漢方薬の驚異

  • ¥0

    無料

西洋医学と融合する漢方薬は、21世紀医療を築きます。現役漢方薬剤師が、漢方薬の効果的な利用方法をお伝えします。天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに…。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
漢方薬の驚異
発行周期
不定期
最終発行日
2016年11月30日
 
発行部数
113部
メルマガID
0000203490
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 東洋医学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★自然の贈り物・ハーブによる生き生き健康生活★☆★
西洋医学と融合する漢方薬は、21世紀医療を築きます。
天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・。

~~~漢方薬局けんこう屋~~~◇◆情報誌◇◆  
16.11.30 ――第115号――
第115号 お血(おけつ)の漢方 通導散 -2 -

11月も終わりとなり、街は年末モードになって
参りました。インフルエンザ、ノロウィルスなどが
流行し始めています。
体調管理に気をつけて年末を過ごしましょう。

次回に引き続き
第2回目、通導散(つうどうさん)

山本漢方医学では、大変重要な処方なので多くの
難病や難治性疾患に使用されます。
特に打撲・骨折・外傷・癒着・ケロイドなどに応用されます。

前回、森道伯先生が関東大震災の時に沢山のクラッシュ
症候群の患者に応用されたのだろうとお伝えしました。

クラッシュ症候群とはどういうものか?

阪神大震災で多数の患者(372名)が報告されています。
しかしこれは後から病院のカルテを調べたものです。
当時はクラッシュ症候群は医師にもあまり知られて
いませんでした。
病院にたどり着かずに突然死した人たちが語り
継がれており、実際はもっと多かったと思われます。

クラッシュ症候群とは

A.2時間以上挟まれていた 
B.挟まれていたところの末梢に麻痺がある

以上の2つがある場合を言います。
 
倒壊した建物で筋肉、静脈、動脈が圧迫を受けた後、
救出の際に圧迫が開放され、筋肉にも再び血液が流れ
始めます。(再かん流)
しかし細胞の膜がこわれているために、細胞の中に
水分が取り込まれていきます。その結果体循環の水分が
減り脱水となり、急性腎不全を起こしてきます。
またこわれた筋肉細胞からカリウム、ミオグロビンなどが
静脈、体循環に流れ込んできます。
カリウムは高くなると瞬間的に心臓を止めます。
元気だった人がクラッシュ症候群で急速に状態が悪化し
死に至るのは高カリウム血症が原因です。 
この治療は血液透析をするしかありません。 
この予防、治療には大量の水分補給が必要です。
点滴するのがベストですが医師がいない状況では
水分をたくさん飲ませることが必要。

□注意・免責事項
◎体の状態は個人によって異なっています。現在治療中の方は
かかりつけの主治医と相談をしてください。
◎ご自分の責任の範囲でご利用ください。記載内容を利用し
生じた結果について、当方では責任がとれませんのでご了承
ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行元 漢方薬局けんこう屋
HP http://www.e-kenkouya.com/
E-mail info@e-kenkouya.com
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ