ひまのない会計人のために情報を集めます

  • ¥0

    無料

忙しくて会計士協会やASBJの情報をチェックするひまのない会計人のためのメルマガです。無駄な広告等はありません。ご購読者の方は、常識的な範囲で、ウェブサイトへの転載等を行っていただいても結構です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ひまのない会計人のために情報を集めます
発行周期
新たなニュースがある都度発行します。
最終発行日
2018年07月10日
 
発行部数
1,321部
メルマガID
0000194776
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひまのない会計人のために情報を集めます 2018/7/10

 サイト http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/

━━━━━ 注目情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「監査基準の改訂に関する意見書」の公表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ:監査報告書

金融庁の企業会計審議会は、
「監査基準の改訂に関する意見書」を、2018年7月6日付で公表しました。

<ニュースソース>

金融庁ホームページ
https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/20180706.html

<コメント>

「我が国の監査プロセスの透明性を向上させる観点から、
監査報告書において「監査上の主要な検討事項」の記載を求める」改訂です。

報告基準に関して、その他の改訂事項もあります。

主な改正点は以下のとおり。

1.「監査上の主要な検討事項」について

(1)位置づけ

○「監査上の主要な検討事項」の記載は、
監査意見とは明確に区別しなければならない。

(2)「監査上の主要な検討事項」の決定

○監査人は、監査の過程で監査役等と協議した事項の中から、

・ 特別な検討を必要とするリスクが識別された事項、
又は重要な虚偽表示のリスクが高いと評価された事項

・ 見積りの不確実性が高いと識別された事項を含め、
経営者の重要な判断を伴う事項に対する監査人の判断の程度

・ 当年度において発生した重要な事象又は取引が監査に与える影響

等について考慮した上で特に注意を払った事項を決定し、
当該決定を行った事項の中からさらに、当年度の財務諸表の監査において、
職業的専門家として特に重要であると判断した事項を絞り込み、
「監査上の主要な検討事項」として決定する。

(3) 「監査上の主要な検討事項」の記載

○監査報告書に「監査上の主要な検討事項」の区分を設け、
関連する財務諸表における開示がある場合には当該開示への参照を付した上で、

・ 「監査上の主要な検討事項」の内容

・ 監査人が、当年度の財務諸表の監査における特に重要な事項であると考え、
「監査上の主要な検討事項」であると決定した理由

・ 監査における監査人の対応

を記載する。

(4)監査意見が無限定適正意見以外の場合の取扱い

○不適正意見の場合には、
当該意見に至った理由以外の事項を「監査上の主要な検討事項」として
記載するときには、意見の根拠の区分に記載すべき内容と
明確に区別しなければならない。限定付適正意見の場合も同様。

○意見不表明の場合には、「監査上の主要な検討事項」は記載しない。

(5)「監査上の主要な検討事項」と企業による開示との関係

○監査人が「監査上の主要な検討事項」を記載するに当たり、
企業に関する未公表の情報を含める必要があると判断した場合には、
経営者に追加の情報開示を促すとともに、
必要に応じて監査役等と協議を行うことが適切である。

○監査人が追加的な情報開示を促した場合において
経営者が情報を開示しないときに、
監査人が正当な注意を払って職業的専門家としての判断において当該情報を
「監査上の主要な検討事項」に含めることは、
監査基準に照らして守秘義務が解除される正当な理由に該当する。

○監査人は、「監査上の主要な検討事項」の記載により
企業又は社会にもたらされる不利益が、
当該事項を記載することによりもたらされる公共の利益を上回ると
合理的に見込まれない限り、
「監査上の主要な検討事項」として記載することが適切である。

○監査人は「監査上の主要な検討事項」の記載に当たり、
企業に関する未公表の情報を不適切に提供することとならないよう
留意する必要がある。

2.報告基準に関わるその他の改訂事項

(1)監査報告書の記載区分等

○監査人の意見を監査報告書の冒頭に記載することとし、
記載順序を変更するとともに、新たに意見の根拠の区分を設ける。

○経営者の責任を経営者及び監査役等の責任に変更し、
監査役等の財務報告に関する責任を記載する。

(2)継続企業の前提に関する事項

○継続企業の前提に関する事項は、独立した区分を設けて記載する。

○経営者は継続企業の前提に関する評価及び開示を行う責任を有し、
監査人はその検討を行う責任を有することを、
経営者の責任、監査人の責任に関する記載内容にそれぞれ追加する。

適用時期は、以下のようになっています。

・「監査上の主要な検討事項」については、
2021年(平成 33 年)3月決算に係る財務諸表の監査から(早期適用可)

・報告基準に関わるその他の改訂事項については、
2020年(平成 32 年)3月決算に係る財務諸表の監査から

また、「関係法令において、「監査上の主要な検討事項」の適用範囲
その他の基準の改訂に伴う所要の整備を行うことが適当」とされています。

公開草案に対して寄せられた
「コメントの概要及びコメントに対する考え方」も、
資料として公表されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会計ニュース・コレクターの関連記事

「監査基準の改訂に関する意見書」の公表
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/12504.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:小石川経理研究所(公認会計士が作る企業会計のページ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ