サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

  • ¥0

    無料

前足に乗るのは非常に大切です。でも、乗り過ぎる事によって、あなたのサーフィンの上達が、止まっていますと言ったらどうですか?後ろ足に乗るのも同じように大切です。テイクオフから、やり直し、アップス、オフザリップ、カットバックを手に入れましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月03日
 
発行部数
1,691部
メルマガID
0000249855
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > マリンスポーツ > サーフィン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■────────────────────

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
     
 ━サーフィンは後ろ足だ━
        河村総合研究所
        http://www.kawamuramisao.biz
サーフィンを会議室で
        http://backfootsurfing.com    
18/09/03

第519号  アップス
──────────────────── ■■■■■
皆様、こんにちは、河村 操です。
サーフィンの調子はいかがですか。

今号から新たに購読して下さった皆様、
はじめまして。今後とも
よろしくお願いします。

最近、よく皆さんからメールを頂ける
ようになりました。ありがとうございます。
皆さまからのメールが私の活力源です。
皆さまも是非、ご意見ご感想、ご質問
などお送りください。

この度、過去のブログとメルマガ内容を
まとめた、サーフィンの本質をお伝えする
無料レポートが完成いたしました。是非、
一度お読み下さいませ。

無料レポート「サーフィンは後ろ足だ」

http://xam.jp/get.php?R=9574







■アップス

ヒップバッカーのアップスは
4拍子です

facebookページでデーン様のアップスをとりあげて
解説しているのでご覧ください

https://www.facebook.com/hipbacker/posts/1905254272845274?__xts__[0]=68.ARBQcZvCMknuufYoiZBSu5EP20qf8_QnGJ77-MxQE-QoJZRqKFWjCp0xb3S0fHCzEPfcm8bINaKJC-MbHT7wQ0PYpFBzc2Lmai0EZeW24HvTEGArtwTFA0ccUxcC2OKYyLBSVWfcf4WIRhmAnH8v6RcZU7CH0juvkx7icdBGLgh9hxZKXVrEJw&__tn__=-R


アップスでかっ飛んで
波が開いてきたからカットバックしようという
シーンがよくあると思います

その時にかかと側のレールが入りすぎて
背中側に転んでしまう初中級者をよくみます

それを回避するのが4拍子のアップスだと
私は思っています

アップスのとき当然ボトム側のレールは入れます
ところがトップ側はレールを入れない、もしくははいりません

当然ですよね

波に斜度がついています

岸側のレールは入るはずもありません
ところがこれをいれるいしきで
たるいなみでトップで岸側のレールをいれる
意識を持つ感じでやります

サーフィンはターンと切り替えしの繰り返しです
つま先側のレールを使ったら
次に切り替えして
かかと側のレールをいれます

※そんな本質について記事を重ねていこうと思いたち
あらたにブログを開設しました。興味ある方はぜひ
アクセスください
http://backfootsurfing.com/

アップスのときに波側のレールしか使わず
その状態でいきなりカットバック時にかかと側のレールをいれるから
バランスを崩します

アップス時に
岸側、波側と交互にいれておけば
そのリズムをかえるだけで
比較的スムースに
カットバックにはいれます

重心のクロスオーバーという言葉があります

いかにスムースに岸側 波側のレールを
切り返すかが大切です。それにはスムースな重心移動が
求められます

アップスをする機会が多い
日本の波

その時に
しっかりそれを行うことが
上達につながるのではと
思います

丁寧にやってみてください


追伸

あらたにブログ立ち上げました
続くかどうかわかりませんが
ぜひお立ち寄りください

http://backfootsurfing.com/



#最近インスタで
サーフィンのイラストを書いています

エアーや
フィンアウトの
シーンが多いです

イメトレにもいいと思うので
興味がある人は
ぜひフォローお願いします

https://www.instagram.com/misao_k/



■facebookページのほうもお願いします


https://www.facebook.com/hipbacker/



■ブログはじめました

http://backfootsurfing.com/





■ 発行者情報

発行責任者:河村総合研究所 河村 操
http://kawamuramisao.biz/
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34-810
連絡先:kawamuramisao@gmail.com









メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ