1万人を虜にする魅惑のトーク術

  • ¥0

    無料

会う人すべてがあなたのファンになる~世界最高のトーク秘術~を公開します!あなたという存在を最も魅力的に感じさせる究極のトーク術。読んだ瞬間から、あなたのファンが激増します。その秘密のテクニックを知りたい方は、すぐにお読みください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1万人を虜にする魅惑のトーク術
発行周期
週刊
最終発行日
2019年01月14日
 
発行部数
16,906部
メルマガID
0000175698
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今回のテーマ

★とりあえず「休むこと」が、恋愛や人間関係に意外に効果的な理由


*************************
    「1万人を虜にする魅惑のトーク術」
         第557号
*************************

※購読の解除は、一番下からできます。



こんにちは。上村です。

今回もメルマガをよろしくお願いします。



僕が子供の頃、『一休さん』というアニメがありました。

あなたはご存知でしょうか。


一休さんという少年のお坊さんが、
「とんち」を使って、色々な問題を乗り切る話ですね。


一休さんは室町時代の禅僧で、実在の人物です。

しかしアニメで取り上げられたような話は、実話ではなく、後年の創作。



ところで、一休さんのとんちに、こんなのがありますね。


横の横に、
「このはしわたるべからず」
と書いた札が立っている。


実際に危険な橋というわけではなく、
誰かが困らせようと意地悪で立てたもの。


一休さんは、とんちを使います。


どうせ渡るつもりならその必要もないのですが、
そうなるととんちにならないので一休さんは考えます。


そして、堂々と橋を渡るのです。


咎められると、
「私は堂々と橋の‘真ん中‘を通りました」
と答えます。


橋を「端」と勝手に読み替えて、
「はしは渡っていないよ」と主張するのです。



もちろんアニメの世界だからいいのですが、
現実の世界ではこういうわけにいきませんね。


ひらがなで「はし」と書いてあっても、
橋の横に立っている札なのですから、「橋」の意味に決まっています。


まあ誰かのわるだくみで立ったものですから、
裁判になれば一休さんが勝つでしょう。(笑)



ところで、もし橋から離れたところにこの札があったとしたら、どうでしょうか?


見た人は、何のことかよくわかりません。


近くに橋はないわけですから、
「はし」が何を意味するものか判断できないでしょう。


ひょっとしたら一休さんみたいに、道の端の意味に捉える人もいるかもしれません。



ここまで具体的でなくても、我々の日常でもありますよね。


例えばあなたが急に知り合いから、
「大丈夫かい?」と声をかけられたとしましょう。


何のことかわかりません。

大丈夫の意味がわからないからです。


「突然大丈夫と聞く君は、大丈夫か?」

と答えたくなってくる。


でも、もしあなたがしばらく「入院」していたとしましょう。


その場合は、体調を気遣ってのことだと判断できます。


「体調は大丈夫かい?」と言えばはっきりしているのですが、
省略しても意味がわかるのは「暗黙の了解」があるからです。



長い時間を一緒に過ごす相手とか、近い関係の人には、
この暗黙の了解はあるものです。


恋人同士にも、暗黙の了解があるでしょう。


デートを急にキャンセルされた時、
「仕事が忙しいんだな」と思うのは暗黙の了解です。



それならいいのですが、
近い関係だけにその暗黙の了解が裏目に出ることがあります。


要するに疑心暗鬼です。


暗黙の了解とは「言葉なく理解し合うこと」ですから、
気持ちが合わなくなると誤解が生まれるケースもありますね。


「そんなつもりでしたのではないのに、相手が誤解した」

みたいなことです。



親しい間柄だし、それくらいわかってほしいと思うかもしれませんが、
やはりそれは自分の都合になります。



いくら近い関係で、お互いが好き同士でも、考え方がすれ違うことだってあります。


思いが全てピタリと一致しているなら、特に何もする必要はありません。

でも、そういうわけにもいかないですね。


誤解があれば話をして理解し合えばいいのですが、
付き合いが長くなると、そういう事が面倒になることもあるものです。



例えば、会社でもあるでしょう。


会社の上司と、廊下ですれ違う。


こちらが黙礼しているにもかかわらず、相手は知らんぷり
電話に取り次いでも、返事もしない

みたいな人がいるかもしれません。



要するにこれも、年数を経て「横着」になっているのです。


若い時はそうではなかったでしょう。

しっかり挨拶をしたと思いますし、愛想よくもしたでしょう。



別に愛想がどうかという話ではなく、「横着はよくないよ」ということなのです。


特に、恋愛関係とかになれば、
相手と一体感を求める気持ちが強くなるかもしれません。


自分と相手の気持ちが「ピタリと一致していること」を期待するのです。


その証拠が得られないと、期待が大きいだけに落胆も大きくなります。



もちろん恋愛だけの話ではなく、
人間関係でも、あるいは人生の様々なことでもそうです。


期待が大きいほど、なぜか横着になる人がいます。



まるで、貯金が欲しいから「ギャンブルで大金を当てよう」みたいな、そんな心境ですね。


貯金を貯めたいなら、
ギャンブルではなく、コツコツ働くのが一番です。


実は慣れれば慣れるほど、当初の新鮮さを忘れて、だんだん横着になっていくことがあるものです。



あえてベタなことを言いますが、
「親しき仲にも礼儀あり」が大切なのだと思う。


僕はこの言葉が好きです。


要するに親しくなると、相手に対してぞんざいになり、
結局それが仲違い起こす原因になったりすることがあります。


逆に、妙にしつこくして、すれ違いが生じることもあります。



とんちで乗り切るのは、あくまで一時的なことです。

根本解決にはなっていません。


危険な橋でもないのにそんな立て札をする人を、糾弾する必要があります。


でもそうなると一休さんではなく、水戸黄門みたいになってしまいますね。(笑)


つまり、人を懲らしめてそれで済むということでもありません。

そもそも何でそんなことをするのか、
その根本理由を探る必要があるわけです。


そんなややこしいアニメは誰も見ないかもしれませんが、しかし本質が何事も大切です。



一時的な感情を満たすことではなく、長期的に何が大切かを考えること。

一時的なことが必要な時もありますが、それはあくまで対処療法です。


どうしても人間は、一時的な状況で態度を決めてしまうところがあります。


それで一時的には収まっても、
根本原因を解決していないなら、また同じことが起こります。


実際はもっと長期的な目線が必要です。



人生は「迷路」のようなもの。

常に「迷路の上空に立って見る」ような意識も必要です。


そうすれば、どこに出口があるかは一目瞭然。


もちろんそれは難しいことですが、
少なくともその意識が冷静さを取り戻すポイントです。


落ち着いたしっかりした歩みが、全てを解決します。

疑心暗鬼なまま進んでも、余計にこんがらがるだけ。


どうしていいかわからなくなったら、歩みを止めて少し時間を置くことです。

またしっかり前に進んでいくことができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうしていいかわからなくなったら、歩みを止めて少し時間を置くこと。

冷静になれば、長期的に何が大切か見えてきます。

それに沿って歩んでいけば、最後は必ずよくなっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




あなたが恋愛や人間関係で「愛の弱者」だと思うなら、

あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。


ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。

目からウロコが落ちることでしょう。

http://hideburo.hatenablog.com/entry/aibook




あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、
たった「二つの真理」を知るだけで、それは解決します。    

1.追いかけるのをやめる
2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。

http://aisareryoku.web.fc2.com/





----------------------------------------------------------------------
         ★「1万人を虜にする魅惑のトーク術」★

発行人氏名      上村 英明 
発行人メールアドレス spkaiwa@kcc.zaq.ne.jp

ブログ     https://uehide.blogspot.com/
ツイッター http://twitter.com/torikonisuru
フェイスブック https://www.facebook.com/profile.php?id=100005723179073

メルマガ解除  http://archive.mag2.com/0000175698/index.html

メール送信者情報 http://www.kcc.zaq.ne.jp/talksp/
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ