NKレポート -新相場屋 瓦版- (日本交易株式会社)

  • ¥0

    無料

石油・貴金属・ゴム・穀物・粗糖などの商品先物取引を中心に毎週、翌週の注目銘柄についてボリンジャー・バンド分析を中心にした展望をお届け致します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
NKレポート -新相場屋 瓦版- (日本交易株式会社)
発行周期
週刊
最終発行日
2009年09月07日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000279484
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > 先物・オプション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


日本交易株式会社 

NKレポート -新相場屋<瓦版>-
           2009年9月7日発行 Vol.035


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ミニ・セミナー開催中!!

BB(ボリンジャー・バンド)による分析方法を重点にミニ・セミナーを開催

しております。


詳細はこちらまで
↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/archives/946357.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の納会
国内
09/11 アラビカ・ロブスタ  


海外



今週のスケジュール
月 09/07 米:レーバー・デイ
        (週)CFTC建玉報告
        (週)USDA週間輸出検証高
         (週)USDA作物生育進度・作柄報告
       
火 09/08 

水 09/09  OPEC総会
(週)EIA・API在庫
   (週)日:原油・石油製品週報(石油連盟)

木 09/10 米:貿易収支
      英:BOE政策金利発表
(週)USDA週間輸出成約高
        (週)失業保険新規給付申請件数

    
金 09/11 米:穀物需給報告(USDA)     
米:財政収支 
      米:ミシガン大学消費者信頼感指数(暫定値)
       米:卸売売上高 
(週)CFTC建玉報告
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週の結果(10枚建てた場合のシミュレーション)

東京金買いを推奨

9/1(火)2860円で買い建ち

9/4(金)2960円で利喰い

(2960円-2860円)(値幅)-17円(手抜け)×1000倍
(倍率)×10枚(枚数)=830000円(利益)


結果は1050000円の投資資金で、830000円の利益。


9/3(木)2900円で買い建ち

9/4(金)2960円で利喰い

(2960円-2900円)(値幅)-17円(手抜け)×1000倍
(倍率)×10枚(枚数)=430000円(利益)


結果は1050000円の投資資金で、430000円の利益。

合計126万円の利益でした。


日々のトレードの詳細については毎日下記のブログにて公開中です!!


新相場屋~もうはまだなり、まだはもうなり~

http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の三大スープとは?
・鱶鰭スープ  ・・・・ 高級中華料理の代表格
             フカヒレ自体は味がなく何に煮込むかで味が変わる

・ボルシチ   ・・・・ ロシア料理
             サワークリームとの相性が抜群

・トムヤンクン ・・・・ タイ料理
             海老のスープで辛さと酸味の効いた絶妙な味


またフランス料理のブイヤベースが入る場合もあるとか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


対象期間:9月7(月)~ 9月11(金)まで。

(注意:アップされているチャートは銘記無き場合は継続足を使用)


今週の注目銘柄はゴムになります。


ー東京ゴムー

http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/archives/947327.html

まず一目均衡表で見てみますと、さて今週も195-215円のBOXレンジ
で推移する展開となるでしょうか?

まずは転換線がサポートとなるかどうかですが上げて行くとなれば当然Wトッ
プが意識される展開となり、210円を越えてくると売り圧力も高まって来そ
うな感じを受けます。

また8月19日を起点にしたアップ・トレンドが形成されている様に下値切り
上がり型となっており、アセンディング・トライアングルを形成しつつある感
じです。


下げて行く展開となれば200円のラインが意識されそうで、その場合は9月
2日や9月3日の様に基準線でサポートされるかどうかも重要になってきそう
です。

あのきつい下げ場面でも最終的にはサポートされていることを考えるとサポー
ト力は強い様に受けます。今後切り上がってくるのも心強いです。

また、7月13日と9月2日を結んだアップ・トレンドが形成されるかもポイ
ントになってくるでしょうか?

6月24日の安値150.5円から8月31日の高値214.5円上げ幅のフィ
ボナッチリトレースメントでみてみますと、

38.2%押し 190.1円
50.0%押し 182.5円
61.8%押し 175.0円

ですので、Wトップのネック・ラインである191.4円を試す展開となった
場合は190円を維持出来るかが大きなポイントになってきそうです。

ちなみにWトップのトレンド・ターゲットは168.3円になってきます。

6月24日の安値150.5円から今回の上昇は続いておりますが、38.2
%まで押した場面はここまでありませんので、そろそろ調整場面を迎える可能
性を考慮する必要があると言えそうです。

また週末になってくると遅行スパンが実線に触れてきそうですので、動きには
要注意です。


http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/archives/947330.html

次に移動平均線で見てみますとBOXレンジですので移動平均線のみでトレー
ドをするのは難しい感じを受けます。

ただ短期平均線がサポートになりやすくなっている傾向が見て取れます。
 

http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/archives/947332.html

次にボリンジャー・バンドで見てみますと、バンドの形はBOXを示唆してい
る感じですが、中心線がサポートになりやすくなっている感じを受けます。

ADXは38%ですが、後一歩でトレンドが発生しそうでしない展開が続いて
いる感じでしょうか?

MACDはゴールデン・クロスなる兆しが出始めておりますが、8月28日の
様に反落する可能性もありそうでBOXの動きが継続でしょうか?

トレンドが変わるとすれば、まずはBBのバンドの形に何らかのシグナルが出
てくると思われます。またWTI原油の動向にも注意ですね。



現状はBOXレンジの動きとなっておりますので、チャートを見ながらデイト
レを仕掛けていくのが作戦としてはベターな展開でしょうか?




ファンダメンタルズ
1.全国営業倉庫生ゴム在庫
最新の発表によると営業倉庫生ゴム在庫は7243tと5月31日以来1万t
割れの状態が続いております。

日本ゴム輸入協会集計 (単位:トン)

8/20 在庫合計: 7243 増 減: -206 入 庫: 307 出 庫: 513

8/10 在庫合計: 7449 増 減: -380 入 庫: 1102 出 庫: 1482

7/31 在庫合計: 7829 増 減: -446 入 庫: 682 出 庫: 1128

7/20 在庫合計: 8257 増 減: -654 入 庫: 713 出 庫: 1367

7/10 在庫合計: 8929 増 減: -542 入 庫: 814 出 庫: 1356

6/30 在庫合計: 9471 増 減: -294 入 庫: 506 出 庫: 800

6/20 在庫合計: 9765 増 減: -168 入 庫: 617 出 庫: 785

6/10 在庫合計: 9933 増 減: -194 入 庫: 871 出 庫: 1065


2.7月天然ゴム輸入通関実績
7月末までの天然ゴムの輸入量は年初から累計337330tとなっており、
前年同月488045tと比べると大幅減となっております。

7月の天然ゴム輸入量 34384t (前年同月72883t)

国別 タイ      13182t (前年同月33482t)

   マレーシア     544t (前年同月421t)

   インドネシア  19647t (前年同月37722t)

となっており、IRCoの結束力が高く減産効果が出ている感じです。

8月の終わりタイでは増産期入りの季節となっておりますが、タイオファーは
8月5日以降200セントを上回って上昇中であり、需給関係はともかくとし
て、今年度はエルニーニョ現象の影響により乾燥期が長引いたため、産地の売
り惜しみが続いている模様。

またIRCoのゴム樹の植え替え政策も一定の効果が出ている感じでしょうか?


3.中国の動向
中国の7月の天然ゴム輸入量は旺盛な需要から前月比25.8%増となった模様
です。

また最近は上海株価指数の乱高下が続いておりますが、当然その影響は上海ゴム
市場の動きにも影響を与えておりますので、その動向には注意ですね。


4.新車販売台数
8月の米新車販売台数は1年10カ月ぶり増加となり、前年同月比1.0%増の1
26万1977台と発表されました。これは買い替え支援制度効果と言えそうで
が今後はメーカーの経営戦略が求められることになりそうです。

8月の国内新車販売台数は前年比2.3%増となり、前年比2.3%増の19万
8265台となり、13カ月ぶりに前年実績を上回りました。日本もエコカー減
税や新車購入補助金の効果が大きいと言えそうです。

なお、自販連の伏見剛理事はエコカー減税や新車購入補助金制度による需要先食
い懸念は否定できないとして「制度の恒久化を民主党政権に求めて行きたい」と
話している模様。


5.非当業者の動向
大衆筋の動きと言われる非当業者の動向を直近の高値を付けた8月31日以降の
動きをみますと、

売り  買い 買い越し幅

8/31 14977枚 29885枚 14908枚
9/01 15420枚 30104枚 14684枚
9/02 15219枚 29141枚 13922枚
9/03 15759枚 28790枚 13031枚
9/04 15322枚 29377枚 14055枚

ですが、買い越し幅が3万枚を越えると頭が重くなる傾向がありますね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当メルマガは、情報提供を目的としており、今後の市況動向や投資に関する断
定的判断の提供を目的としたものではなく、情報提供者独自の見解をお伝えす
るものであり、当社の統一的見解を示すものではありません。

 お取引に際しては、ご自身の判断で行います様よろしくお願い致します。

●当メルマガに記載している情報によって生じたいかなる損害についても、当社
 及び情報提供者は一切の責任を負いません。

●また、当メルマガに掲載された情報や意見について、内容の正確性・完全性を
 保証するものではありません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■商 号:日本交易株式会社 

■事業内容:経済産業大臣及び農林水産大臣許可に基づく、商品市場における
      取引等の商品取引受託業務

      日本商品先物取引協会会員 日本商品先物振興協会会員

      委託者保護会員制法人日本商品委託者保護基金会員

      許可番号 経済産業省「平成17・04・05商第3号」

           農林水産省「指令17総合第34号」

■相談窓口:弊社お客様相談窓口(営業管理本部)

      東京都新宿区西新宿7-4-4
     
      フリーダイヤル 0120-143-260

      日本商品先物取引協会相談センター

      東京都中央区日本橋小網町9-4

      TEL:03-3664-6243

■情報開示:弊社の企業情報は本・支店の店頭及びホームページ並びに、
      日本商品先物取引協会(本部・支部事務所及びホームページ)で
      ご覧頂けます

■お取引に当たっての留意点
1.証拠金等について
  商品先物取引を行うには取引証拠金等の預託が必要となります。最初に
  預託する取引本証拠金の額は商品によって異なり、

  最低取引単位(1枚)当たり、最低7000円、最高225000円です。

  但し、その後の相場の変動によって追加の預託が必要となることがあります
  ので、注意が必要です。

  またその額は、商品や相場の変動によって異なり、一様ではありません。

2.商品先物取引のレバレッジ性について
  商品先物取引による取引の額は、最初に預託する取引本証拠金の額に比べて
  著しく大きい金額となります。

  具体的には、商品によっても異なりますが、取引本証拠金の額の約10倍~
  40倍の額となります。

3.商品先物取引のリスクについて
  商品先物取引は元本や利益が保証されている取引ではなく、商品相場が
  お客様の建玉に対し不利な方向に変動した場合、預託している証拠金の額を
  上回る損失が発生する可能性があります。

  「商品先物取引ー委託のガイドー」等をよくお読みいただき、十分に仕組み
  をご理解のうえ、お客様ご自身の判断でお取引いただきますようお願い申し
  上げます。

4.委託手数料について
  商品先物取引を行うには委託手数料がかかります。その金額は商品によって
  異なり、最低取引単位(1枚)当たり、往復最低945円(税込)、往復
  最高16800円(税込)です。
 

  ※手数料や取引証拠金の額等は変更されることがあります。
   詳しくは弊社又は弊社登録外務員にお問い合わせください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者 :日本交易株式会社 本社営業部
URL :http://blog.livedoor.jp/nichieki_honsha/
お問い合わせ :kikakushitsu@nihon-koeki.co.jp
マガジンの登録・解除 :http://www.mag2.com/m/0000279484.html
まぐまぐID = 0000279484

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ