大麻取締法変革センター[大麻の真実]

  • ¥0

    無料

大麻報道センターが発行するメールマガジンです。大麻を巡る医学的・社会的な情報を配信します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
大麻取締法変革センター[大麻の真実]
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2010年11月14日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001037863
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大麻報道センター メールマガジン            vol.8 2010/11/14発行
                       大麻の可能性を活かせる日本へ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【本号のメニュー】
(1)活動の継続・前進・深化のため読者会員登録・寄付にご協力を!
(2)11/20(土)緊急シンポ「どうなる?どうする?ニッポンの医療大麻」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)活動の継続・前進・深化のため読者会員登録・寄付にご協力を!
─────────────────────────────────────

 大麻報道センターの活動は、購読料と寄付を財源にしたいのです。が、読者会員
は11月14日現在39人。慢性的な赤字運営です。非法人ながら、 NPOとして事務所を
持ち、実務をこなせる専従スタッフのバイト代を賄える程度の体制と規模は欲しい
ところですが、とてもとても。です。

 今後、THCでは、大麻取締法の問題を具体的・現実的に解決するため、司法、行政、
マスコミへの働きかけをこれまで以上に強化すると同時に、志を同じくする方たち
と共に、いよいよ政治(立法府)を動かすための展開に着手します。近日中に提起
する行政訴訟も、地域委員会の設置と活動開始も、その布石の一環です。

 また、医療大麻の分野では、医療大麻を試してみたい患者さんを、医師の下で合
法的に使用できる地域に派遣し、治療効果を医師の下で確認するプロジェクトの準
備を開始しました。

【大麻報道センターの目標】
◆ 2012年度までに厚生労働委員会に大麻の科学的事実を検証する委員会設置
◆ 2015年度までに医療大麻の法制化(一定の条件下での使用容認)
◆ 2020年度までに私用目的大麻の法制化

 このバカげた状況を本気で変える気があるのなら、具体的に始めよう。
 お喋りしているだけでは現実は何も変わらない。

 合法化法案不成立、残念とはいえ、カリフォルニアは既に個人使用は非犯罪化さ
れている。次回、2012年には合法化法案も成立するのではないか。
残念なのは、ニッポンです。

 大麻報道センターの活動を支持して下さる方、読者会員登録や寄付のご協力を、
よろしくお願い致します。
 大麻で逮捕されないニッポン。大麻の可能性を活かせるニッポン。目的地に向っ
て走り続けているTHC-Japan号に、燃料を入れて下さい。

■詳しくは↓のページへ
 http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=497

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 11/20(土)緊急シンポ「どうなる?どうする?ニッポンの医療大麻」
─────────────────────────────────────

 大麻禁止政策の輸出国アメリカで進む大麻容認の流れ。一方、日本では未だに大
麻について誤解している国民が多く、医療大麻について知る人は少ない。
 この現状をどう捉えればいいのか。そして、どうすればいいのか。
 各分野で取り組みを続ける諸氏の見解を聞き、ニッポンの医療大麻を考える。

◆NPO法人医療大麻を考える会主催緊急シンポジウム
「どうなる?どうする?ニッポンの医療大麻」
 日時:11月20日(土)開場12:30 開演13:00-
 場所:NPO法人医療大麻を考える会池袋事務所
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-45-8エコービル202号室

●第1部:シンポジウム 13:00-17:00(Ust中継・ツイッターで質問募集)
 「どうなる?どうする?ニッポンの医療大麻」
 参加費:NPO会員500円/非会員1,000円
 ※飲食物の持ち込み自由。
 ※アルコール、ジュース、お菓子、弁当、ご自由に。ゴミは持ち帰り下さい。
 ※会場にもビール「麻物語」などの販売コーナーあります。

◆パネラー
 長吉秀夫(進行・「大麻入門(幻冬舎)」著者)
 前田耕一(NPO法人理事長)
 鈴木秀明(NPO法人事務局長)
 森山繁成(大麻草検証委員会代表)
 赤星栄志(Hemp Revo,Inc代表・「ヘンプ読本(築地書館)」著者)
 白坂和彦(大麻報道センター主宰)
 カンナビスト運営委員(予定)

●休憩:1時間の食事休憩 17:00-18:00

●第2部:JMMAオールナイト・トーク・バー 18:00-05:00
 語り尽くそう、今夜。
 会場費500円以上のカンパをお願いします。
 ※飲食物の持ち込み自由。
 ※アルコール、ジュース、お菓子、弁当、ご自由に。ゴミは持ち帰り下さい。
 ※会場にもビール「麻物語」などの販売コーナーあります。

■詳しくは↓のページへ
 http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=1934

==編集後記===============================

◆ご無沙汰しております。あんなに暑かった夏。今はもう鍋の季節の山の中です。
◆英語サイトが復活しました。日本の状況を世界に向けて発信します。
◆大麻報道センターの展開は、新たな局面に突入しています。
◆みなさまのご支援を、よろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メールマガジン発行:大麻取締法変革センター[略称:THC]
 web:http://asayake.jp
 english:http://en.asayake.jp/
 mail:info@asayake.jp
 百貨店あさやけ:http://shop.asayake.jp

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001037863.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ