FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

  • ¥0

    無料

生活に関するお金の相談やセミナーを数多く手がけるファイナンシャルプランナーの栗本大介が、豊かで幸せな生活を送るために、身につけておきたいお金周りの知識をお伝えします。自分自身で判断できる賢い消費者となり、世の中にあふれる情報に振り回されないようにしましょう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年01月11日
 
発行部数
1,602部
メルマガID
0000216963
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

]□■────────────────────────────────
■  FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント(2019.1.11 第414号)
http://fpoasis.jp/                 
────────────────────────────────□■

------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちらから
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------



みなさん、こんにちは。
エフピーオアシスの栗本です。



国際情勢を分析している
アメリカの調査会社ユーラシア・グループが、
毎年恒例の「今年の10大リスク」を発表しました。


原文は英語なので、
訳し方はメディアによる差がでるのですが、
今年の1位は「Bad Seeds=悪い種」。

悪い種、以外に訳しようがないですね。



「世界の指導者が目先の問題に明け暮れているうちに
 悪い種が芽を出して重大な結果をもたらしかねない」

という警告が添えられています。


また、3位に挙げられている「サイバー戦争」は、
他の雑誌等でも頻繁に取り上げられているものです。

これまでの「戦争」という概念は、
国家間での争いを念頭に置いたものですが、
サイバー戦争は、
「一人のハッカー」が引き金を引きかねない、
という点で、極めて対応の難しい話のようです。


なお、その他のリスクは次のとおりです。


1位「悪い種」
2位「米中関係」
3位「激化するサイバー戦争」
4位「ヨーロッパのポピュリズム」
5位「アメリカの内憂」
6位「イノベーション冬の時代」
7位「非有志連合」
8位「メキシコ」
9位「ウクライナ」
10位「ナイジェリア」




ちなみに、2018年の10大リスクの上位5つは、

1位「China loves a vacuum=真空を愛する中国」
2位「Accidents=アクシデント」
3位「Global tech cold war=世界的なテクノロジー冷戦」
4位「Mexico=メキシコ」
5位「US-Iran relations=米国とイランの関係」

でした。



世界で起こる様々な出来事は、
直接的、間接的に私たちの生活に影響を及ぼします。

遠い世界の出来事ではなく、
自分自身のライフプランに関係するかもしれない動きとして、
意識しておくことが重要なのでしょう。




***




今週号からお読みくださっている皆様、
ご登録頂きましてありがとうございます!

お時間があるときにバックナンバーにも目を通してみてください。

▼バックナンバーはこちらから
 http://archives.mag2.com/0000216963/



------------------------------------------------------
■ セミナーのご案内
------------------------------------------------------



こちらでは、私共が講師を務めたり開催に関係している中で、
どなたでもご参加いただけるセミナー情報をお伝えしています。


また、私が所属している生活経済研究所長野が主宰する、
家計の見直しセミナーを始めとする、
FPI-J.TVの各チャンネルのご案内も行っています。




■生活経済研究所長野主催 「家計の見直しセミナー」



家計の見直しセミナーは、
生活経済研究所長野が提供するWEBセミナーです。


1テーマは2時間~2時間半。
テキストはその場でPDFデータをダウンロードできます。


実際に受講された方の90.9%が「とても満足」と回答され、
まあまあ満足と合わせると、98.2%の受講者にご満足いただいてる、
業界内でも注目のコンテンツです。




次回の公開収録は1月13日、その次は1月27日に行われます。



■1月13日の公開収録

午前は「医療保険の考え方と商品知識」。

続々と新商品が出る医療保険について、
選択の際に外してはいけない3つのポイントのほか、
各社の主力商品に関する比較ポイント等もお伝えします。


午後は「お金をふやせる!家計簿のつけ方」。

家計簿はただつけているだけでは意味がない、
というコンセプトの下で、
お金をふやしている人が実践しているポイントをお伝えする内容です。



■1月27日の公開収録

午前は「相続後のうつす/やめる/もらう手続き」

相続対策と聞くと、
自分にはあまり関係ないと感じる方が少なくありませんが、
実際には、様々な手続きを行う必要に迫られます。
相続発生後にどんな手続きがあるのかや、
そのためにどんな準備が有効なのかをお伝えする内容です。


午後は「帳票から読み解く:年金と税金」

毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」や
お勤めの方が年末に受け取る「源泉徴収票」など、
身近でありながら内容をよく理解していない帳票を題材に、
その読み解き方と活かし方をお伝えする内容です。



公開収録にはどなたでもご参加いただけますので、
申し込みフォームからお手続きください。
(参加費:8,640円/1講演)



▼公開収録申し込みページ
 https://fpi-j.tv/pub/entry


なお、現在「お金をふやせる!家計簿のつけ方」を
丸ごと1本、無料視聴していただけます。

こちらは、
10月30日に都内で行われた公開収録の内容となります。


WEBサイトにアクセスしてご自身の目でお確かめください。




FPI-J.TVでは、
家計の見直しセミナーのほかにも、
魅力的なチャンネルが随時オープンしています。

是非定期的にチェックしてみて下さい!


▼FPI-J.TV
 https://fpi-j.tv




--------------------




さて、今回は3つの話題をお伝えいたします。


1.経済を身近に感じるための視点
2.最近の相場の動き
3.FP資格取得に関するお知らせ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.経済を身近に感じるための視点
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



経済については様々な説明がありますが、
ようするに、世の中で行われる、
モノやサービスとお金のやり取り全般のことです。


ですから、私たちは日々経済活動をしていますし、
経済の動きは私たちの生活に大きく関わります。

FPの学習の中でも、
経済に関する分野は重要項目の1つです。


ただ、「経済を学ぶ」と聞くと、
なんとなく難しそうに感じてしまい、
敬遠される方も多いかもしれません。


そこで今回は、文章自体も短めに、
経済を身近に感じるための視点をお伝えします。



■景気が良い、景気が悪いとは?


みんなが自分自身の豊かな生活を求めて、
様々なモノやサービスを利用しています。

そして、こうした経済活動が
活発に行われている状態を「景気がいい」といい、
停滞している状態を「景気が悪い」といっています。


これは直感的にわかりやすい話ですよね。


では「経済活動が活発に行われている状態」とは、
具体的にどういう状態なのでしょう?


例えば、ある飲食店の1日の売上が30万円だったとしましょう。


この数字1つをとっても、
「1日に50万円の売上が欲しい」と思っている人にとっては、
経済活動が活発だとは思えないですし、

「1日に20万円の売上があれば十分」と思っている人にとっては、
経済活動が活発だと映るでしょう。


ようするに、同じ数字をみても
ある人は景気がいいと感じ、
ある人は景気が悪いと感じることがあるという話です。


そこで必要になるのが「共通の物差し」で、
景気の状況を判断するための物差しが経済指標といわれるものです。




■過去との比較で考えてみる


先ほどのお店の売上の話でいうと、
「1日に30万円」を多いと感じるか少ないと感じるかは、
人によって異なるものですが、

例えば
「昨日に比べてどうだったか?」とか、
「昨年の同じ日に比べてどうだったか?」
という物差しがあれば、

「何%上がった」とか、
「何%下がった」という、
全員に共通した客観的な数字が出せます。


すべてに当てはまる話ではないにしても、
多くのことは「前よりも伸びている」方が嬉しいものですから、
通常は「プラス」であることを良しと考えるわけです。


あとは、

1日の売上で比較するのか、
1日の来店客数で比較するのか、
使用した電気量で比較するのか、
支払ったアルバイト料(人件費)の総額で比較するのか、

というように、
比較する項目は色々ありますから、
それによって、指標の数も増えていくと考えればいいでしょう。



■どこを見ればいいのか?


先ほどの「お店」を
「会社」とか「国」に置き換えても同じことが言えます。


日本という国の景気の良し悪しを考える際に、
決まった指標を過去の数字と比較して見るわけです。


最初のうちは、ニュースなどでも頻繁に取り上げられる
日々の株価や為替、金利の動きを追いかけてみるのがいいでしょう。


具体的には、
日経平均株価やニューヨークダウ平均株価、
米ドル、ユーロ、ポンドなどの主要通貨と日本円の為替レート、
そして満期10年の長期国債の利回りです。


あとは、
GDP(国内総生産)、景気動向指数、日銀短観、
それから消費者物価指数と雇用統計あたりを見てみてください。

このあたりの数値は、
メルマガでも定期的にお伝えしていますので、
継続して数値を追いかける習慣を持つとよいでしょう。




自分の将来設計を考えた場合、
ライフプランという
「自分の地図」を持つことが何より大切ですが、

それと同時に、
世の中の動きや経済の動きを見るための
「世間の地図」を持つことも大切。


そのためにも、
経済について関心を持つことは有意義であると思うわけです。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.最近の相場の動き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


12月28日⇒1月10日の主な相場指標の動きです。


●株価

日経平均株価:20,014円77銭 ⇒ 20,163円80銭
TOPIX:1,494.09 ⇒ 1,522.01
NYダウ:23,062.40ドル ⇒ 24,001.92ドル
上海総合指数:2,493.89 ⇒ 2,535.09



●為替

米ドル円:110円97銭 ⇒ 108円42銭
ユーロ円:126円85銭 ⇒ 124円69銭
ポンド円:140円29銭 ⇒ 138円22銭
豪ドル円: 77円99銭 ⇒  77円90銭



●その他

原油(NY):45.12ドル ⇒ 52.21ドル
金(NY):1,276.7ドル ⇒ 1,289.3ドル


長期金利:-0.004% ⇒ 0.020%

VIX指数:28.34 ⇒ 19.50
Bitcoin:439,209円 ⇒ 398,440円
※ドル建ての標準価格を円換算しています


***



2019年の相場は、
年初から激しい動きとなりました。


特に為替相場は、1月3日の7時台に、
1分間で108円から104円へと、4円も変動しています。


4円と聞くと、わずかのように感じてしまいますが、
変動率にすると約3.7%。


2018年1年間の値幅が、
104円台~114円台という10円弱(約8%)ですから、
その半分程度の動きが1分間で起こったわけです。


日本の金融機関がお正月休みだったため、
取引参加者が少なかったことや、
AI(人工知能)による自動売買が重なって、
短時間に円高が加速したと言われています。


例えば、
「1ドル108円になったらドルを売って円を買う」
という条件を、多くのコンピューターが設定していたとすると、

108円になったとたんに、
世界中のコンピューターが「ドル売り(=円買い)」注文を出します。


その結果、
買う人の殺到した「円」は急騰してしいまいます。


便利さを追求して構築したシステムによって、
相場環境が不安定になるという状況は、
これからも意識しておかなくてはいけないのでしょう。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.FP資格取得に関するお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


FPの本試験まであと2週間強となりました。


栗本FPスクールでは、
2018年1月28日の本試験を控えた方対象に
「2級FP技能検定直前総まとめ講座」を提供しています。



願書は出したものの、なかなか学習が進んでおらず、
「今から数百ページのテキストを見ている時間がない!」
という方にとって、必見の講座となります。


1課目を約40分~約50分でまとめているこちらの動画、
『6科目セット割引プラン』は、
合格に必要なポイントを効率良く約5時間で網羅しています。



現在の動画は、2018年5月向けに収録されたものですが、
法改正や出題傾向に変更がないため、問題無くご利用いただけます。



現在50%オフで提供しておりますので、
この機会に是非ご活用くださいませ。


▼お申し込みはこちらから
 http://fpi-j.tv/category/2ch_kurimoto_fp



なお『タックスプランニング』の動画は、
現在無料公開中です。


▼無料公開中「タックスプランニング」
 http://fpi-j.tv/con/90?from_category_id=6




▼栗本FPスクール
 http://fp-school.jp/




------------------------------------------------------
■編集後記
------------------------------------------------------


南谷真鈴さんをご存知でしょうか。


1996年生まれですから、
今年23歳になられる女性です。
(私の二女と同い年)


2016年に19歳でエベレストに登頂し、
日本人最年少記録を更新されたあと、
7大陸最高峰の日本人最年少記録を更新されました。


この年末年始に、
「自分を超え続ける」というこの方の著書を読んだところ、

心に響くというか、
心に刺さる言葉が数多くありました。


例えば、


「いいことも悪いことも、
 すべてが自分を作ってくれる。すべてが自分を育ててくれる。」

とか、


「役に立とうが立つまいが、私がしていることはすべて、
 自分にとって必要なことだと思います。
 すべての経験が、自分を作ってくれるのです。」

とか、


「夢に向かっていくのに何より必要なのは、
 自分の可能性を信じることです。」

といったもの。


自分を信じ切れているのかな?

とか、

努力をし切れているのかな?

という自問のきっかけとなりました。


人は何歳からでも学べると思いますし、
行動することで、未来を変えることができると思います。


昨年観た映画、
「ボヘミアン・ラプソディー」と同じように、
心に残る1冊となりました。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は2019年1月21日を予定しています。





日々の活動は、下記のブログやツイッター、
Facebookでもご覧いただけます。

コメントやお友達申請は、お気軽にどうぞ!

お友達申請の際には、
ひと言でもメッセージを頂けると嬉しいです。


(株)エフピーオアシスのFacebookページにおいても、
活動の様子などをお伝えしています。

 https://www.facebook.com/fpoasis.jp/



▼ FP栗本の幸せ日記
 http://blog.livedoor.jp/kurisuke701/


▼株式会社エフピーオアシス
 http://fpoasis.jp/


------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちら
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


▼解除/バックナンバーはこちら
 http://archive.mag2.com/0000216963/index.html


====================================================
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権は株式会社エフピーオアシスに帰属します。
●発行者:株式会社エフピーオアシス
●執筆者:栗本大介
日本FP協会認定CFP、1級FP技能士
====================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ