
現れる美を見出そうとしました。
シュルレアリスムの方法論は、様々なジャンルに大きな影響を与えます。
その流れは欧米だけに留まらず、日本にも押しよせました。1920年代末~
40年代初頭という激動の時代において、画家たちは「現実」と対峙するため
にその方法論を取り入れ、戦後に発足した「走泥社」の陶芸家たちはシュル
レアリスムの影響が感じられる「オブジェ焼き」を発表しました。
当たり前の現実を揺るがす、空想の世界をお楽しみください。

【ワークショップ】
「中央アジアの刺繍をしてみよう」
大きな刺繍布スザニから手のひらサイズの袋まで、中央アジアは刺繍の宝庫。
直径3センチほどの布に刺繍して、くるみボタンに仕立ててヘアゴムや
マグネットを作ります。
森薫さんの『乙嫁語り』の世界を少し体験してみませんか?

日時:8月31日(金)13:30~15:00
場所:広島県立美術館 2階 所蔵作品展中央アジアの工芸展示室付近
講師:福田浩子・岡地智子(当館学芸課)
対象:小学生以上~大人
参加費:無料(ただし所蔵作品展入場券が必要)
※事前にお電話でお申込みください。 tel 082-221-6246 (各回定員20名)
(空きがあれば当日参加可)

【子ども向けワークシート】
作品を想像力で読み解いてゆくワークシートを配布します。
体験者には絵葉書を謹呈します(在庫分のみ)。

【友の会ボランティアガイド】
当館友の会ボランティアガイドが所蔵作品展についてわかりやすく解説します。
日時:平日14:00~/土日祝11:00~、14:00~(1時間程度)
場所:2階 展示室
参加料:無料
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要
================================================================
■ 県民ギャラリースケジュール
-------------------------------------------------------------
2018年8月7日(火) ~8月12日(日)  
【第32回 日洋展 広島会場】
展示室:第1室、第2室、第3室、第4室、第5室
展示作品:絵画
入場料:一般 600円
    高大生以下無料
金曜日:17時閉場


2018年8月14日(火) ~8月19日(日)
【第47回 MUSABI展】
展示室:第1室
展示作品:絵画
入場料:無料
金曜日:20時閉場

【第9回 太陽の子書の作品展】
展示室:第2室第3室
展示作品:書
入場料:無料
金曜日:20時閉場

【第61回 広島県児童画連盟展】
展示室:第4室、第5室
展示作品:絵画
入場料:無料
金曜日:17時閉場


2018年8月21日(火) ~8月26日(日)
【第70回 毎日書道展 中国展】
展示室:第1室、第2室、第3室、第4室、第5室、講堂
展示作品:書
入場料:一般 600円
    高校生以下無料
金曜日:20時閉場

県民ギャラリーの展示替スケジュールは・・・
http://www.hpam.jp/gallery/index.php?mode=schedule
================================================================
■ その他のイベント
---------------------------------------------------------------
【An Evening of Kagura (夜神楽公演)】
日時:2018年8月11日(土) ~年8月12日(日)、8月18日(土)   
   18:00~20:00(受付開始 17:30~)
※この公演は外国人の方を対象とするものです。
  日本人のみの入場はできません。(同伴入場可)
会場:地下講堂
料金:一 般 1,000円
   子ども  500円(12歳以下対象)
※3歳未満膝上鑑賞可とします。
お問合せ:RCC文化センター(平日のみ)
082-222-2216
HIROSHIMA ORIZURU TOWER TOURIST INFORMATION CENTER
090-7131-8055

【Hiroshima Cultural Night(ナイトエンターテイメント公演)】
日時:8月13日(月)  
   18:00~20:00(受付開始 17:30~)
会場:地下講堂
料金:一律 1,000円
お問合せ:JTB広島支店
082-542-5025
HIROSHIMA ORIZURU TOWER TOURIST INFORMATION CENTER
090-7131-8055

【パトリック・ギゲールさんの講演会】
日時:8月10日(金)
   13:30~15:30(受付開始 12:30~)
会場:地下講堂
料金:無料
お問合せ:社会福祉法人三矢会 太田川学園
ギャラリー運営委員会 羽鳥 082-848-0130

【第1回 ひろがくアートコンクール 表彰式】
日時:8月11日(土)
   11:30~11:45(受付開始 11:00~)
会場:地下講堂
料金:無料
お問合せ:NPOひろしまインターネット美術館
080-5237-2460(西村)
================================================================
■ 縮景園
================================================================
【早朝開園】
8月~10月の日曜日 午前7時~開園(通常開園時間は午前9時~)
・お抹茶サービス&折り紙体験
定員:各日先着30名様 ※参加無料(要入園料)
日時:早朝開園実施日 午前7時~午前9時
場所:清風館又は泉水亭

================================================================
■ 広島県観光連盟より
================================================================
【ひろしま神楽 ~「オロチ」神楽とオーケストラの協演~】
広島が世界に誇る伝統芸能の「ひろしま神楽」。
歴史と伝統を綿々と受け継がれ、神楽競演大会や定期公演、高校生の神楽甲子園
が開催されるなど、全国的に見ても代表的な神楽どころとなっています。
今回初の試みである創作神楽は、核兵器の廃絶・平和への希求のメッセージを
発信するもので、卓越した文化力をもつ「ひろしま神楽」と音楽に平和の願い
と祈りを託して活動する「広島交響楽団」のコラボレーションをお楽しみくだ
さい。

期日と演目等:
〇8月18日(土) 18:00~
神楽公演のみ
御神儀(悪魔祓い)〔大和町連合神楽保存会〕、塵倫〔津浪神楽団〕、葛城山〔横田神楽団〕
〇8月19日(日) 13:30~
1 神楽公演
お神楽〔河津原神楽団〕、天の岩戸〔栗栖神楽団〕、紅葉狩り〔高井神楽団〕
2 “オロチ”火と水への賛歌―神楽とオーケストラのために(2017;改訂初演)
・指揮:秋山和慶(広島交響楽団の終身名誉指揮者)
・演奏:広島交響楽団
・神楽団:北広島町合同神楽団(北広島町)
 ※ 就学前のお子様の同伴はご遠慮をお願いします。

会場:広島JMSアステールプラザ 大ホール
お問い合わせ:「平和の舞」実行委員会事務局
TEL:082-506-3060/FAX:082-506-3062
詳細:ひろしま観光ナビ掲載のパンフレットを参照
【ひろしま観光ナビ】
 https://www.hiroshima-kankou.com/news/236

================================================================
■ 編集後記
---------------------------------------------------------------
お読みいただきありがとうございます。
暑い日が続いております。充分な水分補給など熱中症などには
くれぐれも気をつけて、日々をお過ごしください。
当館では夏休みのお子さまもたくさんご来館くださり、
2階所蔵作品展のワークシートにも挑戦していただいています。
ご来館を夏休みの楽しい思い出にしていただければ幸いです。
(広島県立美術館 広報イベント担当)
================================================================
Copyright(c)2018 広島県立美術館
禁無断転載 Hiroshima Prefectural Art Museum

発行:広島県立美術館
   730-0014 広島市中区上幟町2-22
   Tel.082-221-6246  E-mail:iroeuma2@gmail.com
   URL:http://www.hpam.jp/
================================================================
開館時間:9:00~17:00、金曜日~20:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日、年末年始
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く
────────────────────────────────
SNSでも情報提供しています
Twitter: https://twitter.com/H_pref
facebook:
https://www.facebook.com/HiroshimaPrefecturalArtMuseum
──────────────────────────────――
================================================================
このメルマガ登録に伴うウィークリーまぐまぐなどの送信停止につい
ては、各マガジン末尾に停止・解除情報がありますので、お手数ですが
各自で手続きをお願いします。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ