ファンファンからのパリ便り

  • ¥0

    無料

パリで唯一の日本人によるブランド・リサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」が現地ならではの価格で、エルメス・シャネル・ヴィトンなど新品からヴィンテージまで、入荷をお知らせしています。フランスでのお買物、観光、生活情報なども満載です!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ファンファンからのパリ便り
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月23日
 
発行部数
1,082部
メルマガID
0000165184
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ファッション・美容 > ブランド > ブランド全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

   ファンファンからのパリ便り・第394号(2018年9月23日)

  =============================

    
      パリは夏の暑さも終わり、

      日暮れも早くなりました。

      帰宅時はちょうど夕日が沈む時間です。

    
      来週から朝晩は10度を下回るそうです。


      早々にコートやダウン姿の人も見かけるようになりました。



  =============================


            【INDEX】

       ★ ファンファンの最新商品入荷情報 
       ★ フランスで暮らして「アルフォンス・ミュシャ展」
       ★ ファンファンの独り言
       ★ お願い(メールが届かない場合)
       ★ 初めての読者様へ
       ★ 最後に当店のサイトを全て御紹介しています。


  ==============================

    
       委託・買取に関しての詳細は下記サイトにて
       お問い合わせお待ちしております!
       http://maison-de-fanfan.com/platiques1.html

       インスタグラム(maisondefanfan)
  頻繁に更新しています。

       
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




★ ファンファンの最新商品入荷情報


  ◎ホームページの新商品  http://maison-de-fanfan.com/


<シャネル>

☆ロングネックレス

    90年代と思われるヴィンテージアクセサリーです。
    大粒パールとCCマークのゴールドプレートが連なっていて、
    2重、3重にも使える豪華でエレガントなロングネックレスです。


☆ブレスレット・バングル

    シャンパンゴールドのメタルの間に
    ライトストーンでCHANELの文字がはめ込まれています。
    繊細で美しいバングルです。


☆ブローチ

    クロム金具一色の細工が美しいシックなブローチ。
    さり気なくお使い頂ける素敵な一点です。
    2018年モデルです。


☆ブローチ

    黒、グレー、白石を使ったボリュームあるデザイン。
    クロム金具で派手さを抑えた豪華な一点です。



<エルメス>

☆ヴィンテージバッグ

    80年代と思われます。
    濃紺のボックスカーフにゴールドのカデナが留め金に。
    古さを感じさせないおしゃれなデザインです。
    ハンドルとショルダーベルトでツーウエイにお持ち頂けます。


☆セーター

    サイズ42(13号)
    グレーにブルーが鮮やかな前身頃はシルク。
    グレーの後ろ身頃と小さなお袖はカシミア素材です。
    落ち着いてきれいな色合いです。


☆スカーフ

    幅9センチで輪になったロングのスカーフは
    くるくると2重に回すだけで美しいフォームができあがり、
    首元のおしゃれやシンプルな装いのアクセントになります。
    オレンジに白や黒のラインが入ったエルメスらしい色合いです。


☆Hキューブペンダント

    ローズがかったオレンジの優しい色合い。
    Hがモチーフになったキューブのペンダントです。
    金具はゴールドです。


<ヴィトン>

☆ワンピース

    参考サイズ34(5号)
    ブルージーンズ素材。
    ベルト部分にカーフが使われています。
    ロゴの入ったゴールドプレートの大きめボタンと
    黄色のステッチがアクセントになっています。
    タートルセーターと組み合わせたり、
    前のファスナーを開けて、
    ロングジレのように重ねてお召になっても素敵です。


☆スカート

    サイズ38(9号)
    オフホワイトのモノグラム・デニム素材。
    ベルト部分には同色のカーフが使われています。
    裾にあしらわれたフレアーがおしゃれです。


☆紳士用・ワイシャツ

    サイズS
    白地に細かな紺のチェックが爽やかな印象です。
    裾に白いステッチでロゴが入っていますので、
    オーバーブラウスでラフにお召頂いても素敵です。

    
     
★ブログ商品情報 http://blog.maison-de-fanfan.com

9月22日

<ディオール>

☆ヴィンテージバッグ  
    80〜90年代にかけての大変美しいクロコダイルのバッグです。
    ショルダーの長さを調節できるので、ツーウエイでお持ち頂けます。
    お色は黒、メタルはシルバー地にゴールドのロゴです。


<ドリス・ヴァン・ノッテン>

☆ワンピース  サイズS
    黒のニットボディに紺色とピンクと黒の
    フリンジリボンがあしらわれています。
    華やかで素敵なドレスです。


<セリーヌ>

☆ライダースジャケット  サイズ36(7号) 
    細身のラインがシャープなジャケット。
    バイクでもしっかり身体を守ってくれそうな、
    ハードな素材です。



お店にはサイトに載っていない商品も多数ございま
パリにご旅行の折には、是非お立ち寄り下さいませ。
またその際はお買物以外のことでも、御遠慮なくお尋ねください。


☆営業時間 10時~12時半、14時半~19時
☆定休日 日・月曜日・祭日
     ネット業務は休日も対応しておりますのでご遠慮なくお問い合わせ下さい。
     ただしお返事が多少遅れることもございますが、ご了承ください。

       

     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・



★フランスで暮らして「アルフォンス・ミュシャ展」

ファンファンから20分ほど歩くと
リュクサンブール公園があります。

その一角にある小さな美術館で、先週から
アルフォンス・ミュシャ展が開催されています。
(ミュシャはフランス語発音です)

平日なのでそんなに混んでいないだろうと思っていたら、
行列ができていて驚きました。
ネットでチケットを購入しておいて大正解でした。

まずはミュシャが世に出るきっかけとなった、
舞台女優サラ・ベルナールのポスター画が
最初の部屋で迎えてくれました。


年の暮れ、たまたまポスターが必要になったところ、
画家が皆休暇中だったため当時印刷所で働いていたミュシャが
描くことになり、それが大評判となったそうです。

多くのポスター、カレンダー、包装などを制作し、
今も繊細な装飾に包まれた美しい女性たちは馴染み深く、
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家です。

展示してあったビスケットのポスターの前では、
フランス人のお年を召したマダムが、
「これこれ、このビスケットよ。知ってるわ!」と
突然、横にいた私に話しかけてこられました。

遠い昔の思い出が美術館に展示してあったら、
懐かしいでしょうね〜。


そしてミュシャは1900年のパリ万博で内装を手がけるのをきっかけに、
バルカン半島を訪れ、母国チェコへの愛国心に駆られました。

その後アメリカ人の富豪からの援助を受けることができて、
財政的な心配がなくなり、チェコに帰国して、
これまでのイラストと一転した代表作
20点の絵画からなる連作「スラヴ叙事詩」を制作するに至ったそうです。

援助が決まった時に嬉しくて描いたという、
彼の奥さんの絵は幸福感に満ちていてとても美しかったです。


残念ながら、今回の展示会では「スラヴ叙事詩」は
大きなスクリーンでしか見ることができませんでしたが、
アール・ヌーヴォーのイラストとは全く違った作風に驚きました。

数年前に同じリュクサンブール美術館で見た
シャガール展でも感じたのですが、
美しい色合いのファンタジー溢れる作品の中には
深い悲しみや怒りや様々な主張があるのだと知りました。

色合いの美しさだけで買ったシャガールのポストカードは
深い意味があると思うと、使えなくなってしまいました。



そして第二次大戦中、ミュシャは
国民の愛国心を刺激する作品を描いたとしてナチスに囚われ、
開放された4ヶ月後に体調を崩して亡くなったそうです。

素晴らしい作品を鑑賞すると同時に
ミュシャという人の自伝を読んだような気がしました。

展示会は1時間もあればゆっくり見られますので、
秋の日のお散歩にリュクサンブール公園とミュシャ展を是非訪れてみて下さい。

観光客も少なく、静かなパリの時間を楽しめると思います。

Musee luxembourg
19 Rue de Vaugirard, 75006 Paris
ミュシャ展は2019年1月27日までの開催です。



=「フランスで暮らして」はブログにまとめてあります。
  写真も掲載していますので、ご覧ください。
  ブログURL→http://blog.livedoor.jp/maisondefanfan/
=フランス語のアクセントは省略しております。



     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・



☆ファンファンの独り言

ミュシャ展の帰り、
ファンファンまでブラブラ歩いていたら、
レンガ造りが美しい学校の前にやって来ました。

入り口に
「ecole de filles」「女の子の学校」という文字がありました。

フランスでは戦後しばらく共学ではなかったと
フランス人の友達から聞いたことを思い出しました。

彼女は一人っ子でご両親から大事に優しく育てられたのに、
先生がとても厳しくて、小学校に行くのが嫌だったそうです。


壁にかかっていた黒いプレートをふと読んでみると、
この学校に通っていたユダヤ人の子どもたちが
ナチに連れ去られて亡くなったことが書かれていました。
そして、「決して忘れない」と。

ミュシャがナチスに囚われたと知った後に
たまたま通りかかった場所。

通りの名前は「rue Madame」(マダム通り)
その日はゆったり、穏やかな時間が流れていました。



     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・°  
           


★お願い★

最近、私共のメールが迷惑メールフォルダに入って
お届けできないというトラブルが多発しております。
また、携帯からのお問い合わせも届かない場合がございます。

休日以外は24時間以内にお返事させて頂きますよう
心がけております。もし返事が来ない場合は、
まず迷惑メールのチェックをお願いいたします。

また、早々のお返事が必要な場合は電話番号を書いて下さい。
場合によってはこちらからお電話でご連絡することもしております。
ホームページの掲示板から届いていない旨を
お知らせ頂くことも可能です。
     
掲示板URL→ http://8047.teacup.com/fan2paris/bbs

ご面倒をお掛けしますがどうぞ宜しくお願いいたします。



     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・°             



★初めてお読み下さいます読者さまへ


ご購読ありがとうございます。

パリの左岸、サンジェルマンに程近いお洒落なパリジェンヌの住む6区で
1995年に「デポ・ヴォント(委託販売の店)」を始めました。
外国人である私たちが経営しているにもかかわらず、心優しいフランス人の
お客様に支えられてこれまで続けてまいりました。

このメルマガではブランド・リサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」
の入荷状況をお伝えしております。
<エルメス><シャネル><ヴィトン>などの状態の良いリサイクル品や
ヴィンテージ物、もちろん新品も多数ございます。

フランスならではの日本では数の少ない大きなサイズの靴、
また反対にフランスの他のお店にはない小さなサイズの服が
多数ございます。

フランス人のお客様、ブランド店にお勤めの方、ジャーナリスト関係の方など、
個人の方がお持ちになる商品を厳選しております。

試作品やブランド店からのVIP用へのプレゼントなど、
フランスならではのレアー物も入荷します。
毎日新しい発見のあるお店です!

また、ショッピングが好きな方はもちろん、フランスが大好きな方、
フランスに行ってみたいと思っていらっしゃる方にお役に立つ情報を
長年の経験を通してフランスらしいエピソードと共にお届けいたします。

日本に居ながら、フランスの香りを少しでも感じて頂ければ幸いです。



     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・°   
          


     エルメス・シャネル・ヴィトンをご紹介しているホームページ

            http://maison-de-fanfan.com/

         
          商品入荷情報をお知らせするブログ。

           http://blog.maison-de-fanfan.com/ 

      商品に関するご質問などはこちらのメールまでお願い致します。

           info@maison-de-fanfan.com


       フランス生活の様々な出来事を気ままに書いているブログです。
         (メールマガジンもまとめています)

         http://blog.livedoor.jp/maisondefanfan/

          
         掲示板でもご自由に書き込んでくださいね。

         http://8047.teacup.com/fan2paris/bbs


    


     。.・° °・.。。.・° °・.。。.・° ° °



     最後までお読み下さいましてありがとうございました。
     次回もいろいろな情報をお届けしたいと思いますので、
     どうぞ宜敷く願い致します!

   

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      登録・解除は下記URLからお願い致します

       http://www.mag2.com/m/0000165184.html

      発行システム まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




発行者 : 田中 元英
      MAISON DE FANFAN s.a.r.l.
      4, rue Mayet 75006 Paris FRANCE
      Tel. (33)1-4056-9058
      info@maison-de-fanfan.com
      http://maison-de-fanfan.com/




        


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ