経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」

  • ¥0

    無料

経理・会計に関する役立つタイムリーな情報便です。毎月お届けします身近なテーマですぐに役立つ「コスト削減術」も好評です。コスト削減のパイオニア、プラスマネジメント(株)からお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」
発行周期
月刊
最終発行日
2019年01月31日
 
発行部数
105部
メルマガID
0000235570
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

羽┃の┃情┃報┃便┃  2019年1月号
━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラスマネジメントより中小企業のコスト削減術「羽の情報便」
2019年1月号をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ◇ 今月のテーマ 「消費税の軽減税率について(3)」
◇ 税金・保険まめ知識 「銀行借入にまつわる疑問(3)」
 ◇ お客様からのQ&A 「確定申告をしないとどうなるのですか?」
 ◇ コラム/羽の情報便からのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
■スタッフブログ「経理請負人の日々」更新中
…………………………………………………………………………………
続きは → http://blog.plus-management.jp/
 
■経理・会計の情報ポータルサイト「らくらく経理事務!」
…………………………………………………………………………………
詳しくは → http://keirijimu.web.fc2.com 
───────────────────────────────
◆今月のテーマ 「消費税の軽減税率について(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
請求書&領収書の書き方はこう変わる!

(1)標準課税か軽減税率かを明記する必要がある

軽減税率制度の導入により、標準税率(10%)と軽減税率(8%)の
税率が混在することになると、消費税の税額計算についても税率ごと
に区分して計算しなければなりません。

それに伴い、請求書、領収書等の記載方法が段階的に変わることに
なりました。

2019年10月1日から区分記載請求書等保存方式が導入され、2023年
10月1日から適格請求書等保存方式(インボイス制度)が導入されま
す。

一般消費者にとっては軽減税率制度だけが影響がありますが、事業者
にとっては、インボイス制度の導入も大きな影響があります。


(2)区分記載請求書等保存方式とは?

この方式は、インボイス制度が導入されるまでの経過措置として導入
され、現行の記載内容に加えて「軽減税率の対象である旨」と「標準
税率と軽減税率の税率ごとに区分して合計した税込対価の額」を記載
する必要があります。

請求書や領収書の記載内容に不足があった場合は、例えば仕入先など
からもらった請求書や領収書に記載事項の不足があったときは、交付
を受けた事業者において追記することが認められています。

但し、追記できるのは軽減税率制度の導入により新たに追加された
2つの項目のみです。

売り手が消費税の免税事業者の場合でも、区分記載請求書等保存方式
による請求書及び領収書を発行しなければいけません。

一方、買い手側は免税事業者からの仕入れであっても、区分記載請求
書等保存方式による請求書及び領収書を保存して帳簿の記載があれば、
仕入税額控除が可能です。


(3)区分記載請求書等への商品の記載はその程度必要?

消費税の対象となる取引の内容も記載しなければなりません。

この場合の取引の内容は、具体的な商品名が記載されることが望まし
いですが、一般的な総称である「野菜」「精肉」「食品」「飲食料品」
という内容でも構わないことになっています。

また、当事者間で取り決めた商品コードによる表示も認められていま
すが、不特定多数の者に交付するレシートについては、「部門01」
などコードによる表示等の見ただけで取引内容がわからないものは
認められません。

いずれにしても、区分記載請求書等保存方式の導入以後は、今まで
以上に請求書や領収書の確認をして、記載内容に不備がないかチェ
ックをしておく必要があります。

次号では、適格請求書等保存方式(インボイス制度)について説明
します。

───────────────────────────────
◆税金・保険まめ知識 「銀行借入にまつわる疑問(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
融資を受け易くするためにどんな資料を作れば良いですか?

銀行で融資審査を行う時、必ず要求されるのは決算書です。
確定申告書や別表、勘定科目内訳書などの付随資料も要求されます。

その他、銀行が要求してくることが多い資料は、試算表、月次資金繰
り表、経営計画書です。

また、企業の事業性評価を考慮した融資を推進するよう金融庁から各
銀行に指導されていて、事業性評価資料を提出することにより、融資
が出やすくなることがあります。

資料の詳細は次の通りです。

(1)試算表 

期の途中経過の損益を表したのが試算表です。
前の決算月から3ヶ月以上経過していたら要求される可能性が高いです。
普段から試算表を毎月作成しておきましょう。


(2)月次資金繰り表

6ヶ月~1年先までの月次の資金繰り予定を見るものです。
将来の資金繰りは、まずは経営計画を作り、1ヶ月ごとの損益の計画
を立て、その入金予想と出金予想をもとに作っていきます。


(3)経営計画書

企業の今後5年~10年の損益計画とそれをどう実現するかを書いたも
のです。決算書の内容が悪く融資を受けづらい企業が融資を受けたい
とおもうのなら、自主的に作って銀行に提出すべきです。

とくに経営計画書は、貸借対照表の純資産がマイナスである債務超過
企業や損益が赤字の企業など銀行から厳しい評価を受けてしまってい
る企業が、融資を受けるために強力な資料となります。

融資の返済は利益で生み出される現金が原資となるものですが、赤字
の場合は返済の原資がなく、将来、利益を上げて返済が問題なく行わ
れることを示す資料となるからです。


(4)事業性評価資料

企業の強み、弱み、外部環境、企業や業界の将来性、どこから仕入れて
どこに販売、何を製造しどこに販売、経営者の経歴や強み等を書いたも
のです。

自社を振り返り、書き出して銀行に提出すると、銀行から自社への理解
が深まります。

───────────────────────────────
◆お客様からのQ&A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q1:
今年も確定申告が近づいてきました。
確定申告をしなかったらどうなるのですか?バレてしまうのですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A1:
会社員やアルバイトなど、給料をもらっている方は、年末調整を受け
ていれば確定申告の必要はありません。

しかし、自分で事業をしていて収入があるのなら、確定申告をする
必要があります。

確定申告をする必要があるのに全くしていない人は案外多いようです。
その理由は、わかっていながら面倒なのでしない人や、税務署や市役
所に開業届を出しておらず、税務署が把握していないなど、いくつか
あります。

税務署が何も言ってこないからといって大丈夫ということではありま
せん。
税務署の方も日々情報を集めていますので、いつか必ず連絡が来ます。

とくに、事業が拡大して従業員を雇うようなことになると、保険関係
の書類を提出することになるのでバレます。金融機関からお金を借り
る場合も、納税証明書を求められますので困ることになります。

申告しない状態が続けば、過去の分まで遡って申告することになり、
高金利の加算税や延滞税などの余計なものまで払わないといけない
羽目になります。

毎年忘れずに必ず確定申告しましょう。

───────────────────────────────
◆今月のコラム(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月は、日本が最も日本らしさを醸し出す月ですね。

とは言っても、早いもので1月最終日になってしまいました。
皆さん現状はいかがですか。焦っている人、余裕のある人、様々で
しょう。

当社は、今月から3月まで一年で一番多忙な時期の真っ最中です。

今年は10月から消費税が10%になり、軽減税率が適用されます。
しかし、この軽減税率が、テイクアウトとイートインでは税率が変
わったりと非常に分かりにくいです。

因みに、ドイツでもやはり持ち帰りと店内の税率が違うそうなので
すが、マクドナルドなどではお店が差額を負担して同じ価格にして
いるそうです。

結局、頭のよいお金持ちはますます金持ちになり、貧困の人達はます
ます貧困になるのではなか?と思います。

そもそも貧困の人たちは自分の労働力を切り売りして所得を得ている
人が多いので、自分の時間が取れず、結局外食を利用することになり
ます。

そうすると高い税金を知らず知らずに払っている、ということになり
ますね。

安倍首相は、国民に消費税増税に理解を求めています。

結局のところ、受け入れて生きて行くしかありません。

今年もよろしくお願いします。

───────────────────────────────
◆羽の情報便からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 会計経理事務コストを大幅カット!
…………………………………………………………………………………
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/business/index.html
 
■ 週1日からの経理事務員派遣
…………………………………………………………………………………
社員一人を雇う仕事ではないが経理の仕事がたまってしまってお困り
の企業・店舗様へ、週一日からの経理事務員の派遣で経費カット。
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/dispatch/index.html

■ メール配信の登録解除は
…………………………………………………………………………………
件名に「配信不要」と記載いただき、本メールをそのままご返信
いただくか、support@plus-management.jpまでご連絡下さい。
即日、登録DBより削除させていただきます。

発行/編集
=============================================================
プラスマネジメント株式会社
「羽の情報便」事務局
〒110-0016 東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原8F
Tel: 03-5818-3733 Fax: 03-5818-3766
support@plus-management.jp
http://www.plus-management.jp
=============================================================
(c)2013 Plus Management Inc. all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ