理想の明日へ

  • ¥0

    無料

大阪で意拳の教室を開き、日本古流剣術の修行もする筆者の日々の体験をお送りするメルマガで一般にあまり知られていない意拳という拳法の練習のコツ、要領もご紹介します。 意拳を知りたい方、上達したいと思う方は御一読下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
理想の明日へ
発行周期
基本、週2回で頑張っています。
最終発行日
2019年02月19日
 
発行部数
54部
メルマガID
0001099120
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 格闘技 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんばんは

経済の勉強をしています。

渕田です。

続きは、編集後記で・・・・・。

理想の明日へ 応用編 発行第615回  2019・02・19
*************************************************************
今回は、会の発足理由について書いてみたいと思います。

まだまだだと思っていましたが、そろそろ会の閉会も近づいてきたので、こういった話もしておこうかなと書いてみることにしました。
メルマガの方は、とりあえず次号をもって、最終回とさせていただこうかと思っています。

なので、残りの回では技術的なことよりも思想的なことを書いてみたいと思います。

この会を立ち上げた理由は、取りも直さず、自分が思うような練習をしたいがためでした。

それだけなら、一人で練習していて、時々詳しい先生に習いに行くというのでも良かったのですが、当時から我々日本意拳協会系の会員が少なく、少数団体だったので、誰も気にしていなかったでしょうけど、なんとなく徐々に消滅していくという風に見られるのが嫌だなと思ったので、我々の活動が盛り上がってきているというのを見せたいがために、半ば無理やり日本意拳協会北大阪支部なるものを立ち上げました。

ホントに利己的な理由で立ち上げたものでした。

それから徐々に、集まってくれる人も出てきて、以前から感じていたのですが、日本(だけではないけれど)の意拳の教室のひどい現状を知るに到ります。

我々の系統では、站椿からはじまり、断手(散手)に到るまでの一貫した意拳の練習システムを最初から教えていただいていましたが、他の教室では、高額な授業料を取った挙句、ほとんど何も教えないというところが多く、おそらく今も多いと思います。

実のところは、教えないというより、教えられるほど理解していない先生がほとんどということが言えます。

それを検証するにこのように自分に問いかけてみるとすぐにわかると思います。

・站椿は何のためにおこなっているのか?
・その站椿の形、練習したものは、どのように実戦に役に立つのか?
・発力の概念があり、どういうものであるのか?
・試力の正しいやり方とは?

などなど、きちんと説明ができるのかどうかですね。

おそらくは、答えられる人は、相当少ないと思います。
実は、本家中国でもそうですけど、日本では特にきちんと勉強した人は極端に少ないですし、現存している人で意拳を語れるほど勉強した人はおそらくほとんどいないのです。

それは、私もそれまで幾つかの有名道場の見学や、セミナーに行ったことがあるので言えることです。

ことに、○氏意拳と名乗るところは、私は行ったことがないですが、周りにセミナーに行ったことのある人の話を聞くと、ほとんど内容がないのに高額のセミナー料を取られた話も聞いていました。

教える人も、1,2年でインストラクターになれるというのですから、ほとんど何も経験がない人が教えていると言っても良いでしょう。
武術でそういったことは、ありえません。

この辺りのことは信じるか?信じないか?にかかってくると思いますけどね。

ただ、当時の意拳ブームで、意拳のことをよく知らないはずの人も雑誌に出て意拳のことを語っていたということがあります。

マスコミの功罪というべきか、人間心理といいますか、話し始めると長くなりますし、個別の批判にもなるので、これくらいにしておきますが、徐々にこういった悪質(と私は思った)な教室に対抗してやろうと考えるに到り、教室運営をしてきました。

授業料も比較的安価にして、内容はもちろん私が習ってきたことは、すべて教えていくという方針にしました。

それは、私の先生や先輩たちが、割とオープンに教えて下さる風潮を作って下さったおかげでもあります。

また、地方支部出身ということもあり、先生にあまり来てもらえないということもあったので、いつ教室ができなくなってもいいように、なるべく一回一回の授業に多くの内容を詰め込み、またそれでは理解ができないと思い、何度も同じことを繰り返し説明しながら行うということもしていきました。

セミナーも数は少なかったですが、やり始めということもあり、安価な料金設定で、あり得ないくらいの内容、つまり全体像がわかるような授業を行ってきました。

おそらく当時の意拳系のセミナーでは、一つ、二つの站椿を行って、補助練習的なものをやって、お茶を濁す程度のセミナーしかなかったと思いますが、私は意拳の練習体系自体を知ってもらうようにセミナーをしてきました。

当時、この体系を説明しても理解するには難しかったであろうし、上手くできていたのか?もわかりませんでしたけどね。

そうしているうちに、何とか意拳の理解に苦しんでいる人に、意拳の全体像を知ってもらって、その面白さを知ってもらうことが使命でもあり、楽しみに感じるようになりました。

利己的な理由で始めた会が、その後意拳修養拳学者となり、意拳の面白さを知ってもらう会になっていったのですね。

それはブログのプロフィールにも書いています。

残念ながら、「まだまだ意拳は知られていない拳法です。」という一文は十年経った今でも消すことができません。
現状でもまだまだ知られていないと感じます。

昔はどうにかして間違った捉え方をしている人達を教化しなければならないと思っていたものですが、今となってはそれぞれの人達が研究してできた我流であっても、それぞれの一流派をなしているのだから、それもいいのかなと思えるようになりました。

ですが、できれば一度我々の流派の意拳を学んでみて、意拳のシステムの面白さを知ってもらいたいなという気持ちはありますね。
おそらく、「意拳ってそういうものだったのか!」という発見があると思います。

少なくても、ただ「立っていれば、そのうちわかる。」というような底の浅いものではないことを知ってもらいたいと思います。


*************************************************************
<編集後記>
なぜか、最近経済の勉強をしています。

なんだか急に興味がわいてきただけなのですけどね。

まだまだ、わからないことが多いのですけど、少しずつ理解をしているように思います☆

デフレと言われて久しいですが、経済をよくわかっている人からすると、そこから脱却する方法というのは、
すでに明確になっているそうです。
消費税を無くして、消費を促す、政府が財政出動して公共投資をすれば、解消されていくと見られているそうです。

政治をやっている人の方が不勉強で、緊縮財政をおこなったり、消費税増税をしたりと反対のことをするので、
景気がよくならないということのようです。

消費税は、消費に対するペナルティーという言葉を聞きましたが、その言葉がしっくりきますね。
ペナルティーが追加されているのに喜んで買う人はいないですよね。

勉強してみると、仕組みが分かってきて面白いと感じますわ。

あなたはどう思いますか?

レポート「意拳養生法」を無料配布中
⇒http://bit.ly/2eHzBEV
ここに必要事項を記入し、何かしら、意拳に関する疑問・質問などがあれば、
記入してください。(質問はなくても可)

なお、お送りしていただいた質問・疑問に関しては、
次回作の参考にさせていただきます。

どしどし、請求してください。

よろしくお願いいたします。

==============================
ブログでは、「道新拳論109」をお送りしています。

このメルマガでは、ご意見・ご感想をお待ちしています。

メール:syuuyoukengakusha@yahoo.co.jp

までメールをいただければと思います。
私の考えの及ばない意見もいただけると勉強になりますので(^^)

また、こういう内容を取り上げて欲しいというものがあれば、
お寄せ下さい。

また、お知り合いで意拳や、武術に興味のある方には、おすすめしてみて下さい。
きっと、お役にたつと思います。

============================================
<メルマガポリシー>

このメルマガの感想、ご意見、リクエストなどは、
特にご本人の了解を取ること無しに掲載させていただくことがありますので、
予めご了承ください。
しかし、特に希望がある場合以外は、名前など個人情報は載せないようにします。

メール:syuuyoukengakusha@yahoo.co.jp
ブログ:http://bunomichi.seesaa.net/
HP:http://ikensyuuyou.huuryuu.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ