「特許出願」を考える ~役立つ特許出願のヒントに~

  • ¥0

    無料

発明の完成から特許出願までにすることについて、どう考えれば良いのでしょうか。技術者経験のある弁理士が、役立つ特許出願とするためのヒントをお届けします。知財担当者以外にも、技術者、経営者、管理職の方などにもわかりやすく解説します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
「特許出願」を考える ~役立つ特許出願のヒントに~
発行周期
不定期
最終発行日
2009年04月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000264043
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.015━2009.4.30━
 「特許出願」を考える 〜役立つ特許出願のヒントをわかりやすく 101部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 このメルマガは、「特許出願」をするとき、
 どのように考えて、何をしたら良いのかについて
 参考になる情報を記事にしています。

 また、発行者も、読者の方から感想・意見などをいただくことにより、
 より良い特許出願をするために必要なことを勉強させてもらうものです。



 弁理士の上中が発行しているメルマガです。半年ぶりの発行になりました。
 忘れた方も居られるかもしれませんね。思い出されましたか?


 なお、『もう読まない』という方は、こちらから解除できます。
  → http://www.mag2.com/m/0000264043.htm




 それでは、本題に入ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■特許請求の範囲に使用される『など、等』
------------------------------------------------------------------------

 他人の特許公開公報を仕事で読むことが多いのですが、
 特許請求の範囲に『など、等』が入っていると、どうしても気になります。


 『天井、壁などに表示して・・・』

 『文字、記号などを用い・・・』




 自分が作る『特許請求の範囲』に『など、等』を使いますか?

 他人の『特許請求の範囲』をチェックするときに、指摘しないですか?




 ちなみに、今月(09年4月)の公開公報では、
 特許請求の範囲に『など』を含む出願は、1%強ほどありました。

 漢字の『等』を使っている出願は、『等価』など熟語で使用されるので
 検索ができないで調べていませんので、実際にはもう少しあるのでしょう。



 ■『など、等』を使うパターン
------------------------------------------------------------------------

 『など、等』を使うパターンは、2つあります。


 『AやBなどのXが…』のように、例示に使うパターン。

 『AやBなどが…』のように、曖昧に特定するパターン。


 いずれの場合も、

 『AやB以外を含んだものを特定したい』のだと思います。



 『など、等』を使う訳としては、

 ・ちょっとでも権利範囲を広げたい。
 ・例示をしておけば、限定しやすい。

 という理由があるのではないでしょうか。



 ■『など、等』を使うと不明確
------------------------------------------------------------------------

 特許請求の範囲は、内容を明確にする必要があります。

 しかし、『など、等』を使うと、直接記載されていない『AやB以外』が
 どこまで含むのか不明確になりがちです。


 例示パターンの場合、『X』が明確な表現になっていれば、
 全体としては明確になると思います。

 しかし、Xと、例示に記載するAやBとの関係で矛盾する場合には
 不明確になってしまいます。



 したがって、あまり使わない方が良いと思います。

 私の場合、指示されたとき等を除いて、使うことはありません。




 ■特許請求の範囲の『など、等』を使わない方法
------------------------------------------------------------------------

 『など、等』を使わないようにするには、『など、等』によって特定する内容を
 全体が含むように正確に表現すればよいのです。


 『例示パターン』であれば、
 『X』を正確に表現し、AやBを明細書の中だけに記載します。

 『曖昧に特定するパターン』であれば、
 それらを包含する表現を考え、『AやBなど』の代わりに記載します。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 半年ぶりの発行になってしまいました。

 この先、不定期の発行になるかもしれませんが、しばらく継続したいと思います。
 よろしくお願いします。



 役に立っているのかどうか分かりませんが、
 無料レポートのダウンロードをして頂いております。

 『権利範囲と特許性を両立させる発明のポイントの考え方』の請求はこちら
 → http://s-ter.net/ku/c/00001.html

 読まれた方は、是非ご感想をお待ちしております。


 ★ご意見・ご質問などのメールは歓迎です!

  何でも結構です。お返事は必ずします。
  → mail@uenaka-pat.com

 ★購読・解除は、こちらから出来ます。
  → http://www.mag2.com/m/0000264043.htm

──────────────────────────────────
 発行者:弁理士 上中健司
 http://www.uenaka-pat.com/
 e-mail mail@uenaka-pat.com
──────────────────────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ