マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

  • ¥0

    無料

大手FX会社・マネーパートナーズのチーフアナリスト武市佳史による為替市場週間レポート「今週の為替相場、武市君はこう見る」のほか、今週の指標発表予定&予想も掲載された充実の内容。これを読まずに一週間は始まらない!?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
マネーパートナーズ為替分析 武市レポート
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月10日
 
発行部数
5,407部
メルマガID
0000165108
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
  マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

    発行元 株式会社マネーパートナーズ
                  https://www.moneypartners.co.jp/

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∞ 2018/12/10 ∞━◎


約定拒否、スリッページ無し!(注)
□m━━━━━ パートナーズFX 業界最狭水準スプレッド!━━━━━p□

◇-- ・EUR/JPY:0.4銭 ・AUD/JPY:0.6銭 --◆
◆-- ・GBP/JPY:0.9銭 ・TRY/JPY:1.9銭 --◇

…など、11通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド!!
もちろん米ドル/円は0.3銭!

 スプレッドは原則固定!(例外あり)コアタイム8:00~29:00において
(TRY/JPY、MXN/JPY:10:00~29:00)
↓詳細はこちら↓
https://www.moneypartners.co.jp/fx/partnersfx/commission.html
□m━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━p□
注:PCでのストリーミング注文の場合


─────────────◆ 目 次 ◆───────────────
◇1) 今週の為替相場、武市君はこう見る
◇2) 今週の主要経済指標発表予定と事前予想
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◇今週の為替相場、武市君はこう見る

「対中関税引き上げを90日間延期」でひとまず一服するかに思われた“米中貿易戦争懸念”ですが、「中国通信大手・ファーウェイのCFO逮捕」との報で再燃しています。
これに“米利上げペース鈍化(早期終了?)懸念”も重なり、そこから派生する“米景気後退(リセッション)への思惑”からNYダウ下落は続き、ドルの上値も押さえ込まれ続けています。

一方、6日に“112.235円”まで売り込まれてヒヤッとしたのは事実ですが、それでもさらに下値を窺う動きには発展しておらず、“下値の堅さ”も相変わらずといった様相を見せています。
先週末には“弱めの米雇用統計”も重なったものの“大きく崩れる”には至らず、そのまま先週末の取引を終えています。

『イメージは下方向』へと傾斜しているのは事実ですが、それでも現在のリスク回避姿勢には“少々違和感(往き過ぎ?騒ぎ過ぎ?)”の印象がぬぐえないのも、また事実です。
なぜなら“米景気後退(リセッション)への思惑”ですが、背景にあるのは「2-5年債利回りで逆イールド発生⇒これが2-10年債利回りの逆イールドにつながる」に起因するものです。
しかし前者が“利上げペース鈍化⇒ポジションの巻き戻し”が主な要因であるのに対して、後者の指標となる“米経済状況”と、大きく材料が異なるからです。

また逆転したとしても過去の例から見れば、“逆転からリセッションまで1年ほどのタイムラグ”があるのが常です。
しかも直前期は“米株式は超強気(スーパーブル)”となりやすく、このまま崩れ続けるというわけではありません。
景気が拡大し続けることはあり得ませんので「どこかで景気後退期はくる」を懸念するのは自然ですが、それは「現在ではない」と見ます。

そもそも“米利上げペース鈍化懸念”にしても、現在の状況は“停止⇒様子見(次なる情勢を探る)”というステージです。
しかしながらこちらも過去の例を見れば、ドル売り基調となるのは“利下げの地ならし期の終盤”であることが窺えます。つまりすぐさま“ドル売りにはつながる”というわけではありません。
それでいてこうした段階での“停止⇒様子見”というのは、「米経済の下支え」につながる可能性があります。
つまりこちらもからも、懸念するのは「現在ではない」と見ることができます。

もちろん“米中貿易戦争懸念”の先行きは不透明であり、そして『リスク回避は全ての材料をなぎ倒す破壊力を秘めて』いますので、“強烈な円買い⇒ドル円下落”につながる可能性はゼロではありません。
それでもリスク回避姿勢は、“円買い”と共に“ドル買い”も促す要因でもあり、それのみでは「下値は限定的」と見るのが、これまた自然でもあります。
いくら「マーケットは思惑で動くもの」とはいえ、やはり現況には違和感が…?

テクニカル的には“フォールス・ブレイクアウト(過去の安値を割り込んだものの、下落は加速せずに値を戻す)”が示されており、4月に突破して以降、下値を支える“100日移動平均線(本日は112.267円)”も展開しています。
「 一旦ブレイクされた抵抗が“改めて意識”されると、追随したドル売りフローには巻き戻しが入る」という可能性が高まりつつあるともいえます。
楽観ができないのは事実ですが、“株安の連鎖”には気を付けつつも、「過度に悲観する必要なし」と見ながら、年末に向けたマーケットと取り組みたいところです。


◇直近の主要経済指標発表予定と事前予想================================

*日付 *経済指標               *時間   予想


10日(月)
(日) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]
【08:50】 -0.5%
(日) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [年率換算]
【08:50】 -1.9%
(日) 10月 国際収支・貿易収支 【08:50】 -2654億円
(トルコ) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年比]
【16:00】 +2.0%
(英) 10月 月次国内総生産(GDP) [前月比] 【18:30】 +0.1%
(英) 10月 鉱工業生産指数 [前月比] 【18:30】 +0.1%
(英) 10月 製造業生産指数 [前月比] 【18:30】 ±0.0%
(英) 10月 鉱工業生産指数 [前年同月比] 【18:30】 -0.2%


11日(火)
(豪) 7-9月期 四半期住宅価格指数 [前期比] 【09:30】 -1.6%
(豪) 7-9月期 四半期住宅価格指数 [前年同期比] 【09:30】 -2.0%
(英) 11月 失業保険申請件数 【18:30】 N/A
(英) 11月 失業率 【18:30】 N/A
(英) 10月 失業率(ILO方式) 【18:30】 4.1%
(独) 12月 ZEW景況感調査(期待指数) 【19:00】 -25.0
(欧) 12月 ZEW景況感調査 【19:00】 N/A
(米) 11月 卸売物価指数(PPI) [前月比] 【22:30】 ±0.0%
(米) 11月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比] 【22:30】 +2.5%
(米) 11月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比]
【22:30】 +0.1%
(米) 11月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前年同月比]
【22:30】 +2.5%


12日(水)
【祝日】聖母グアダルーペの日(メキシコ)
(日) 10月 機械受注 [前月比] 【08:50】 +10.2%
(日) 10月 機械受注 [前年同月比] 【08:50】 +5.4%
(南ア) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【17:00】 +0.2%
(南ア) 11月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
【17:00】 +5.1%
(欧) 10月 鉱工業生産 [前月比] 【19:00】 +0.2%
(欧) 10月 鉱工業生産 [前年同月比] 【19:00】 +0.8%
(米) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【22:30】 ±0.0%
(米) 11月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比] 【22:30】 +2.2%
(米) 11月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]
【22:30】 +0.2%
(米) 11月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]
【22:30】 +2.2%
(米) 11月 月次財政収支 【28:00】 -1650億円


13日(木)
(独) 11月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比]
【16:00】 +0.1%
(独) 11月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前年同月比]
【16:00】 +2.3%
(スイス) スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
【17:30】 -0.75%
(トルコ) トルコ中銀、政策金利 【20:00】 24.00%
(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利 【21:45】 ±0.0%
(欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
【22:30】 N/A
(米) 前週分 新規失業保険申請件数 【22:30】 22.7万件
(米) 前週分 失業保険継続受給者数 【22:30】 N/A


14日(金)
(日) 10-12月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
【08:50】 18
(日) 10-12月期 日銀短観・四半期大企業製造業先行き
【08:50】 17
(日) 10-12月期 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資 [前年度比]
【08:50】 +12.8%
(日) 10-12月期 日銀短観・四半期大企業非製造業業況判断
【08:50】 21
(日) 10-12月期 日銀短観・四半期大企業非製造業先行き
【08:50】 21
(中) 11月 小売売上高 [前年同月比] 【11:00】 +8.8%
(中) 11月 鉱工業生産 [前年同月比] 【11:00】 +5.9%
(仏) 12月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【17:15】 50.7
(仏) 12月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【17:15】 54.8
(独) 12月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【17:30】 51.7
(独) 12月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【17:30】 53.5
(欧) 12月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【18:00】 51.9
(欧) 12月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【18:00】 53.4
(米) 11月 小売売上高 [前月比] 【22:30】 +0.1%
(米) 11月 小売売上高(除自動車) [前月比] 【22:30】 +0.2%
(米) 11月 鉱工業生産 [前月比] 【23:15】 +0.3%
(米) 12月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【23:45】 55.1
(米) 12月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【23:45】 55.0
(米) 12月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
【23:45】 N/A


注:本メール内における経済指標の発表日時および予想数値は原稿作成時点
でのものであり、変動する可能性があります。


※「MSPゴシック」「MSP明朝」などプロポーショナルフォントをご利用
 の場合、表などがずれることがございます。その場合「MSゴシック」
 「MS明朝」などの等幅フォントをご利用いただくと綺麗にご覧いただ
 けます。
○==================================================================○
・パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格
 またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる
 場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可
 能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上
 の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがありま
 す。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。
・取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnano
 の受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。
・パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引
 の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コース
 の証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融
 先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額
 に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率と
 は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される
 定量的計算モデルを用い算出します。
・CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の
 約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、
 最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態
 等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場
 有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等
 の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を
 含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失
 が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。
・国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料
 (消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消
 費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、
 為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者
 等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の
 変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)がありま
 す。
・取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、
 ご自身の判断にてお願い致します。
・各種情報の内容については万全を期しておりますが、断定的判断を提供する
 ものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても
 当社は一切責任を負いかねます。実際の売買における最終判断はご自身で行
 ってください。
・当社が提供するすべての情報について、当社の許可なく転用、販売すること
 を禁じます。
・このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
 発行しています。(http://www.mag2.com/)

・配信停止はこちらからお願いします。
              (http://www.mag2.com/m/0000165108.html)
○==================================================================○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発行元:株式会社マネーパートナーズ https://www.moneypartners.co.jp/
     (金融商品取引業者・商品先物取引業者)
 登録番号:関東財務局長(金商)第2028号
 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会
      日本商品先物取引協会    
●住所:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー33階
●お問い合わせ:
https://www.moneypartners.co.jp/support/info/
●カスタマー・サポート:0120-860-894
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ