英語意識改革 Before and After

  • ¥0

    無料

なぜ僕は6ヶ月間の本格的な勉強でTOEIC925点取れたのか?おもしろいほど変わるあなたの英語に対する考え方!ネイティブならこう使いこなすこの文法。これも高得点への別れ道。イメージと論理の融合したユニークなメルマガ!4行英字新聞も大好評です!

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
英語意識改革 Before and After
発行周期
週1回
最終発行日
2007年04月08日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000184401
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文読解
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌



           ●---このマガジンについて---●

このマガジンは以下の内容で構成されてます。

■意識改革■

ちょっとした意識の違いで、おおきく結果が変わる事がたくさんあります。
ちょっとした意識の違いとは何なのか?
それによって結果がどう変わっていくのか?
作者がそれを明らかにしていくコーナーです。


-------------------------------------------------------------------------------
●英字新聞●

英字新聞を使ったstudyコーナーです。たった4行!しかし、
チリも積もれば山となります。

・英文--4行--(掲載許可を頂いてる海外メディアの記事より抜粋)
・単語---------(記事のなかの単語解説)
・対訳---------(記事に対しての日本語訳)
・ポイント-----(抑えておきたいポイントの解説)

-------------------------------------------------------------------------------

★あとがき★

おすすすめの洋楽からオススメの参考書の紹介まで。
いろんな事を書いていく予定です。

-------------------------------------------------------------------------------


 
 ■意識改革 #001■

テーマ:「日本で勉強するだけでは英語を話せるようになれないのか?」


何の根拠もなく、こんな風に思っていた時期もありました。
今はそんな事は決して思っていませんが・・・(笑)
ただ自分が属している環境によって、英語の学習方法に
かたよりと質の違いができてしまうのは事実です。

英語圏の国に住んでいるなら、聞こえてくる言葉は全て英語です。
正しい英語を聞いたり、話したりしているだけで
英語を文法的にも学習している事になるし、単語力も自然と増えてきます。
自然に論理(文法)と実践(話す・聞く)が同時に出来る学習環境にいるんです。
学習環境・方法ともに最高だと思います。


それでは本題に入っていきましょう。

日本ではどうなのか?

今、説明した学習方法だけで英語を勉強している人は要注意です。
※(日本在住の人で)



なぜ要注意なのか?

上記の方法は英語圏の国で住んでいるから出来るんです。
※“1日8時間以上、聞こえてくる言葉が英語”という環境を作れる人は
その学習方法のみで十分です。
言語を習っていく上で大切な事は、自分が置かれている環境に合わせて
勉強方法を考えるという事です。


日本でどのように学習すればいいのか?

やはり参考書などを利用して文法をきちんと理解する事は非常に大切です。
「やっぱり文法かぁー? ありがちだよ!!」なんて言わないで続きを聞いて下さい。
作者が伝えたいのはここからです。
それを実践(聞く・話す)で使って下さい。1日4時間できれば最高です。
実践をする環境は洋楽・映画・英会話・英語で自分に質問して
自分で答えるetcで作れます。
実践(聞く・話す)をしている途中に気になる単語や・文法があったら、
後で必ず参考書・辞書などで調べて下さい。これは面倒だけど大事です。
後は“文法、文法”とストレスを感じずリラックスして英語を楽しんで下さい。
これをする事によって
【最高の学習方法、論理(文法)と実践(話す・聞く)を同時にする】
のと限りなく近い学習方法が作れます。
論理(文法)と実践(話す・聞く)を同時にしているかどうかの違いだけです。
この違いはたいした問題ではありません。


なぜ4時間出来れば最高なのか?

英語圏の国に生活していても実践の時間というのは多い日でも12時間程度です。
その1/3の時間は英語が上達する上で十分な数字です。


結論
上記のように偏った学習をせずに、バランスの取れた学習を継続すれば
日本にいながらも英語を話せるようになるのは絶対に可能な事です。



-------------------------------------------------------------------------------
       ●英字新聞 #001

         “Bull jumps into stands during bullfight”


   A 503kg bull jumped into the stands during a Mexico City bullfight,
   injuring several spectators before it was killed.

     The bullfight resumed 30 minutes after the incident,
     which occurred during the second fight of the day.





    By correspondents in Mexico City,The Australian, 31 January 2006 
-------------------------------------------------------------------------------
●単語

jump into・・ ・・のなかに飛び込む       occure 起こる

injure    傷つける              incident 出来事 

spectator  観客 見物人

resume    再開する (中断してた物)を再び始める


●対訳     
             闘牛が観客席の飛び込む

    メキシコシティーで503キロの闘牛がスタンドに飛びこんで、
    処分されるまでに数人の見物客に怪我を負わせた。
    その日の第二試合に起こったこの事件後、30分後に再び試合は再開した。



●ポイント
30minutes after・・ ・・の30分あと= ・・の30ぷんご 

→使いこなせればかなり便利です。例を挙げときます。

3日後 three days after・・ ・・の3日あと=・・の3日後
 
resumeという単語を理解する事は大事だと思います。
saveとloadと同じくらいよく見かけるに意味がしっかりわからないのでは。
この記事内では(中断してたものを)再び始めるという意味で
使われているのでしっかり頭に入れましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
★あとがき★

長々と書いてしまいました。特に意識改革のコーナーでは・・・(笑)

ここまで読んでくれる人がいたら凄いアリガトです。

自分は曖昧な言葉しかでしか励ましてもらった事がなく、
どれだけテンションが落ちたか覚えてます。

自分がいつかやり遂げて、曖昧な言葉ではなく絶対という言葉を使って
自分と同じ道を選ぶ人に勇気を与えられたらなっていつも思ってました。

言語は努力すれば絶対に話せるようになります。

自信と勇気を与えられるメルマガを作っていきたいと思ってます。

あと次回からはいい感じの歌とか見やすい洋画とかも紹介していきます。



※英文記事は海外メディアの記事より了承を得て引用しています。
英文記事の著作権は各メディアに属していますので
無断転載、送信するなど、各社の権利を侵害する一切の行為を禁止します。
本メルマガの著作権は、英文記事以外、当メルマガ作者takiに属します。



ご意見・問い合わせ先 info@i-love-english.net  お気軽にどーぞ






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ