女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学

  • ¥0

    無料

天寿を全うすれば結婚生活は50年! 長丁場を乗り切り、金婚式まで仲良くいられるヒケツを配信中。 その他、彼氏ができない。不倫ばかり。ダメ男。恋愛依存症などの解決のヒントも満載。幸せになる覚悟はいいですか? 発行者サイトにも「浮気男の心理」など人気記事満載。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年07月24日
 
発行部数
13,280部
メルマガID
0000164141
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 号外 2018.7.24
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。

すでに数回ご案内しておりますが、このココヘル(まぐまぐ!版)は、
今後配信をほぼ止めることを決めております。

今後はココヘル+の方の配信をメインで行いますので、
登録がまだの方は、よろしくお願いいたします。
http://www.556health.com/sp/e-zine/



7/28(土)9:30~ @川崎
「ストレスから自分を守る方法 現在未来編」

前回のセミナーは、過去の課題をどう解消するかについて
中心にお話ししましたが、今回は、過去の課題はほぼ解決済み
だとしても直面する課題についてお話しします。

現在と未来の課題をどうクリアしてゆくか、というお話です。

メンタルを強くするには、大きく二つの取り組みが大事です。
【1】確固たる自分の目標を持つ
【2】瞑想をして、心の澱を処理する

この講座では、この大事なふたつの取り組みについて、
時間の許す限り実践を交えてお伝えしたいと思います。

「ストレスから自分を守る方法 現在未来編」@川崎
http://bit.ly/2NYd1bG



メインコンテンツも、再配信等はありませんので、
読み逃さないために、ぜひご登録を。

(これは、7/23にココヘル+で配信した内容です。
 こちらで毎回配信するわけではございません)

恋愛ドクターの遺産(レガシー)

第十話 なつをの物語

【登場人物】
(現在の人物)
 ゆり子 父からノートをもらった。離婚するかどうか悩んでいる
 幸雄 ゆり子の夫。 仕事はできるが共感力のない人。
 順子(よりこ)・香澄(かすみ)・結菜(ゆいな) ゆり子の友人

(ノートの中の人物)
 恋愛ドクターA ゆり子の祖父(故人) ノートを書いた本人
 なつを なんと!今回のクライアント
 雄二(ゆうじ) なつをの以前の恋人。オレサマ

【恋愛ドクターのレガシーとは?】
有名な恋愛カウンセラーだったゆり子の祖父の手記だが小説風に書いて
ある。段ボールにノートの束として突っ込んである。ゆり子の父が受け
継ぎ、そして今、ゆり子が受け継いだ。悩んだら一冊選んで読むと、
今の悩みにピッタリのテーマが書いてある・・・不思議なノート。

【前回までのあらすじ】
離婚するかどうか悩んでいるゆり子は、例のごとく恋愛ドクターの遺産
ノートを開いた。ひときわ古いノートを手に取って開いてみると、それは
なつをがまだ助手ではなく、相談者だったときの記録だった。
なつをの身体に「得体の知れない感覚」が出てきた。それは幼児期の
トラウマ。ドクターはなつをの過去の記憶を開き、見事解決するのだった。
そして、いよいよ・・・


第四幕 ミラクルクエスチョン

「先生、こんにちは。」なつをが入ってきた。
「なつをさん、こんにちは。」ドクターがにこやかに挨拶した。

今日はなつをのセッションの日だ。

「前回、トラウマの根っこを見つけて、ある程度まで癒すワークを
 行いましたね。」ドクターが話し始めた。
「はい。おかげさまで、ずいぶん毎日の生活が、気楽というか、緊張感
 が減ったと思います。」なつをが答えた。心なしか、目が潤んでいる。
「それは何よりです。それで、今日は、トラウマが解消しても残る課題
 というのがあるので、そこに取り組んで行ければと考えています。」
「はい・・・まだ何かあるんですか?」なつをは少し不安そうだ。
「ええ。まあ、ここからは時間が解決してくれると言えばくれるんです
 が、骨折に例えて説明しますね。まず、トラウマというのは、折れた
 骨が治っていない状態です。だからそこに触れたら痛い。心理的な
 ことなら、そこに触れると、例の『得体の知れない怖さ』を感じたり
 するわけです。次に、それが治ったあとの話をします。体の例えに
 戻ると、長いこと古傷を治さずにいると、そこをかばって歩く、
 かばい歩きのクセがついたりします。たとえば右足を強くつかない
 ように歩いたり。骨折が完全に治っても、かばい歩きのクセはその
 ままになっていることもあります。そうすると、転びやすいとか、
 膝や腰が痛くなりやすい、などの別の問題が起こることがあるわけ
 です。心理的な問題でも同じように、心のかばい歩きをしてしまっ
 て、それが、恋愛の引き寄せなどの別の問題を作り出すことが
 あります。」一気に説明して、ドクターはふう、とひと息ついた。

「では、私の『かばい歩き』はどんなものなのでしょうか?」なつをは
自分の課題を早く知りたくて興味津々だ。
「ええ。まだ明確になっていないので、それをしっかり見つけるのが、
 今日のテーマ、ということになると思います。」

よろしくお願いします、とお互いに挨拶をして、セッションが始まった。

「もし明日、朝起きたら奇跡が起きていて、理想のパートナーシップが
 手に入っていたとします。その、理想の一日を、今から想像して
 みましょう。」
「はい。」
「今日は色々やることがありそうなので」ドクターは前置きして、
 改めて座り直して続けた。「理想の一日の中で、とくに大事そうだと
 思う部分を、ピックアップして話してもらいましょうかね。」
「えと・・・はい。では、彼とデートに来ています。」なつをが答えた。
「なるほど。彼とデート。そこはどんな場所ですか?」
「はい。何か、港町みたいな感じです。近代的でおしゃれな場所です。」
「彼のほかに、知っている人はいますか?」
「いえ、いません。」
「二人は、どんなことをしていますか・・・」
こんな風に、ドクターの質問に促されて、なつをの中の理想の彼との
一日のイメージが膨らんでいく。

二人は、ある港町にデートに来ているのだった。
彼氏(といっても想像の中の)は取り立ててイケメン、という訳でも
ないが、好感の持てる温かい雰囲気の人だ。なつをの方を向いて、
始終ニコニコしている。その笑顔になつをはとても安心感を感じる。
デートの中では、なつをが興味を持ったことを、あれこれ話している。
といっても、あそこのお店のスイーツが美味しそうだとか、このお店
入ってみたいとか、そんな日常のありふれた会話ばかりだ。
なつをは、彼がニコニコしてなつをの好きなものの話、行きたいお店
の話、感じたことの話を受け止めて聞いてくれる、今このときの時間が、
とても貴重で、温かいものに感じていた。その温かい感じをしっかり
味わっていたら、熱い涙がひとすじ、頬を伝った。

ドクターは、なつをが自然に語り始めてからは、軽く相づちを打つ
程度で、成り行きに任せて話を聞いていたが、やがて言った。
「なつをさん、ではそろそろ、名残惜しいですが、元の世界に戻って
 きましょうか。」

「はい。」
「3,2,1」パン、とドクターが手を叩いた。
「では、軽く深呼吸しましょうか。」
ふう、と、ドクターとなつをは一緒に深呼吸をした。湯水ちゃんも
少し遅れて深呼吸をしたようだ。
「さて、なつをさん。」
「はい。」
「このイメージの世界の中で、現実の世界では、今まで無かった
 ことや、今まで自分でやっていなかったことを探してみて下さい。
 何かありますか?」

「あの・・・」イメージしているときに言葉が次々と出てきたのとは
対照的に、口ごもりながらなつをは答えた。「彼が私の、何の役にも
 立たない話をにこにこして楽しそうに聞いてくれているのが新鮮で
 した。私も、何の疑問も持たずに、自分の話をしていました。
 それも、今までの人間関係ではなかったことです。」

一呼吸置いて、ドクターが言った。「なるほど。」少し間があって、
続けた。「なつをさんのことを大切に思っている人は、なつをさんの
 話が、自分の役に立つかどうか、といったことに関係なく、話を
 聞きたいと思うものですよ。」
「そう・・・なんですね。」なつをはまだ半信半疑といった様子だ。
「なつをさんは、自分が大事に思う人の話を聞きたいと思いますか?」
湯水ちゃんが言葉を挟んだ。
「ええ・・・はい。聞きたいと思います。」
「ちょうど、それと立場を逆にして考えてみたらいいと思います。」
なつをは、少し考えている様子だったが、やがて、はっと気がついた
ように言った。「あっ、そうですね。私、何か相手の役に立つことを、
 常に言わなければいけないと思っていました。」
ドクターは、にこにこしながら「そんなこと、ないんですよね。ただ、
 大切な相手が、何を考えているのか、何に興味があるのか、どんな
 気持ちなのか、知りたいだけなんですよ。それが、親密さ、
 というものです。」そう言った。
「なんか・・・肩の力が抜けました。」なつをが言った。
実際に肩の力がふっと抜けたように見えた。

(つづく)


今回、ミラクルクエスチョンという行動課題が中心になって
います。この課題は、現実的な制約条件を外して、本当はどう
なりたいか、本当は何をしたいのかを明確にする質問です。

ご自分でもやってみて下さい。
朝から始まって、理想の1日はどんなものなのか、
想像してみる、というものです。

誰か聴き手がいると、より具体的になると思います。
(頭の中だけだと、曖昧なままになりやすいです)

そして、ドクターは現実の世界ではやっていなくて、
ミラクルクエスチョンの世界ではやっていることを質問しました。

実はこの質問はとても大事なのですが、
なぜ大事なのか、分かりますか?

次回解説しますね。


◇◆ 7/26 21時 Facebookでライブセミナーやります!

7/26(木)21:00〜22:00、
第5回「あづまやすしと珠帆美汐のアタマのいい働き方」
Facebookでライブ配信を行います。

次回テーマは、
ひとりひとりが、自分らしく居て、かつ調和がとれる世界を
作るには、どうしたらよいか。

対談相手の珠帆美汐さんは誠実な複数恋愛のポリアモリーの
実践者。では会社でそういう人がいたら認められるのか?

LGBT(性的マイノリティー)などは「差別してはいけない」
という考えが浸透しつつありますが、人それぞれ、個性が違う
わけです。

では、ギリLGBTには入らないけど、自分は男性だけど女っぽい
みたいな人は、どうなるの? 「男なのに女々しい」とか
言われちゃうわけ? LGBTは認めるけど、それに入らない
人は、認めないの?

って突き詰めていくと難しいテーマですよね。

個性を認め合って、調和もとれる世界を作るには何が大切か。
次回は、少し「働き方」というテーマのど真ん中ではありませんが、
まあ、深く関係している話ですので、このテーマにしました。

今週もどうぞよろしくお願いいたします!
https://www.facebook.com/events/1020316474802539/



★ココヘル+に移行の件

すでに数回ご案内しておりますが、このココヘル(まぐまぐ!版)は、
今後配信をほぼ止めることを決めております。

今後はココヘル+の方の配信をメインで行いますので、
登録がまだの方は、よろしくお願いいたします。
http://www.556health.com/sp/e-zine/



★相談受け付けております
■あづまのコンサルティング
 大きくは、以下の3種類の相談に対応いたします。
 ・トラウマ・インナーチャイルド課題解消のセラピー
 ・恋愛・結婚生活の問題解決コンサルティング
 ・理想の生き方・働き方を見つけるコーチング
 http://www.556health.com/consulting


◆編集後記

機械学習で心理テストを作る話・・・
プロトタイプは出来たんだけど、効果の高い学習って
意外と難度高いことが分かってきた・・・
ちょっと困り気味・・・
ま、割り切って行きますか・・・(*^_^*)

┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ