奈良検定お勉強日記

  • ¥0

    無料

奈良検定を受検するに当たって勉強した内容+αをメルマガにしてお届けします。問題に関する雑談なども取り混ぜてお送りしたいと思っていますので、既に合格された方にも読み物として読んでいただけるよう心がけてゆきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
奈良検定お勉強日記
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2018年08月19日
 
発行部数
340部
メルマガID
0001000511
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

HPを読む⇒http://www.nara.o-panda.com/
=====================================================================
◆奈良検定お勉強日記◆          2018.08.19   Vol.509
=====================================================================

奈良検定関係のおベンキョウをした内容をメルマガにしてお届けします。

過去問を中心としたお勉強が中心ですが、問題に関する雑談なども取り混ぜて
お送りしたいと思っていますので、既に合格された方にも読み物として読んで
いただけるとうれしいです。

発行人は
2010年(第4回)に2級、
2011年(第5回)には1級、そして
2012年(第6回)にはソムリエに合格をしました♪

■□■ 本日の内容 ■□■

<< 奈良まほろばソムリエ検定 2018年 ソムリエ級 文章問題 >>

<200文字問題>
次の中からテーマを2つ選び、それぞれについての解説文を別紙の解答欄に200字以内で書きなさい。
1 大和川について
2 馬見古墳群について
3 多聞城について
4 室生寺について
5 大峯奥駈道について

<400字問題>
次の中から1つ選び、その場所を含む1日の見学コースを想定したのち、同伴者を楽しませ、
奈良の文化遺産や自然遺産に興味をもたせるには、どのように案内すればよいかを考え、
自分なりの見学計画を400字以内で書きなさい。

1 法華寺(奈良市)
2 往馬大社(生駒市)
3 當麻寺(葛城市)
4 今井町(橿原市)
5 飛鳥川(明日香村・橿原市)

■さあ、では、お勉強しましょう♪■

今年の400字問題は往馬大社が出ましたか~。
かつて生駒市に居住していた時、ここの近所に住んでいました。
懐かしいなあ。しばらく行ってないし。

かつて自分が合格した時の出題も生駒市からの出題で、よっしゃー!と
ガッツポーズしたことを思い出します。

その時は、宝山寺門前町(生駒市)ってのが出題で、
ルートとしては以下のものを書きました。

>>>以下過去のメルマガのコピペ

”1.日本初の鋼索線である生駒ケーブルで鳥居前を出発。

2.宝山寺門前町は鉄道が敷設されてから出来た新しい町で、
  宝山寺へ向かう急坂の左右に続いている。

3.宝山寺は江戸時代の湛海律師を中興の祖とし、
 役小角や空海も修行したという般若窟なる岩屋が残る。

4.本尊は本堂の不動明王だが、
 左隣りの聖天さんの方がよく知られている。

5.奥の院を抜けて、梅屋敷駅から更に山頂へ。

6.生駒山上遊園地の現存最古の機器遊具の飛行塔を眺めながら、
 暗峠への山道を下る。

7.石畳残る国境は、平城京と難波をつなぐ古道の途中にある。

8.棚田の間を抜けながら、転がりそうな急坂を下り竹林寺へ。

9.喜光寺(※菅原寺とすべき所です)で入寂した行基が遺言通り
 この地に葬られたことは、 発見された墓誌残欠からも裏付けられている。

10.生駒山麓の往馬大社は火の神を奉じ、秋の火祭りが有名。
 歴代天皇の大嘗祭には火燧木を献上し、朝廷の深い信仰を受けてきた。

11.これらのコースから奈良盆地の西の壁、
 神と仏が混在する信仰の山・霊峰生駒を感じてほしい。”
(2012年3月21日発行、Vol.221)

※箇条書きで見ると、区切りがわかりやすいかと思って、
あたまに数字をつけていますが、実際には400字の中には
数字はついてません。あくまでも、一文の区切りの意味で読んで下さい。

てことなので、今回の出題からでも、このルート有効だったかも(笑)

その他の
・般若寺(奈良市)
・法隆寺(斑鳩町)
・唐子・鍵遺跡(田原本町)
・藤原宮跡(橿原市)
にしろ、定番中の定番の場所だし。
どんだけ差別化できるかでしょうね>ほかの人との。

あ、あんまり関係ないけど。
般若寺に久しぶりにいったら、入口方面が変わってましたので、
久しくいっておられない方は要注意・要チェックです。

以前は、北山十八間戸から北上した、植村牧場のある裏通り(?)から行くと便利でしたが、
現在はそちらがわの入り口は閉鎖されているようで、バス通りの方から拡張された駐車場を
通り抜けて入口に向かう方がよろしいかと思います。
(国宝の楼門脇の空間からは入れなくなっているので)

たまには行ってみないと、変わっているところあるし、
ガイドをしている人にとってはマメな最新情報の書き換えは必要ですね。

■編集後記■

暑い!この夏は命の危険があるほどの暑さでした。
職場が日本一暑い場所・多治見にあるもんで、連日ヘロヘロです。
大阪の暑さもたいがいでしたが、今年は37度で「今日涼しいね」って思う毎日。
そんなのおかしいです(涙)

それがどうしたことでしょう。
盆が終わったら、途端に涼しくなってくれたりして。
(まあ、寒の戻りならぬ、灼熱の戻りもあるでしょうけど)

ってことで、ぜーんぜん勉強してません(開き直り)
このペースだと今年の問題今年のうちに終わらないかも…。
まあ、別にいいですよね。読み物だし。
受験生諸氏はご自分のペースで受験勉強を進めて下さいね。
(逃げを打つ)

<<おわび>>

またもやポカミス。前号のタイトルでvol.が507となってましたが、
実は508が正しいらしいです(汗)過去のタイトル並べると507が二つあるかと思いますが、
そういう理由ですので(?)読みかえていただけますようお願いします。
(過去問検索とかかけると、ややこしいかな
>その場合は発行日の年月日も加味すると検索率upするかと…)

今年の夏はボロボロです。
(毎年そうですけどね)

★★ 最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。★★


■ 奈良検定に関する勉強法・試験攻略法・合格体験談などなど
  みなさんからの書きこみお待ちしております!
  ⇒ http://8419.teacup.com/karuhosan/bbs

■ このメルマガの発行・配信申込・解除は
  ※『まぐまぐ』( http://www.mag2.com/ )
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001000511.html

■ お問い合わせ・ご要望・ご意見は下記までお願いします。
  発行元:「奈良検定お勉強日記」
  発行者:美嶋カルホ
  http://www.nara.o-panda.com/
  E-Mail:nara-kentei★o-panda.com(★→@に変えて送って下さい)

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ