メールカウンセリング

  • ¥0

    無料

日々のカウンセリング業務を通して、相談者の方々の言葉に触発されて、考えたこと気がついたことなどを中心に配信しております。(発行当初は、公開のメールカウンセリングでしたが、途中から内容を変更しました。)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
メールカウンセリング
発行周期
週刊
最終発行日
2018年11月15日
 
発行部数
521部
メルマガID
0000235312
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【カウンセリングから見える風景】

No.566 [2018年11月15日]
   毎週発行
----------------------------------------------------------------------
https://solea.me/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すっかり寒くなりました。

今日から私もダウンジャケットを着て、自転車をこいでいます。

青い空が目に染みてきます。

こういう色の空を見ていると、
いつも思いだすのは、小学校6年生の頃、四日市の空です。

当時は公害で名をはせていた四日市ですが、
私の住まいは公害の元凶であるコンビナート群に近かったのですが、
あの煙がわが町を襲うことはありませんでした。

近鉄内部線の終点近くです。
(今は第三セクターになっています。)

子どもながらに、公害ってどこの話かという感じでもありました。

臭いはあったのでしょう。
でも小学校6年の頃の青い空です。

小学1年でも4年でもない、小6の青い空です。

小6のクラスは、小5から持ち上がりのクラスでメンバーは同じでしたが、
私にとっての小学校は小6でした。
交友関係が一気に広がったとき。

公害の町でしたが、
私にとってはかけがえのない時間でした。

映画 Stand by me のような。
https://www.youtube.com/watch?v=YqB8Dm65X18


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■自由とワガママ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある小学校の先生から、自由とワガママの違いを聞かれました。

私の思っていることを書きます。心理学的な視点も入っています。

シンプルに言うと次のようになるでしょうか。




・自由の裏には責任がある。だからこの言葉は大人向け。

・ワガママの裏側には責任はない。だからこの言葉は子ども向け。




だがら、小学生くらいは本当の意味では、
自由でなく、ワガママなのです。

ワガママとは甘えのことです。

その頃はたっぷりとワガママさせればいいのです。

ワガママだから、
度が過ぎたときは
大人は子どもを叱ればいいだけなのです。




自由については大人は叱れないのです。

叱る権利がありません。

なぜならその自由にしている人は、
そのことに責任を取っているから。

つまり大人をやっているのでそれは叱れないのです。

叱ると変なことになります。

しかし、大人が責任を取っていない場合は、
つまりワガママだったら、叱れます。

叱る側がここをわきまえていれば、
甘えを否定することにはなりません。




自由とは責任が必ず発生します。

責任が発生するということは、大人であるということ。

だから精神年齢も20歳を越えた状態であるということです。

そういう人は自由にやってよいのでしょう。




ワガママとは子どものやることだから責任は発生しません。

だから子どものやることには
大目に見てあげることが必要ということでしょうか。

子どもは(可哀想に)自由ではないのです。

ワガママなのです。

そしてそのワガママを認めてあげることが、
大人の仕事なのでしょう。

ワガママとは甘えということですね。

自由は甘えとはちょっとテイストが違いますね。




精神的に大人になっている人でも、
たまには子どもに帰っているときがあります。

ワガママをやったりする。

けれど、どこかしら大人の部分は保持しているので、
責任に縛られて、
ワガママになりきれない不自由さはありますね(笑)。

そういう可愛さはあります。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-



ソレア心理カウンセリングセンターでは、

カウンセリングは年末年始を除き、原則的にほぼ無休でやっています。

平日も土日、祝日も日中&夜間の予約が可能です。どうぞご利用ください。













高間しのぶ(臨床心理士)



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ご質問、ご感想は、お気軽にお寄せください。

info@solea.me

これまでの他の記事については、下記ウェブサイトをご覧ください。
まとめて掲載してあります。

https://solea.me/

メールカウンセリング
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000235312.html

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者:ソレア心理カウンセリングセンター
Copyright (C)2007-2018 Solea Corporation, All right reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ