【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション

  • ¥0

    無料

実際のIPO(新規公開株)当選事例の紹介と分析をメインに、各証券会社の傾向と対策、直近IPOのブックビルディング/上場スケジュール・初値などの基本データも網羅。抽選配分対策も裁量配分攻略も、コレで万全!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション
発行周期
週1~2回
最終発行日
2018年11月22日
 
発行部数
3,485部
メルマガID
0000188685
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > IPO情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号







━『まぐまぐ』殿堂入りメールマガジン━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≪新規公開株攻略マガジン≫ ┛┛┛
┛┛
┛ ■□IPO当選情報ステーション□■ ┛
┛┛
┛┛┛ 第309号(18.11.22発行)
_______________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━ Presented by 佐藤ユーセイ━


2018年のIPOも、12月のIPOラッシュ期間に突入します!
いよいよ、残りわずかですね~。

逆に言うとここからが、今年のラストチャンスになります。
注目のIPOなどは、のちほど取り上げますね。


ところで、、昨年末こんな本がひそかに発売されていたのに、
お気づきでしょうか?
ほぼ何の告知もされていなかったので、僕は発売後しばらく
気づきませんでした…。

http://welcomehome.jp/su/ipo-yanagibashibooka.html

本のタイトルはもちろんですが、注目していただきたいのは著者名
です。

なんですか、この「柳橋」というのは。
名字だけなんて、ちょっと怪しくないですか?(笑)

と、ここらで「IPO?柳橋?まさか!?」と思った方は勘がいい!
そう、この本の著者はあのエンジュクのIPOスペシャリスト、
柳橋 義昭さんなんです!!

なんと!
いつの間に、IPOの本を出していたんでしょ...。

ちなみに僕自身は、今年の4月に偶然この本を見つけ、買って
読みました。

http://welcomehome.jp/su/ipo-yanagibashibooka.html


この本には、タイトルにもあるようにIPOのセカンダリーで利益を出す
方法が複数記されています。

なんといっても、第2章の「上場初日~数日以内のIPOセカンダリー
投資必勝法」だけでも、

◆即金規制明け狙い
◆初値買いからの数%抜き
◆公募割れ狙い
◆IPO集中日の出遅れ銘柄狙い
◆逆指値を活用したストップ高狙い
◆VCターゲット狙い

といったセカンダリーDVDでおなじみの多彩な戦術が目白押し!

しかも、このあとにも

第3章 上場後1週間~数か月以内のIPOセカンダリー投資でじっくり
稼ぐ!
第4章 IPOセカンダリー投資でさらに利益を増やす方法&考え方
第5章 IPOセカンダリー投資 【応用編】

と続いていくわけですから、十分に元を取れる内容の濃さですよね。

というか、これで1,728円なんて安すぎです!
http://welcomehome.jp/su/ipo-yanagibashibooka.html


ちなみにAmazonのレビュー欄には、柳橋さんが主催するIPO投資塾
『柳橋塾』の塾生さんのこんなレビューが載っていました。
このボヤキ(笑)こそが、本の内容の充実ぶりをよく表していると
思いますよ。

--------------------------------------------
「困る^^;」
塾生です!
コツコツ習得してきた手法が詳しく書かれていて
ちょっと焦りました!
私の、お気に入りの鉄板の手法も載ってたし
っとゆう意味での星4つです!
--------------------------------------------

たしかに、この塾生さんが書いているように、実はこの本には
キモになる投資法や取り組みやすい投資法が、結構アッサリ掲載
されていたりするんですよね(笑)。

また、同じくAmazonのレビュー欄には、逆に

「サラリーマンには難しい」
「あくまで仮説である」
「これでかせげるひとがいるのかな?」

といったレビューもありますが、柳橋さんはサラリーマンですし、
稼いでいます(笑)。

ともあれ、こういう実践もせずに頭の中だけで考えて批判する
アタマでっかちな人が少なからずいるということは、柳橋さんの
セカンダリー投資ノウハウがまだライバルが少ない投資手法という
ことでもあります。
だからこそ、この『いつでも、何度でも稼げる!IPOセカンダリー株
投資』は必読なのです!

12月のIPOラッシュ期間がひと段落したら、その後は1~2ヶ月ほどの
IPOブランク期間も予想されます。
ですから、それまでにこの本を読んで、IPOがなくてもセカンダリー
投資で利益を出せるチカラをつけておきましょう。

■Amazon
http://welcomehome.jp/su/ipo-yanagibashibooka.html

■楽天ブックス
http://welcomehome.jp/su/ipo-yanagibashibookr.html




それではまず、読者の方からいただいた当選情報を紹介します。
これは、ちょっとさかのぼって昨年末にいただいた、
年末のIPOラッシュ期の当選情報です。

いただいたのは、僕と同じくIPOのメールマガジン発行者でもある、
この方です。


◎まぐまぐ太郎 さん(m)の当選情報
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
12月上場の当選を一応報告をします。

・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
 (株)カチタス
 SGホールディングス(株)

・みずほ証券
 アルヒ(株)
 (株)HANATOUR JAPAN

申し込んだ単元数は1で、証券会社とのやりとりは
まったくありません。


去年は、

マネックス証券
SBI証券
野村證券
東海東京証券

で当選でしたが、今年は

野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券

ですから、野村證券以外はまったく変わりました。

来年はどこの証券会社が当選をくれるのか楽しみにしています。
それに当選情報を提供することで当選が増えることも期待して
います。w
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

まぐまぐ太郎さん、1年も経ってしまい恐縮ですが、
カチタス、SGホールディングス、アルヒ、HANATOUR JAPANの
ご当選おめでとうございました。
まあ、アルヒはちょっとだけマイナスになったので、めでたくは
ないかもしれませんが…。

思い返せば、昨年の12月はIPOラッシュにもかかわらず、全般的に
なかなかの好パフォーマンスでした。

そんな流れの中、ご当選した4銘柄も3勝1敗で乗り切れましたね。
SGホールディングスとHANATOUR JAPANで、利益を乗せた感じ
でしょうか。

そういえば、SGホールディングスはどうも主幹事証券で窓口から
申し込めば基本的に申し込んだ全株が配分された、という噂も
ありましたね。
もっとも僕は、その方法でも配分がありませんでしたが…(笑)。


そうそう、IPOが当選する証券会社って、まぐまぐ太郎さんが
お書きのように2パターンありますよね。

ひとつは、特におつき合いがあるわけでなくても、なぜか毎年の
ように当選する証券会社です。
まぐまぐ太郎さんの場合は、たとえば野村證券でしょうか。

そしてもうひとつのパターンは、数年に一度のペースで当選する
証券会社です。
こちらはまぐまぐ太郎さんがお書きのように、またうまいこと
入れ替わり立ち替わりになってくれたりするんですよね(笑)。

僕も今年は、14年目にして初めて当選(!)した証券会社や、
なんと13年ぶりに当選した証券会社もありました。
こちらの方は本当に予想がつきませんが、だからこそたとえ
年末のバタバタしたIPOラッシュ期にあっても、コツコツと
申し込み続けることが大切になってくるわけです。


ともあれ、またぜひ当選情報をお寄せくださいね。
そして、さらなる当選を呼び込んでくださいませ!(笑)

↓↓まぐまぐ太郎さんのIPOメルマガ↓↓
『簡単じゃん!1年で10倍の利益を得たIPOの成功方法』
http://welcomehome.jp/su/ipo-magmagtaro.html



┌■□ お 願 い □■────────────────────┐

|【その1】

|めでたくIPO(新規公開株)が当選したという方は、以下項目を
|参考にその当選情報をお知らせください。

|・当選した銘柄
|・当選した証券会社
|・申し込んだ単元数
|・その証券会社との普段のやりとり など

|ぜひその喜びを、皆でシェアしましょう!

|【その2】

|「この証券会社の方がオススメだ」「自分の支店はこの内容と
|実情が違う」などと感じた方は、コッソリその情報を教えて
|ください(笑)。

| ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

|いずれの情報も、メールアドレス mail-ipo@welcomehome.jp
|までお送りください。
|なお、お寄せいただいた情報は、当メールマガジンで紹介
|させていただきます。

|※いただいた内容は、編集の都合上一部を省略・修正する
| ことがあります。
|※掲載予定の文章は、掲載前に一度掲載する内容等をご確認
| いただきます。
└─────────────────────────────┘




チャートを開いてローソク足2本を見るだけで、勝率98%!

そんな話を目にしたら、ほとんどの方は「そんなわけないでしょ」と
鼻で笑い飛ばしますよね。
実際僕も、内心「いやそれはないでしょ」と思いました(笑)。

でもこのトレーダーは、この「世界一カンタンなFXの稼ぎ方」で
直近でも58連勝・65連勝・118連勝のトレードを実現し、
年収3000万円以上を叩き出しているというのです。

もちろんインジケーターの類は使わず、ローソク足のチャートだけで!

そんなロジックの無料講座が、今日11/22から期間限定で
公開されます。
一体どんな投資ロジックなのか、これは一見の価値がありそうですね。

http://welcomehome.jp/su/ipo-candlek.html

ちなみにこれは、FXのロジックという位置づけです。

でも、なにしろこれはローソク足をチェックするだけの、
シンプルなロジックです。
ですから、チャートを見るトレードであれば、株にも為替にも
応用できる、汎用性の高いロジックでもあるわけです。

しかも、難しい分析や知識が不要なので、スマホだけでも十分
トレードできてしまいます。
これは、サラリーマン投資家にもありがたいロジックですよね!

個人的には、やはり勝率98%(正確には98.5%だとか!)という
のが、気になります。

ここまで高い勝率を叩き出すには、エントリーだけでなく利益確定&
ロスカットの設定にも、なんらかのロジックが必要になるはず…。
このあたりも個人的にはぜひ知りたいところなので、僕も早速
この無料講座に登録してみます!

http://welcomehome.jp/su/ipo-candlek.html




最後に、今後ブックビルディングが可能なIPOのうち、良さそうな
ものと注意したいものを取り上げます。

ちなみに、今後ブックビルディングが可能なIPOは、すべて12月11日
以降に上場するIPOです。
その数、なんと19社!(※おそらくこれで確定でしょう)

トータル10営業日(※実質8営業日)で19社ですから、これはもう
立派な(笑)IPOラッシュですよね。

ということは、12月11日以降に上場するIPOは、IPOマーケット全般の
資金不足による初値パフォーマンスの低下も予想されます。
ですから、この先のIPOは少し厳し目に評価して、ブックビルディング
の是非を判断することをおすすめします。

■良さそうなIPO
 アルー、ピアラ、ツクイスタッフ、グッドライフカンパニー、
 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング、Kudan、
 Amazia、EduLab、リンク

ソフトバンクの上場日(12/19)の前と後では、初値のパフォーマンス
に差が出そうに思えます。
具体的には、19日以降は値動きが重く・鈍くなるかもしれません。

そんな中、特に注目したいのはピアラ、Kudan、Amazia、リンクあたり
です。
なぜか主幹事は、SMBC日興証券とSBI証券ですね(笑)。

ピアラはブランク明けのIPO、リンクは今年最後のIPOということで、
マーケットの注目と資金を集めそうです。
KudanとAmaziaは、その業態と希少性から好パフォーマンスを見せて
くれるのではないでしょうか。

■注意したいIPO
 アルテリア・ネットワークス、ソフトバンク、自律制御システム研究所

逆に注意したいのは、いずれも公開株数が多いIPOです。
大型IPOはIPOラッシュ期にあっては資金を集めきれないおそれもある
ので、楽観はできません。

特にソフトバンクに関しては、経営陣と主幹事が意地でも公募割れは
避けると思いますが(笑)、これまで見たことがないほど公開株数が
多いので、もしかしたら初値売却では手数料負け、なんて事態に陥る
かもしれません。

難しいのは、自律制御システム研究所ですね。
公開株数が多く業績が赤字の大型IPOなので、IPOラッシュ期にあっては
厳しいと言わざるを得ません。

ただし、ドローンやIoTといったIPOマーケットが好みそうな業態で、
業績も赤字幅を縮小してきているのは事実です。
ですから、このあたりが評価されれば初値で意外な好パフォーマンスを
発揮するかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
--------------------------------------------------------------

今年、思いがけずハマった映画があります。
その映画を観たあと軽く1ヶ月以上は、その衝撃というか余韻から
抜け出せませんでした(笑)。

でも、その映画の公開は、今年じゃなくて一昨年末でした。
それを去年なんとなく気になってWOWOWで録画してはみたものの、
結局観ないまま1年以上放置していたんです…。

で、今年になってあらためて映画レビューサイト『KINENOTE』で
確認したところ、思いのほか評価が良かったので観てみたら…

 もう、涙腺崩壊寸前でした。

いや~、切なくもどこかあたたかい、でもやっぱりどうにも切ない
ストーリーに、完全にやられました…。
結果的に、原作の小説とそのコミカライズ版(マンガ)まで、
買ったりして(笑)。


その映画とは…『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です!


って、なんかズルっときませんでした?

そう、この“デートする”っていうタイトルが、イマイチ軽い感じ
なんですよね。
僕が映画を録画して1年以上放置したのも、このフレーズから
「なんか薄っぺらい恋愛映画?」という印象を持ったのが原因でした。

大丈夫、そんなことありませんから!

まあ、たしかに最初の40分くらいは、ちょっと違和感はおぼえる
ものの、どこにでもあるようなラブラブ恋愛映画に思えます。
ところが、彼女の秘密というか事情が彼女自身から告げられて…。

となったあとでようやく、画面右隅に先ほどのタイトル『ぼくは明日、
昨日のきみとデートする』が出てくるんですね。
そう、このタイミングなら、たしかにあまり違和感はないタイトル
だったりするんですよね~。


この映画の舞台は、冬の京都。
そして主役は、福士蒼汰くんと小松菜奈ちゃんです。

小松菜奈ちゃんは個人的には目力が強すぎてそれほど好みでは
なかったりしますが、この映画ではとても可憐に撮られていて、
素直に好感が持てます。

そして、誰もが彼女が演じる愛美(えみ)に感情移入して、
どうにも切なくなってくるんです…。
映画自体は、福士蒼汰くん演じる高寿(たかとし)の目線で描かれて
いるにもかかわらず。

ちなみに、YouTubeにある予告編のコメント欄で「去年のクリスマスに
男3人で見て、号泣したのがいい思い出です。」というのがありますが、
わかる!(笑)
愛美が時おり流す“涙の理由”がわかると、もういじらしくて観ていられ
ないんですよね~。

特に終盤の、愛美が泣き崩れるシーンなんて、もうもう…。
ここ、個人的に最大の涙腺崩壊ポイントでした。

それでいて、映画を観終わったら、きっともう一度観たくなるはず。
今度は、愛美の“思い”をわかったうえで、始めから。

そして今度は、もう最初から涙腺が…。

っと、あまり書くとネタバレになるので、やめておきます(笑)。
たしかに泣ける映画ですが、決してどちらかが死んでしなうような
救いようのない悲しさはないので、ぜひ観てみてください。

そう、ふたりは“つながっている”んですから…。
って、だいぶハマってますね、やっぱり(笑)。

そんな映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のトレーラー
(予告編)は、実は2種類あります。
こちら(↓)の方が映画の魅力がうまくまとめられていると
思いますので、まずはこちらをチェック!ですよ。

http://welcomehome.jp/su/ipo-bokuasumovie.html


※ちなみに:

あとで原作やマンガを読んでわかったのですが、映画は上映時間の
都合からか結構大事な場面をところどころ端折っています。
そのため、やや説明不足になっている部分も、正直言ってあります。

結果的に、映画を観ながらアタマの上の「?」がなかなか消えない
こともあるかもしれません(僕がそうでした)。
ですから、僕からはあまり枝葉末節にこだわりすぎず、“そういう
ものだ”と思いながら観ることをオススメしておきます(笑)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※当メールマガジンの内容は、投資判断の参考となる情報の提供を
目的としたもので、投資の勧誘を目的としたものではありません。
投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任でなさるよう
にお願い致します。
また、当メールマガジン内の情報により生じたいかなる損害に
ついても、当方は一切責任を負うものではないことをご了承
ください。

※セミナー・講演、取材、執筆等のご依頼大歓迎です。
まずは mail-ipo@welcomehome.jp まで、お気軽にご連絡
ください。
--------------------------------------------------------------
【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション
第309号(18.11.22発行)

□マガジンID 0000188685
□発行者 佐藤ユーセイ
□ご意見・ご感想 mail-ipo@welcomehome.jp
□メールマガジン登録/解除
  http://www.mag2.com/m/0000188685.html
_______________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2018 YU-SEI SATOH All Rights Reserved.
※当メールマガジンに記載されている内容は、有料・無料に
かかわらずいかなる媒体へも無断利用◇流用◇転載することを
禁じます。






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ