海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継

  • ¥0

    無料

アメリカをはじめとする海外の理系大学院で教育を受けた、次世代を担う27人の科学者の卵が、最新のサイエンス分野を分かりやすく紹介。社会に貢献するトップ科学者の姿とは?また、最先端のサイエンティスト教育と研究環境を誇る、米国での留学生活の成功秘訣を語る。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継
発行周期
隔週
最終発行日
2018年11月25日
 
発行部数
1,531部
メルマガID
0000220966
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 『海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継』
_/ November 2018, Vol. 109, No. 1
_/ カガクシャ・ネットワーク → http://kagakusha.net/
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-- お知らせ --

【カーネギーメロン大学・兵庫県立大学 ダブルディグリー・プログラムのお知らせ】

兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科では、平成23年度よりカーネギーメロン大学と
連携して、2年間で2つの修士の学位を取得することができる『ダブルディグリー・
プログラム』を実施しています。

本プログラムは、情報工学系と政策経営系を組み合わせて体系化した学際的なカリキュラ
ムで構成されています。また、給付型または貸与型の奨学金制度や留学に際しての語学
学習の支援制度も設けています。詳細は、こちら(http://www.cmuj.jp)
-----------------------------------------------------------------

今回は過去のメルマガから人気の記事をピックアップして配信しています。

-----------------------------------------------------------------

未だにはっきりと覚えている幼い頃の記憶がある。それはどこかの遊技場でのこと。一つ
の大きなブラウン管テレビの向こう側に時代遅れの白黒アニメが流れていた。人間以上に
人間臭い心を持つくせに、壊れるとその中身はただのガラクタの塊でしかないロボットと
いう存在に動揺しつつも魅せられ、そしてその姿はしっかりと心に刻みつけられた。それ
が鉄腕アトムであった。あれから20年、僕は高専で情報工学を学び、アメリカの大学で
コンピュータサイエンスと心理学を専攻し、そして今オックスフォード大学の博士課程で
計算神経科学の分野に携わりながら、あの頃にぼんやりと思い描いた夢を未だに追い求め
ている。

実を言えば一度だけ、高専時代にそれをもうやめようと思ったことがある。そろそろ自分
も現実的な将来を見据えて生きていかなくてはいけない、と考え始めていた。しかし、そ
んな時にしたアメリカの高校での1年間の交換留学がそんな自分を思いとどまらせた。僕
の通ったアメリカの高校では、授業の履修は基本的に選択制で、学生は皆学びたいことを
自らの意志で選んで学んでいた。どの授業もインターラクティブで刺激的で、またどの学
生も自分の意見を持ち、それを発言し議論できることに驚かされる毎日だった。一方で、
彼らはよく遊び、スポーツもし、音楽もし、切り替えも効率もとてもよく、今まで自分が
見ていた世界がいかに小さいものであったかを気付かされた経験だった。同じ世代の高校
生が、「僕は映画監督になるんだ」とか「政治家になるんだ」とか、何の恥じらいもなく
堂々と言える姿に心を揺り動かされて、大した根拠がなくたって好きなことを信じて生き
たいように一所懸命生きることを選べばいいのだと気付かされた。その時、僕は大学はア
メリカに行くことを決意したのだった。そうしてもう少しだけ夢を追ってみようと思った
のだった。

ジャーナリスト櫻井よしこは、彼女の米国での大学生活を振り返って以下のように指摘す
る。「日本での教育が、あれはいけない、これも問題がある、だからしない方がよいとい
ういわば減点方式と受動に陥りがちなのに対して、米国での教育は完全に加点方式と能動
を特徴としている。夢を描いたら挑戦してご覧なさい。こうしたいと考えたらやってみな
さい。どんなことでも尻込みしたりあきらめたりしないで突き進んで御覧。他人に迷惑を
かけてはならないけれど、自分の責任で、何でもやって御覧、という具合なのだ。」僕が
常に前を向き、そして学部時代を本気で頑張ることができたのは、そんなことを象徴する
ような恩師との出会いがあったからであった。

僕は高専時代、あまり目立った学生ではなかった。授業中に発言するわけでもないし、
オフィスアワーに行くわけでもなかったので、成績はよかったけれど自分のことを殆ど知
らない教授もいた。今でも忘れないのは、2年生の頃、試験を終えたあとにどうしても腑
に落ちない問題があって珍しく教授のオフィスを訪ねたことがあった。教授は僕の顔を見
るなり「採点ならまだ終わってないよ。でも誰も落第点とるような試験じゃないから君も
心配しなくていいから。」と呆れ顔で言った。普段から試験では良い点をとっていたし提
出物はいつも誰よりも先に終わらせていたし、殆どの人が面倒臭がってやらない課題も必
ず提出していたのに彼は僕を全く知らなかった。案外そういうことは伝わってないものな
んだな、とその時初めて学んだ。

アメリカの大学に入ってからもしばらくはそうだった。ただ「どうせ伝わらない」と思い
ながらも自己満足のためだけにいつも何でも無駄に2,3割増しで頑張っていた。2年生の
前期に履修したトンプソン教授の人工知能のクラスも例外ではなかった。グループプロ
ジェクトが基本のクラスだったのだけれど、他のメンバーが本当に何もやらない。ミー
ティングにも来ないし、レポートも留学生の自分に丸投げ。このままでは自分の成績にも
響いてしまうので、仕方がなく必死で3人分の作業を全部一人でやってのけた。ターム最
後のプレゼンを聞いてトンプソン教授はその結果を大絶賛していたけど、何もしなかった
2人の方が質疑応答でもうまく話せるものだから「きっと自分がグループの足手まといに
見えてるんだろうな・・」と思っていた。

その日の夜、トンプソン教授から「明日オフィスに来なさい。」とメールが来た。一体何
を言われるんだろうと狼狽えながら次の日オフィスを訪れると、彼は笑顔で椅子に座って
いた。机の上には自分のグループのレポートが置いてあり、その表紙を指さして彼は、
「この長いレポート、おそらく君だけで書き上げたんじゃないかな。」と言った。僕は他
の2人のことを告げ口するつもりは全くなかったので困って口ごもると、「見てごらん」
と言ってそのレポートをめくり始めた。するとページの至る所に赤い線やら文字やらがい
っぱい書き込まれていて、「君は独特な英語を書くね。」と僕の不完全な英語をからかっ
て笑った。そして、「プロジェクトに関してもきっと殆ど君一人でやったんだろう。」と
付け加えた。僕は相変わらず苦笑いをしていると、「言わなくても昨日のプレゼンテー
ションで気づいたよ。」とまた笑った。

この日から色々なことが変わり始めた。2年生の後期には、彼の推薦で、彼の教える修士
の授業を履修することになった。そこで企業との会議に参加して、初めて学会発表も経験
した。またその時に書いた論文がその年の卒論も含めたすべての学内学部生研究論文か
ら、3つの優秀な論文の1つとして選出されたりもした。更にトンプソン教授はその論文を
僕の知らないうちに国際学会に提出していて、「ピアレビューを通ったからドイツに行っ
て発表してきなさい。」と言われるがままに一人でその夏ドイツに行くことになった。初
めての国際学会に緊張しきってプレゼンは大失敗。申し訳なさそうに帰ってきた僕を迎え
たのはトンプソン教授の「初めてのヨーロッパはどうだったかい?」「観光もたくさん出
来たかい?」という笑顔だった。そして改まって「僕も初めて授業を教えたときは本当に
緊張して大失敗だったよ。だけどそれを繰り返すことで慣れていくんだ。君にはたくさん
経験してもらう。」と励ましてくれた。

3年生前期に初めて無名だけれど一応ジャーナルに論文を出すことができた。またトンプ
ソン教授の推薦でComputing Research Association(CRA)の全米からコンピュー
タ・サイエンス学部生を選出するCRA Outstanding undergraduate Researcher
Awardsにノミネートされ、結果運良く優秀賞を授かった。するとその結果を見たウォー
タールー大学やヨーク大学の教授から是非院に来てくれとオファーが来たり、googleや
amazonのリクルーターから連絡が入ったりなんてこともあった。トンプソン教授はそん
な僕のことを他の教授に話すことも大好きだったようで、気づけば授業を受けたこともな
い教授までも自分に声をかけてくるようになっていた。

「案外伝わらないものなんだな」と分かっていながらも、積極的にアピールすることをで
きなかった僕を彼は見つけてくれた。そして英語もそんなに上手じゃない自分を信じて、
次々に色々な機会を与えて育ててくれた。本当に一人ひとりの学生のことをよく見てい
て、その成長を自分のことのように喜べるとても素敵な教授だった。彼との出会いがあっ
たから大変さも楽しみに変わった。そんな彼との出会いがあったから、僕は未だに研究を
続けていられるのだと思う。

"Veritate Duce Progredi"(探究せよ、真理こそ我らのしるべなり)これは母校、
アーカンソー大学の校訓である。将来ずっと同じ夢を追い求め続けているかどうかは、
本音を言えば今の時点ではまだ分からない。しかし、ひとつの目標を定めて挑戦し続け
てきたことで、見えてくる世界は大きく広がった。やってみたいと思えることがいくつ
も出てきた。「映画監督になりたい」とあの時目を輝かせて語った友達が、或いは「政
治家になるんだ」と胸を張った友達が皆、未だにそれらを追い求めているとは思わない。
しかし、それらの夢は彼らの人生の真理を探究するきっかけを与えたことは間違いない
と思う。だから夢なんていうのはもしかしたら単なるきっかけでしかないのだと思う。
好きな言葉に「夢を見ながら耕す人になれ」というものがある。日々努力を続けても、
なかなか変化は目に見えてこない。進めば進むほど、夢はさらに遠ざかっていくように
さえ感じられる。しかし夢を見ている限り耕し続けられる。そして、耕し続けている限
り、それは決して無駄になることはない。アメリカには、そこにきっと大きな実を実ら
せる肥沃な土壌がある。これから留学を考えている皆さんには、どんなことでもいいか
らまず夢を口にして、そしてそれに向かって一所懸命に挑戦してみて欲しいと思う。

○ 次回のメルマガは12月下旬にお届けします!
-----------------------------------------------------------------
著者略歴:

江口晃浩(えぐちあきひろ)

 豊田高専情報工学科在籍時にAFSを通じオレゴン州の高校に留学し、2008年より
 米州立アーカンソー大学(フェイエットビル校)に進学。

 2011年にコンピュータ・サイエンス(B.S.)を、2012年に心理学(B.A.)を共に
 summa cum laudeで卒業。英国オックスフォード大学に進学し、2017年に
 計算神経科学の研究で博士号取得。

 人工意識の実現を目指すAIスタートアップ、アラヤに在籍後、現在は日本マイクロ
 ソフトに在籍。ブログ「オックスフォードな日々 ( hogsford.com ) 」を執筆。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
カガクシャ・ネットワーク http://kagakusha.net/
(上記サイトでバックナンバー閲覧可)
発行責任者: 武田 祐史
編集責任者: 向日 勇介
メールマガジンの登録と解除:
http://www.mag2.com/m/0000220966.html
ご連絡はこのメルマガに「返信」または以下のページから:
http://www.kagakusha.net/contact
友人・お知り合いへの転送は自由ですが、無断転載は禁じます。
転載ご希望の際は必ずご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ