さくら投資顧問 - Weekly相場通信

  • ¥0

    無料

為替戦略は国家戦略、通貨を使った経済戦争の本質を暴く! 世の中のお金の流れに詳しくなりたい人は必見です。 FX専業トレーダー植木良太氏が、投資についての考え方、勝ち組投資家に入るための相場観を伝授します。 また、投資活動に欠かせない相場情報をウィークリーでお届けしております。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
さくら投資顧問 - Weekly相場通信
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月10日
 
発行部数
19,260部
メルマガID
0000174617
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━
さくら投資顧問 - Weekly相場通信
2018.12.10 #483
━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●相場概況 - 週末終値(前週末比)

日経平均     21,678.68(-672.38)
NYダウ     24,388.95(-1,149.51)
USD/JPY  112.68(-0.89)
EUR/JPY  128.31(-0.11)
EUR/USD  1.1378(+0.0062)
米国債(10年) 2.858%(-0.135)
米国債(30年) 3.147%(-0.147)
WTI原油先物  52.14(+1.44)
NY金      1,252.60(+26.60)



◆────────────────
今週の注目指標
────────────────◆


●12/10(月)

10月月次GDP(前月比)(英)18:30
前回 → 0.0%

10月鉱工業生産指数(前月比)(英)18:30
前回 → 0.0%

10月製造業生産指数(前月比)(英)18:30
前回 → 0.2%

10月鉱工業生産指数(前年同月比)(英)18:30
前回 → 0.0%


●12/11(火)

7-9月期四半期住宅価格指数(前期比)(豪)9:30
前回 → -0.7%

7-9月期四半期住宅価格指数(前年同期比)(豪)9:30
前回 → -0.6%

11月失業保険申請件数(英)18:30
前回 → 2.02万件

11月失業率(英)18:30
前回 → 2.7%

10月失業率(ILO方式)(英)18:30
前回 → 4.1%

12月ZEW景況感調査(独)19:00
前回 → -24.1

12月ZEW景況感調査(ユーロ圏)19:00
前回 → -22.0

11月卸売物価指数(前月比)(米)22:30
前回 → 0.6%

11月卸売物価指数(前年同月比)(米)22:30
前回 → 2.9%

11月卸売物価指数・コア/除食品・エネルギー(前月比)(米)22:30
前回 → 0.5%

11月卸売物価指数・コア/除食品・エネルギー(前年同月比)(米)22:30
前回 → 2.6%


●12/12(水)

10月鉱工業生産(前月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → -0.3%

10月鉱工業生産(前年同月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 0.9%

11月消費者物価指数(前月比)(米)22:30
前回 → 0.3%

11月消費者物価指数(前年同月比)(米)22:30
前回 → 2.5%

11月消費者物価指数・コア指数)(前月比)(米)22:30
前回 → 0.2%

11月消費者物価指数・コア指数)(前年同月比)(米)22:30
前回 → 2.1%

11月月次財政収支(米)28:00
前回 → -1000億USD


●12/13(木)

11月消費者物価指数・改定値(前月比)(独)16:00
前回 → 0.1%

11月消費者物価指数・改定値(前年同月比)(独)16:00
前回 → 2.3%

欧州中央銀行政策金利(ユーロ圏)21:45
前回 → 0.00%

ドラギECB総裁会見(ユーロ圏)22:30

新規失業保険申請件数(米)22:30
前回 → 21.6万件


●12/14(金)

11月小売売上高(前年同月比)(中)11:00
前回 → 8.6%

11月鉱工業生産(前年同月比)(中)11:00
前回 → 5.9%

12月製造業PMI・速報値(独)17:30
前回 → 51.8

12月サービス部門PMI・速報値(独)17:30
前回 → 53.3

12月製造業PMI、速報値(ユーロ圏)18:00
前回 → 51.8

12月サービス部門PMI・速報値(ユーロ圏)18:00
前回 → 53.4

11月小売売上高(前月比)(米)22:30
前回 → 0.8%

11月小売売上高(除自動車)(前月比)(米)22:30
前回 → 0.7%

11月鉱工業生産(前月比)(米)23:15
前回 → 0.1%

12月製造業PMI・速報値(米)22:30
前回 → 55.3

12月サービス部門PMI・速報値(米)23:45
前回 → 54.7

12月総合購買PMI・速報値(米)23:45
前回 → 54.7



◆────────────────
今週の相場観 by.植木良太(FX専業トレーダー)
────────────────◆


■ 米中貿易戦争は一時休戦?(12月9日執筆)


注目していた米中首脳会談では、
追加関税はとりあえず延期されました。

しかし、中国通信大手ファーウェイのCFOが、
米国の対イラン制裁に違反した疑いで
カナダ当局に逮捕されるなど、
米アップル社のiPhoneが売れず
中国ファーウェイが世界販売台数で
2位になったことで、これある意味
中国製品の不買運動の一貫ではないか?
とも見て取れます。

米中の貿易問題はまだまだ続きそうです。


それでは、先週発表された
米国の重要指標の結果を
確認しておくことにしましょう。


●12/3(月)

11月製造業PMI・改定値(米)23:45
前回 → 55.4
結果 → 55.3

11月ISM製造業景況指数(米)24:00
前回 → 57.7
結果 → 59.3


●12/5(水)

米ベージュブック(米)28:00
・米経済活動は緩やかなペースで拡大
・製造業はコストが上昇。貿易は不確実
・緩やかな賃金の上昇が大半の地区で見られる
・物価上昇は緩やか


●12/6(木)

10月小売売上高(前月比)(豪)9:30
前回 → 0.2% (修正 0.1%)
結果 → 0.3%

10月製造業新規受注(前月比)(独)16:00
前回 → 0.3%
結果 → 0.3%

10月製造業新規受注(前年同月比)(独)16:00
前回 → -2.2%
結果 → -2.7%

11月ADP雇用統計(前月比)(米)22:30
前回 → 22.7万人 (修正 22.5万人)
結果 → 17.9万人

10月貿易収支(米)22:30
前回 → -540億USD
結果 → -555億ドル

新規失業保険申請件数(米)22:30
前回 → 21.6万件 (修正 23.5万件)
結果 → 23.1万件

11月サービス部門PMI・改定値(米)23:45
前回 → 54.4
結果 → 54.7

11月総合PMI・改定値(米)23:45
前回 → 54.4
結果 → 54.7

11月ISM非製造業景況指数(米)24:00
前回 → 60.3
結果 → 60.7

10月製造業新規受注(前月比)(米)24:00
前回 → 0.7% (修正 0.2%)
結果 → -2.1%


●12/7(金)

パウエルFRB議長発言(米)8:45
・米経済が現在全般的に非常に良好に推移しており、雇用創出は力強く、賃金が徐々に上昇している
・実際に多くの全米レベルの指標でみて、米労働市場は非常に力強い

11月非農業部門雇用者数変化(前月比)(米)22:30
前回 → 25.0万人 (修正 23.7万人)
結果 → 15.5万人

11月失業率(米)22:30
前回 → 3.7%
結果 → 3.7%

11月平均時給(前月比)(米)22:30
前回 → 0.2% (修正 0.1%)
結果 → 0.2%

12月ミシガン大学消費者態度指数・速報値(米)24:00
前回 → 97.5
結果 → 97.5


まず、5日(水)はブッシュ元大統領の
国葬があったためその日の米国市場が休場となり、
重要指標を含めパウエルFRB議長発言等が
7日に延期されました。

そのパウエル議長の発言は、
引き続き経済の好調を述べるに止めており、
市場が注目していた、来年以降の具体的な
金融政策について多くを語ることは
ありませんでした。
FOMCまで待つことになりそうです。


指標結果に関しましては、
予想を下回ったものもありましたが
11月非農業部門雇用者数変化が
予想を大きく下回る結果となったものの、
利上げには影響ないだろうと思われます。

しかし、来年以降のFRBの金融政策には
何かしらの影響が出そうとの見方から、
USD/JPYは112.6付近の安値で
終了しております。


そんな中、私が気になるのは米国よりも欧州で、
イタリア予算、ブレグジットの英議会承認、
フランスのデモによる燃料増税の延期、
ドイツのキリスト教民主同盟党首選と、
全体的に見ても親EU派が反EU派に
押されている流れが目立っております。

来年は反EU派の動きが更に加熱
するのではないかと思いますので、
EU各国の政治動向には注目したいです。



さて、米国に話を戻しますが、
今年最後のFOMCを来週に控えています。

利上げは確実視されており、
これは間違いないと思われます。
何度も繰り返しにはなりますが
ポイントは来年以降のFRBによる
金融政策の方向性になると思います。

この部分はしっかり見定めて、
2019年を迎えたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


●さらに詳しい戦略や具体的なエントリーポイントを、
植木良太のFX投資情報「週間レポート」で配信中!

※上記「今週の相場観」は、
毎週日曜に会員様へ配信されている内容の一部です。




◆────────────────
先週の注目指標(結果)
────────────────◆


●12/3(月)

10月住宅建設許可件数 (前月比)(豪)9:30
前回 → 3.3% (修正 5.5%)
結果 → -1.5%

10月住宅建設許可件数 (前年同月比)(豪)9:30
前回 → -14.1% (修正 -12.8%)
結果 → -13.4%

11月製造業PMI(中)10:45
前回 → 50.1
結果 → 50.2

11月製造業PMI・改定値(独)17:55
前回 → 51.6
結果 → 51.8

11月製造業PMI・改定値(ユーロ圏)18:00
前回 → 51.5
結果 → 51.8

11月製造業PMI(英)18:30
前回 → 51.1
結果 → 53.1

11月製造業PMI・改定値(米)23:45
前回 → 55.4
結果 → 55.3

11月ISM製造業景況指数(米)24:00
前回 → 57.7
結果 → 59.3


●12/4(火)

RBAキャッシュターゲット(豪)12:30
前回 → 1.50%
結果 → 1.50%

11月建設業PMI(英)18:30
前回 → 53.2
結果 → 53.4

10月卸売物価指数(前月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 0.5% (修正 0.6%)
結果 → 0.8%

10月卸売物価指数(前年同月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 4.5% (修正 4.6%)
結果 → 4.9%


●12/5(水)

7-9月期四半期GDP(前期比)(豪)9:30
前回 → 0.9%
結果 → 0.3%

7-9月期四半期GDP(前年同期比)(豪)9:30
前回 → 3.4% (修正 3.1%)
結果 → 2.8%

11月サービス部門PMI(中)10:45
前回 → 50.8
結果 → 53.8

11月サービス部門PMI・改定値(独)17:55
前回 → 53.3
結果 → 53.3

11月サービス部門PMI・改定値(ユーロ圏)18:00
前回 → 53.1
結果 → 53.4

11月サービス部門PMI(英)18:30
前回 → 52.2
結果 → 50.4

10月小売売上高(前月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 0.0%
結果 → 0.3%

10月小売売上高(前年同月比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 0.8% (修正 0.3%)
結果 → 1.7%

加中銀銀行政策金利(加)24:00
前回 → 1.75%
結果 → 1.75%

米ベージュブック(米)28:00
・米経済活動は緩やかなペースで拡大
・製造業はコストが上昇。貿易は不確実
・緩やかな賃金の上昇が大半の地区で見られる
・物価上昇は緩やか


●12/6(木)

10月小売売上高(前月比)(豪)9:30
前回 → 0.2% (修正 0.1%)
結果 → 0.3%

10月製造業新規受注(前月比)(独)16:00
前回 → 0.3%
結果 → 0.3%

10月製造業新規受注(前年同月比)(独)16:00
前回 → -2.2%
結果 → -2.7%

11月ADP雇用統計(前月比)(米)22:30
前回 → 22.7万人 (修正 22.5万人)
結果 → 17.9万人

10月貿易収支(米)22:30
前回 → -540億USD
結果 → -555億USD

新規失業保険申請件数(米)22:30
前回 → 21.6万件 (修正 23.5万件)
結果 → 23.1万件

11月サービス部門PMI・改定値(米)23:45
前回 → 54.4
結果 → 54.7

11月総合PMI・改定値(米)23:45
前回 → 54.4
結果 → 54.7

11月ISM非製造業景況指数(米)24:00
前回 → 60.3
結果 → 60.7

10月製造業新規受注(前月比)(米)24:00
前回 → 0.7% (修正 0.2%)
結果 → -2.1%


●12/7(金)

パウエルFRB議長発言(米)24:15
・米経済が現在全般的に非常に良好に推移しており、雇用創出は力強く、賃金が徐々に上昇している
・実際に多くの全米レベルの指標でみて、米労働市場は非常に力強い

10月鉱工業生産(前月比)(独)16:00
前回 → 0.2% (修正 0.1%)
結果 → -0.5%

10月鉱工業生産(前年同月比)(独)16:00
前回 → 0.8% (修正 0.7%)
結果 → 1.6%

7-9月期四半期GDP・確定値(前期比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 0.2%
結果 → 0.2%

7-9月期四半期GDP・確定値(前年同期比)(ユーロ圏)19:00
前回 → 1.7%
結果 → 1.6%

11月新規雇用者数(加)22:30
前回 → 1.12万人
結果 → 9.41万人

11月失業率(加)22:30
前回 → 5.8%
結果 → 5.6%

11月非農業部門雇用者数変化(前月比)(米)22:30
前回 → 25.0万人 (修正 23.7万人)
結果 → 15.5万人

11月失業率(米)22:30
前回 → 3.7%
結果 → 3.7%

11月平均時給(前月比)(米)22:30
前回 → 0.2% (修正 0.1%)
結果 → 0.2%

12月ミシガン大学消費者態度指数・速報値(米)24:00
前回 → 97.5
結果 → 97.5




●免責事項
当メールマガジンの内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とした
もので、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的
な決定は、ご自身の判断と責任でなさるようにお願い致します。
また、当メールマガジン内の情報により生じたいかなる損害についても、
当方は一切責任を負うものではないことをご了承ください。





◆◆━━━━━━━━━━━━━━━
発行/編集:さくら投資顧問株式会社
北海道財務局長(金商)第24号
Email:info●sakura-i.biz
(●を@に変えてください)

※当メルマガの転載/転写/コピー/引用等はお断り致します。
※広告掲載に関するお問合せ
→ http://sakura-i.biz/add/
(c)2018 Sakura Investment Advisor Co.,ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ