発達障害と子育てのQ&A

  • ¥0

    無料

発達につまずきをもつ子どもの子育て、保育・教育にまつわるさまざまな悩みごとにお答えしていきます。また、発達障害をテーマにした公開研修会や月刊誌についての情報もお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
発達障害と子育てのQ&A
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月14日
 
発行部数
983部
メルマガID
0000236013
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

このメルマガでは、発達につまずきをもつ子ども
の子育て、保育・教育に関する悩みごとに、現場
で子どもの指導・相談にあたっている専門職がお
答えしていきます。
また子育てや指導・相談に役立つ公開研修会、月
刊誌等の情報も、合わせてお届けします。

今回の相談テーマは、
「こだわり」が多い小学校3年生への対応
です。

後半を掲載します。

**************************
Q:
 小学校の特別支援学級に通う、男児についてご相談します。
会話が成り立つ場面が増えたほか、何でもその場限りだった
のが、昨日注意したことを覚えている等、成長を感じること
も多々あるのですが、「こだわり」がなかなかなくならず、
困っています。例えば最近だと、食事や飲み物が残っている
のが嫌で、人の食べ残し、飲み残しも、食べたり飲んだりし
てしまいます。また駅へ行く道順、スーパーへ行く道順など
も決めており、親が別件の用事を済ませるためにいつもと違
うところで曲がろうとすると、大騒ぎになります。いまはま
だ、何とか引っ張って動かせますが、声も体もだんだん大き
くなってきているので、いつまでこういった対応ができるか
自信がありません。彼にどう、注意すればいいのか、アドバ
イスをお願いいたします。
 

A:
こだわらなくても大丈夫という経験:安心感をもたらす余裕

 「こだわり」を止めることができても、それで子どもが不
安定になってしまうのでは、こだわらせておいた方が良いと
いうことになりがちです。こだわらなくても大丈夫という気
持ちを育てておかないと、止める先から次々と「こだわり」
を変えていくので、「いたちごっこ」になりがちです。こだ
わらなくても大丈夫という気持ちは、人との関わりの中で生
まれます。こだわっている子どもは、気持ちに余裕がなく、
体は緊張しています。この体の緊張をほぐしてあげることで、
気持ちに余裕が生まれます。また体をほぐして、楽な気持ち
にしてくれる人に対しては、安心して任せる気持ちが生まれ
ます。体をほぐすことだけが信頼を得る方法ではありません
が、比較的やりやすく効果のわかりやすい方法だと思います。
 また、約束ができるようなので、予めこだわらない約束を
して約束が守れたことを一緒に喜ぶことができると、「こだ
わり」を止めて約束を守ろうと努力します。最初から約束を
守れないからペナルティーという対応をしていると、できた
としても気持ちは落ち着きません。
 
我慢する力:誘惑に打ち勝つ力

 止めてあげることができても、自分からやらないで済ます
力にはなりません。やりたい気持ちに打ち勝って、我慢でき
る力をつけておくことが必要です。いきなり「こだわり」に
打ち勝つ練習は難しいので、体操の合間、課題の合間に、手
を止めるガリバーの練習をしておきましょう。最初は短くて
もだんだん長く止めていられるようにレベルアップしていき
ます。どこでも長くとめていられるようになったら、いよい
よ「こだわり」を止める練習に入ります。最初は失敗させな
いように、すぐ止める手伝いができるように万全の準備して
おくことを忘れないでください。一度でも失敗すると、自分
では止められないと思い込みやすい子どもたちなので。

視界を広げる・世界を広げる:気持ちの切り替えが大切

 「こだわり」の強い子は、すべての関心がこだわることに
集中しています。そのためそれ以外のものに意識が向きませ
ん。これは、先ほど触れた気持ちの切り替えができない状態
です。これでは、目の前で起こっていることでも学ぶことが
できません。ここでもこだわる時間を少なくしていくことが
必要です。気持ちの切り替えが出来ないからこだわっている
ので、最初は本人に任せず、周りの人が手伝って切り替えて
いきましょう。切り替え方は2、を参考にしてください。


回答者:倉持親優
言語聴覚士、健康運動指導士
立教大学文学部心理学科および
同大学社会学部社会科卒業
発達協会 赤羽南療育室

*2014年度「発達教育」8月号に掲載されたもの
です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
●月刊発達教育のお知らせ

2018年度 12 月号の特集は、
『 場面緘黙のある子の育ちと願い』です。
長野大学 高木潤野先生にご執筆いただきました。

以下よりお申し込みいただけます。
ぜひ、ご覧下さい。
http://www.hattatsu.or.jp/hattatsu_kyouiku_2018_12.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
●春のセミナー お申し込み受付中●
2月2日(土)
A:応用行動分析から学ぶ療育の基礎
-コミュニケーションと行動面の課題を中心に

1.障害特性の理解と応用行動分析の基本
山本 淳一(慶應義塾大学/臨床心理士・臨床発達心理士・文学博士)
2.コミュニケーション面へのアプローチ -事例も含めて
山本 淳一(慶應義塾大学/臨床心理士・臨床発達心理士・文学博士)
3.行動面へのアプローチ -事例も含めて
山本 淳一(慶應義塾大学/臨床心理士・臨床発達心理士・文学博士)


2月3日(日)
C:ワーキングメモリに配慮した学習指導
-算数と読み書きを中心に
1.発達障害のある子のワーキングメモリ-その特性と学習への影響
湯澤 正通(広島大学/特別支援教育士SV)
2. ワーキングメモリの特性をふまえた算数指導の実際-事例も含めて
湯澤 正通(広島大学/特別支援教育士SV)
3.ワーキングメモリの特性をふまえた読み書き指導の実際-事例も含めて
湯澤 正通(広島大学/特別支援教育士SV)

お申し込み、お待ちしております!

http://www.hattatsu.or.jp/haruno_seminar_naiyou.html#jissen-1_a

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
発達障害と子育てのQ&A:
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000236013.html

発行:公益社団法人 発達協会 http://hattatsu.or.jp
発達協会Facebook https://www.facebook.com/公益社団法人-発達協会

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎発達障害と子育てのQ&A
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000236013/index.html?l=pkb0cf086c

◎発達障害と子育てのQ&A
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000236013.html?l=pkb0cf086c
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ