人生を変える☆幸せ成功講座

  • ¥0

    無料

5040人以上の相談を受けたライフコーチあまみ悠が、4、50代の女性が輝く 「自分のための人生」作りを応援します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人生を変える☆幸せ成功講座
発行周期
不定期
最終発行日
2019年02月16日
 
発行部数
535部
メルマガID
0000185693
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます、

あまみです。



実は私、

落ち込んでました。



打ちのめされて
貝になってたんです。





千葉県野田市の事件。




実の親が
10歳の子どもを殺すって…









書いていても
涙が流れてきます。




世間では、

父親が異常、
母親のネグレクト、
行政が、児相が

といろいろ
いわれてますね。




たしかに
必要なことを
ざっと考えただけでも


法の整備、

児童福祉士の増員、

児相と学校、
警察のさらなる連携、

シェルターとなる
養護院の整備、

子どもの人権教育、

被虐待児への
ケアプログラム、

加害者プログラム、

そしてDV教育など
多岐に渡ります。



国連からは

「日本は虐待の対応が
 遅れている」

と勧告される始末・・・






ホント、どうしたら
いいんだろう….




やっとこうして
ことばにできるように
なりました。





話は変わりますけども、

先日、コーチングの
体験会を行なったんですね。


それで、

あらためて
コーチングが

好きだ!

と思ったんです。




私はコーチングと
出会ったことで、

おおげさな言い方には
なりますが、

人生が救われました。




それは

「ホントは 
 どうしたいの?」

と自分自身に聴くことが
標準装備になったからです。



それまでは

「私はどうしたい
 んだろう?」

なんて

自分に問うことは
まったくなかったです。



それよりも
理不尽で生きづらい
環境に流されて

嫌われないように
失敗しないように

ただただ
生きていた日々。



ちなみに
子どもらしくない
子ども時代を過ごした人は

かなりの確率で

「私はどうしたいのか?」

と意識することは
ありません。


それは

子ども時代に
自分に意識を向けて、

自分自身でいることに
かまけられなかった

というのを
意味しています...




そんな私ですが

コーチングと出会って

自分が幸せになるか
どうかを
決めるのは
自分なんだ、

ということを
知りました。




だから、
私が私の人生を
創ってこれたのは
私のおかげですが

コーチングの
おかげでもあります^^





亡くなったあの子も....

生き延びて
大人になれば、

どう生きて
いきたいか、

何をしたいのか、

そういった選択肢を
持つことができたかも
しれません。






じゃあ、

どこからどう
変えたらいいのか。



正直いって
答えは見つかりません。




ただ、
わかっているのは

ひとりひとりが
自分が見える範囲の
半径1メートルの
幸せを作れば

あんな悲しいことは
起きなかったということ。



話は変わりますが、

私は己育て塾という
オンラインの学び場を
主催しています。


そこには
自分自身がつらい
子ども時代を送り、

そのつらさを
子どもには
渡したくないと、

本気で向き合う
お母さんたちが
参加しています。


とはいえ、

彼女たちは
十分に良いお母さん
なんです。


それでも
自分の痛みを
癒すことが

子どもの幸せに
つながると信じて、

自らに取り組み、

親として個人として
輝いています。



一方で、

千葉県の事件の親には
あきらかに
課題がありました。


彼らは
それを放置して
見ないことに
していたのです。



私は、思います。


私たちにできることは

自分の痛みを
そのままに
しないことだと。


自分や人を信じて
孤立をしないことだと。


そして、

半径1メートルに
目を向けることだと。



悲劇を
うまないために

実はそれが、
すごく大切なのでは
ないかと思います。





今日は
話が飛んでばかり
いてすみません。

虐待や暴力で
傷ついてしまった子と
傷つけた子どものために

「MY TREE ジュニアプログラム」

てご存知ですか?


私も学びましたが
とても優れた内容です。


まだまだ実施されている
ところは少ないですが

もしも周囲に必要な
お子さんがいる場合は

情報提供して
いただければと思います。





虐待や暴力の介入と

ケアは早ければ

早いほどいい。





そして法の改正と
いう部分では

福井で
子どもの発達研究を
している
友田明美教授を筆頭に

「子どもへの体罰暴力の
 法的禁止を求める
 プロジェクト2019」

という署名運動が
行われています。


もう少しで目標数に
達するようです。

よかったら
チェックしてください。

http://chng.it/SBYf29Cb2Q




今回も本当に悲しい
事件でしたが、

すぐに答えが
出ないことでも

何か1つ、
なにか一歩で

違いは生み出せるものと
信じます。




何か1つなにか一歩。

大久保さんと
いつか、
一緒にやっていけたら
嬉しいです。





最後までお読みくださり
ありがとうございました^^



★☆★☆★☆★☆★☆

ほんの一言ご感想を
このメールに
返信いただけたら、
嬉しいです^^

お待ちしております。



◇◇─────────
あまみ 悠
株式会社ライフコーチジャパン

email:yuh@my-coach.jp

ブログ:https://ameblo.jp/lifecoach/

Facebook:
https://www.facebook.com/yuh.amami

◇◇─────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ