岡田斗司夫の毎日メルマガ

  • ¥0

    無料

「岡田斗司夫の毎日メルマガ」では、岡田斗司夫のコンテンツを配信していきます! 人生に関わる深刻な相談から、時事問題やちょっとした日常の疑問への回答、オタク作品に関する評価や映画の評価など、ジャンルを問わずお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
岡田斗司夫の毎日メルマガ
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年09月25日
 
発行部数
14,976部
メルマガID
0001148694
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---------------------------
『ホモ・デウス』とはどんな本か?2 「21世紀においては疫病も戦争も“対処可能な問題”」
---------------------------

今日は、ニコ生ゼミ9月16日分(#248)のハイライトです。
『岡田斗司夫ニコ生ゼミ』から一部抜粋してお伝えします。

*********************************
 次は、感染症と疫病の話。歴史上もっとも有名な疾病についての話です。
 これは、ウィーンの“ペスト塔”というものです。
(パネルを見せる)
http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/2/d/2dcc4a09.png
 大理石と金属でできた、10数メートルもある立派な建物です。こういったペスト塔って、ヨーロッパに行くと、結構、街のそこらへんに建っているんですよ。
 僕も、最初に見た時は、これが何かよくわからなかったんですけど、要するに「ペストが終わってくれてありがとう」という塔なんですね。それも「戦って勝利した」ではなくて、「なんとか通り過ぎた! 良かった、良かった!」という記念塔なんです。

 これは、1679年にウィーンで猛威を振るったペストの流行が終わたことを記念して、マリア・テレジアの祖父である当時の皇帝レオポルド一世が建てた塔です。
 最初は木で作られたんですけど、あまりに嬉しかったので、14年掛かりで建て直して、93年にメチャクチャ立派な塔に生まれ変わりました。
 さっきの飢餓の話を覚えてますか? 1693年というのは、フランスで大飢饉があった年です。つまり「ペストが終わって14年掛かりで塔を立ててたら、それと同時期に大飢饉が始まって、また人口の4割ぐらいが死んじゃった」ということなんですよ。
 皮肉なことに、17世紀の末というのは、そういう時代でもあったわけですね。

・・・

 もともと、ペストというのは、14世紀に中国で発生しました。これによって、人口のおよそ半分が死んだそうです。本当に、三国時代での戦死者とか目じゃないですね。巨大な中国の人口の半分を減らして、その後、ヨーロッパに伝わった、と。
 最終的に、ペストはヨーロッパの人口の3割を滅ぼしました。イタリアの北部では住民がほとんど全滅しました。イングランドでは人口の40%が死滅。イタリアのフィレンツェでは5割の人が死んでいます。
 だけど、こんなとんでもないペストですら人類の歴史上、最悪の伝染病ではありません。

・・・

 時は1520年。16世紀の頭ですね。日付もわかっています。3月5日に、スペインの艦隊がメキシコに到着しました。
 この時、アフリカから運ばれてきた奴隷の中に“天然痘”を患っていた男がいました。その奴隷はセンポワランという小さい町で売られて、そこで潜伏期間を終えた天然痘が発症したんです。
 その結果、わずか10日間で、センポワランの町は全滅しました。
 そして、全滅した町から、いろいろな人が逃げた結果、近くの町に次々と天然痘が伝染していったんですよ。で、近くの小さな町も次々と全滅していきました。なにせ、当時のラテンアメリカの誰も、天然痘の免疫というのを持っていなかったんですよ。
 スペインの艦隊は3月5日に上陸したんですけど、半年後の10月には、天然痘は当時のアステカ帝国の首都にまで広がり、それから2か月余りでアステカ帝国の人口の3分の1が死に絶えました。この時、皇帝も死んでしまいました。
 なので、「スペインとの戦争で死んだ」というのに加えて、もう1つ「天然痘との戦いで中部アメリカ文明は滅んだ」と言われています。

 このたった1年間で、当時、2100万人いたと言われているアステカ帝国の人口は、1400万人に減りました。
 さらに、スペイン人が“インフルエンザ”と“はしか”を持ちこんだこともあり、その50年後には人口200万人を切ってしまいました。
 つまり、人口の9割が伝染病で死んだわけですね。

・・・

 しかし、歴史上最悪のパンデミックというのは、実は20世紀に起きたんです。
 それが第一次世界大戦です。フランス北部の“塹壕戦”では、世界中から物資が集まっていました。
http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/4/b/4bec7b2f.png

 塹壕戦ってわかりますか? 第一次世界大戦というのは“機関銃”が生まれた戦争であり、同時に“鉄条網”が生まれた戦争なんですね。
 それまでの戦争というのは「勇敢な騎兵たちがパッカパッカと走って行って、100人とか200人ぐらいが死んだら大被害」みたいなものだったんですけど。第一次世界大戦というのは、世界初の“国家総力戦”であり、おまけに新兵器である鉄条網で、お互いの陣地を守っていたんです。
 その鉄条網を超えようとして、引っかかって怪我をしている兵隊たちを狙って、1秒間に100発ぐらい弾丸を撃てる機関銃をバリバリ撃つ。そんな皆殺しが始まってしまったんです。
 なので、これを避けるために“塹壕”と呼ばれる溝を何十キロも掘って、その中でお互いがじっと我慢して戦っていたんです。「わずか5メートル前進するのに2か月ぐらい掛かり、そこからまた3か月ぐらい掛けて3メートルぐらい後退する」なんて戦いを、4年くらい続けたんですね。
 で、この間、戦場にはいろんな物資が届けられることになります。

 第一次世界大戦というのはヨーロッパでやっていたんですけど、そこに送られる物資は地球全体から集まっていました。
 まず、中東から石油が来て、インド、アメリカ、オーストラリアからは食料や衣服が来ました。南米のアルゼンチンからは牛肉が来て、アフリカのコンゴからは武器とか弾薬に使う銅が、アジアのマレー半島からはゴムが来ました。
 まさに、世界中から戦場に物資が集められたんです。「第一次世界大戦こそ、人類の歴史初のグローバルネットワークの戦争だ」と言われたんですね。
 狭いフランス北部の塹壕の一部に、世界中からの物資がバーっと集中して、さらに、そこで使った空の容器や、それを運んだ人間が、またバーッと世界中に散っていく。
 その結果、この塹壕で流行っていた悪性のインフルエンザ、通称“スペイン風邪”というのが、世界中にばらまかれることになったんです。

・・・

(中略)

 この第一次世界大戦におけるスペイン風邪というのは、今からちょうど100年前の1918年の秋から世界各地で流行り始め、数か月のうちに地球人口の3分の1に伝染しました。
 インドでは全人口の5%が死んで、タヒチでも15%の人が死にました。さっきも話した、砲弾や弾丸の先端に使うための銅を採取していたコンゴにも、この病気は流れていって、コンゴの銅山の労働者の5人に1人が死んでしまいました。
 日本でも、全人口の4割が感染して、総人口の1割が死んでしまいました。これが100年前の出来事です。
 このスペイン風邪は、たった1年で1億人を殺しました。これは当時の世界人口20億人の5%に相当します。

 『アベンジャーズ・インフィニットウォー』というのをみなさん見ましたか? あの映画の中に、「宇宙の人口を半分殺す」という、究極の悪党“サノス”というキャラクターが出てきます。
 こいつは、みんなが思いつくSF映画に出てくる一番悪いキャラクターなんですけども、スペイン風邪というのは、それとほとんど同規模のことを100年前に実際にやっているわけですね。
 この100年前のとんでもない出来事を思うと、『アベンジャーズ・インフィニットウォー』は絵空事ではないなと思いました。地球人口の3分の1に伝染しましたからね。

 ちなみに、「第一次世界大戦は歴史上最悪の戦争」と言われたんですけども、この戦争での死傷者は、5年間で4千万人です。
 この数字は、スペイン風邪が1年間で殺した人数の半分にもなりません。

・・・

 ところが、さっきの飢餓の話と同じように、その後の50年で感染症の発症率も、その影響も、劇的に減りました。
 1979年、世界保健機構WHOは、メキシコを壊滅させた天然痘の根絶を宣言しました。
 その10年前の1969年には、まだ、天然痘で2500万人ぐらい死んでいたんですけど、今世紀に入ってからは、感染した人も死んだ人もゼロです。
 他にも、“SARS”とか、“鳥インフルエンザ”とか、“エボラ出血熱”とか、みんな怖い伝染病の話をいろいろ聞いているじゃないですか? 「パンデミックが起こる!」って、散々脅されてましたよね?
 でも、結局、そういう事態は起こらなかったですよね。
 これらも、発生してから数年の間に押さえつけられて、WHOにより終結宣言が出されています。

 いまだに蚊が媒介する“マラリア”では、年間数百万人が死んでいます。これは事実なんですけど。
 しかし、今や人類の死因のトップ3は“心臓病”と“ガン”と“老衰”なんですよ。
 これまで、心臓病とかガンが死因のトップに上がってこなかったのは「それまでの人間は、そこまで長生きしなかったから」です。もちろん、20世紀に入るまでは餓死と伝染病と戦争がトップ3を占めていたようなものでしたから。
 人類はすでに、長生きし過ぎているから心臓病に掛かるし、ガンが発症するし、老衰になる。現代では、これらが3大死因になってしまうという時代になってしまいました。
 おまけに、2015年にイギリスで発見された“テイクソバクチン”という、まったく新しい抗生物質があります。これは、すさまじく強力な抗生物質で「今現在、地球上に存在するあらゆるバクテリアは、このテイクソバクチンへの耐性を持っていない」と言われています。

 つまり、ここまでをまとめると、「人類にとって、数万年続いていた感染症や伝染病を恐れる時期は、もう終わってしまった」ということなんです。
 すでに我々は、感染症や伝染病で死ぬリスクを、ほとんど考えなくてよくなってしまったんです。

・・・

 では、これまで人類を悩ませてきた問題の3つ目である“戦争”はどうか?
 戦争とは、いつの時代も人類にとっての最大の恐怖でした。日本人は第二次世界大戦が終わってからの70年以上「戦争は何よりも怖い」とか、「人類最悪の罪だ」と教わってきました。僕もそういうふうに教わりました。
 しかし、そんな戦争すらも、第二次世界大戦の後は、どんどん減りつつあるんです。

 これについてハラリは「戦争がなくなった原因の1つは、核兵器による抑止力だ」と言っています。
 この核抑止論というのは、「核兵器を作ってしまったおかげで、一回、戦争を始めちゃったら、地球上すべてを巻き込んだ全滅戦争になってしまうようになった。だから、簡単に戦争を起こせなくなった」という、アメリカ人なんかがよく言う能天気な意見であって、日本人としては「そうか?」って思うんですけども。
 実際にイスラエルに住んでいる人間が言っているんだから、なかなかこれも、腹に来るところがあるんですよね(笑)。
 イスラエルという国が、まだ成立できているのは、核兵器のおかげな気もしますし、リアリティのある言葉だと思います。

・・・

 ハラリの調べによると、古代農耕時代において人間の死因の15%は戦争だったそうです。
 すごいですよね。農耕時代になる前は“組織的な戦争”なんてものはなかったんですけど、農耕を始めると同時に、人は自分の土地を守らなければいけなくなり、大規模な戦争というのが起こるようになった。そして、人間の死因の15%ぐらいは、この戦争や戦いによるものだった、と。

 しかし、20世紀に入ってから、戦争以外のものも全て含めた“暴力”によって死ぬ人というのは、人類の5%になってしまいます。
 さらに、21世紀に入ると、戦争とか犯罪とか全部含めた暴力で死ぬ人の数は、全体の1%になってしまいました。
 古代農耕社会では15%も死んでいたところから、20世紀に入ると5%になり、21世紀に入ったら1%になってしまったんですね。

 2012年の1年間で世界中で死んだ人の数というのは6500万人。その内、暴力で死んだ人は62万人。1%を切っています。
 で、その62万人の内訳としては、戦争で12万人、残りの50万人は犯罪で死んでいます。
 これに対して、自殺した人は80万人。“糖尿病”で死んだ人は150万人と言われています。
 これを指して「いまや、銃の火薬よりも砂糖の方が多くの人を殺している」とハラリは書いています。

・・・

 じゃあ、なぜ戦争はなくなりつつあるのか?
 これについてハラリは、さっき話したような“核抑止”も原因の1つだと言いながら、その他に「世界経済の基盤が“物”であった時代から、“知識”である時代へとシフトしているからだ」と言っています。

 これ、どういうことかというと。かつての富というのは、穀倉地帯とか、鉱脈とか、油田といった“土地”に由来するような資源だったんです。
 こういった土地に由来するような資源というのは、戦争で奪い取れるんです。
 でも、知識というのは戦争では奪い取れない。そして、この知識が、今よりももっと重要な経済基盤になると、戦争で得られるものはどんどん減っていく。
 「今現在、戦争が起こっているのは、中東やアフリカなどの、物とか土地に由来した“古い経済”に縛られた土地に限定されるようになってきた」とハラリは言っています。

 例えば、1998年に、ルワンダはコンゴを侵略しました。20年前のごく最近の話です。
 コンゴを侵略した理由は「“コルタン”というレアメタルの鉱山を奪い取るため」で、この戦いは、第二次コンゴ戦争、あるいは、アフリカ大戦と呼ばれています。
 コルタンとは、スマホを作るためとか、バッテリーの寿命を延ばすためなど、いろいろな使い道がある世界戦略物資です。ルワンダは、この時に奪ったコルタン鉱山で、年間2億ドルの儲けを得ていました。まあ、そのために戦争を始めたんですけども。
 ハラリは「このような戦争が起こるのは、アフリカという土地が、まだ地下資源などの“物”による経済だからだ」と言っています。

・・・

 ハラリは、こういう思考実験をしています。
 例えば、今、中国がアメリカのカリフォルニアに上陸して、シリコンバレーを奪い取ったとしよう。しかし、何も意味はない。アメリカのシリコンバレーを奪ったからと言って、そこには何の資源もない。
 シリコンバレーには富を生み出すシリコンの鉱脈なんかないし、そこでAppleとか、FacebookとかGoogleの本社を奪ったとしても、何の得にもならない。
 中国はそんなことをするよりも、シリコンバレーにあるAppleやMicrosoftと手を組めば、ルワンダがコンゴから奪った鉱山の年間収益である2億ドルを、わずか1日で稼ぐことができる。
 なので、先進国であればあるほど、戦争というのは無意味化する。
 世界が平和になったのは「平和な方が儲かる上に、管理が簡単だから」だ。「平和というのは予想できるけど、戦争というのは予想できないとわかったから」だ、と。
 これについてハラリは、「ドイツのメルセデスベンツ社の年次報告には、来年度はポーランドに侵攻して安い労働力を手に入れよう、なんて書かれていないんですよ」なんて、嬉しそうに書いてるんですけど。キッツい“ユダヤジョーク”ですよね(笑)。

 “戦争を行う予定”なんていうのは、今やどの国のスケジュールにも書いていないんです。
 だけど、実はこれは、20世紀前半までの世界ではありえなかったことなんですね。
 第二次世界大戦が終わるまで、どの国も次の戦争の準備をやっていて、どの国も「こういう兵器の開発が済んだら、そろそろこの国と戦争を始めよう」と当たり前のように考えていたんです。
 それが、「戦争はやって当然」という考え方から、「戦争は避けるべきアクシデント」に変わってきたんです。その理由は「管理ができないから」ですね。
 結果、今や戦争は、中東やアフリカなどの“いまだに戦争が起きる土地だけの現象”になってしまったわけですね。


**************************************

動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive


---------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
http://go.otaking-ex.com/RKjMqiy0

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
---------------------------
岡田斗司夫の毎日メルマガ
---------------------------
また明日!

--------------------------------------------------------------

このメルマガはFREEexのメンバーのサポートでお届けしました。


───────────────────────────────────
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
ライター:ヤムアキ(FREEexメンバー)
───────────────────────────────────


■発行日2018年9月25日 6:00
URL : http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ