『理系のための成功術』

  • ¥0

    無料

人生を変えるExcelの使い方、あります。コツコツ成長できる、具体的な方法や考え方を紹介。Lifehacksと成功哲学を織り交ぜながら、毎回30秒で読める記事をお届け!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
『理系のための成功術』
発行周期
不定期
最終発行日
2010年10月04日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000203653
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010/10/04 『理系のための成功術』#698    http://successdrills.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■10秒でデスクトップの散らかったアイコンを整理する方法


 よく見かけます、デスクトップにたくさんアイコンが散らばってる人。

 人前でプレゼンするときなんかには、人に見られると恥ずかしいかもー。

 というわけで、

 1)デスクトップに Trash というフォルダを追加する。
 2)ごみ箱以外の全アイコンをその中に移動させる。

 以上で片付け終わり。これで、「実は殆どのアイコンが使われてない」のが
分かるんじゃないかと。本当に必要なものは、ランチャーを使うべし、です。

#ソフトを常駐させたくないので、タスクバーの「クイック起動」を好んで
 使っていたんですけど、Windows7から無くなってしまったみたい・・。
 今は Launchy を使ってます。キーボード派にはオススメですが、
 意外にメモリを食うのが痛い・・。



......................................................................
●編集後記

 因みに、デスクトップは「ごみ箱のみ」派。

 でも、自分の部屋は散らかってます・・。


───────────────────────────────────
●今日のオススメ

 本日のオススメは、友人の齋藤直美さんが出された2冊目の本、

 「叱り方ハンドブック」
 (齋藤直美著/中経出版/1,575円/9月23日(木)発売)
  http://www.musee-inc.com/campaign/

 でゴザイマス。

 ご本人、元気でキュートな女性なんですが、「いつも叱ってばかりいる
コワイ人」なんてイメージが一人歩きしないだろうか?と要らぬ心配を
したりして。

 アマゾンキャンペーンも開催されるとのことです。(明日だ!)

 【 期間 】2010年10月5日(火)0時~23時59分
 【特典1】部下のやる気を高め、成長させる叱り方セミナー70分音声ファイル
 【特典2】11月4日(木)叱り方ハンドブック出版記念セミナーご招待
     (通常3,000円セミナーをご招待)

  特典のお申し込みはコチラ↓↓
  http://www.musee-inc.com/campaign/

 以下、書籍のご紹介です。
 ─────────────────────────────────

 1万人以上の教育に携わってきたスペシャリストが教える。
 もうドキドキ、イライラしない!気まずくならない104の叱り方
 
 「叱り方ハンドブック」

 あなたは上手に叱れますか?

 「どう叱っていいのかわからない…」
 「感情的に叱って、失敗してしまう…」
 「叱って、相手を傷つけたくない…」 そんな風に思うことはないでしょうか?


 部下、後輩育成をする方々の71.4%が「叱ることに自信がない!」と感じており、
 """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
 なんと68.9%もの方が叱って失敗した経験があるそうです。
 """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 そして、74.6%もの方が「叱られてイヤな気持ちになった、
 やる気がなくなった」経験があると回答しています。

 つまり、自信がない中で叱り、その結果、失敗をしてしまい、
 相手のやる気をなくさせてしまっているのです。
 
 しかし、日々の仕事の中では、
 叱ったり、注意する場面を避けることはできません。

 褒めるだけでなく、叱るからこそ部下のやる気を高め、
 大きく成長させることができるのです。
 (数値は独自調査「職場内コミュニケーション調査」結果より)


 「叱りたいけど、上手に叱れない」、「叱り方がわからない」
 「叱って関係性を壊したくない」、「イライラ、感情的になりたくない」
 「叱るストレスから解放されたい」・・・そんなあなたをオススメの1冊です。


 8000人の社員教育に携わり、現在、大手から中小企業まで
 全国各地であらゆる業界のリーダー教育、組織活性化をサポートし、
 1万人以上の研修・講演を行っているミュゼの齋藤直美が叱り方の
 極意を伝授します!

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 【著者紹介】株式会社ミュゼ 代表取締役 齋藤直美 

 シダックス・コミュニティー株式会社にて年商1億円、スタッフ30名を
 抱える店舗の支配人となり、着任半年で、過去最高売上実績を上げる。
 その後、人財育成部署へ異動、8000人の教育に携わる。
 2006年株式会社ミュゼ設立に参画。
 “月曜日が待ち遠しくなる組織づくり”をコンセプトに
 大手から中小企業まであらゆる業界のリーダー教育、組織活性化に携わり、
 全国各地でのべ1万人以上の研修・講演を行っている。
 受講者の98%が「役に立つ・満足」と回答。
 「すぐ現場で使える」と定評があり、リピート率も高い。
 最近では「ほめる・しかる研修」がメディアに取り上げられ、
 注目を集めている。
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ●読んだ方々からこんな感想がぞくぞくと届いています!


 「目からウロコでした。具体的な会話例があることで納得感の高い本です。
  悩んだ時には、手に取れば必ずヒントが見つかる本だと思いました!」経営者

 「褒める方法論について言い尽くされた中で、これだけ叱りを
  徹底的に追求してくれた著書は他にはありません。」管理職

 「管理職に一人一冊、携帯させたりしたい!」マネージャー

 「叱るという自己成長のスタートラインにやっと立てました!」経営者

 「叱り方大辞典として活躍してくれそうです!」リーダー

 「この本が自分自身のバイブルになると思います。
  ケーススタディが抜群に豊富で、かつ、具体的であることが一番の
  魅力です!」マネージャー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者 : shun
URL   : http://successdrills.com/
e-mail : shun @ successdrills.com
     ご意見、ご感想、1行でOKです!ゼヒお送り下さいっ。
     ※頂いたメールはイニシャルでご紹介させて頂きたいと思います。
      掲載不可の場合はその旨お知らせ下さいませ。
その他 : 転送→ご自由にどうぞ!
     URL →書籍の紹介など、メルマガ内の URL はアフィリエイト
        リンクになっているものがあります。クリックした先で
        読者さんが購入されると、発行者のshunに少しだけ紹介料が
        支払われる仕組みです。もしお友達でアフィリエイトを
        されている方がいらっしゃるのであれば、そちらで購入して
        あげて下さいねー。
     広告:ただいま広告募集中です。(初回は無料です)
        「動機善なりや、私心なかりしか」とご自身に問い質し、
        Yes!と答えられる方のみ応募をお待ちしております。
        部数:まぐまぐ   123部/独自配信  2,078部
解除  : こちらからお願いいたします。ありがとうございました。m(_ _)m
     http://www.mag2.com/m/0000203653.html










▼▼▼      以下、まぐまぐさまからのご案内ですっ     ▼▼▼

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ