中学英語の勉強法(中学1年生)

  • ¥0

    無料

中学1年生のあなた定期テストの成績は順調ですか?学年やクラスの平均点はテストが進むにつれて下がっていきますが、適当に勉強をしていると自分の成績も平均点とともに落ちていくだけです。中間・期末テストから日頃の勉強にも役立つ情報を毎週お届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中学英語の勉強法(中学1年生)
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月30日
 
発行部数
210部
メルマガID
0001169114
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 中学生向け > 英語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  中学英語の勉強法(中学1年生) 第418回 2018.07.30

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★┛


  <目次>

《今回の内容》


1「複数形の解説」

2「編集後記」

______________________________


こんにちは、西川かなめです。


夏休み真っ盛りですね。
私も夏期講習で毎日朝から夜までです。^^


生徒たちも暑い中、
中1、中2生は部活もありますが
夏期講習に来ています。


学校の宿題も少しずつこなしながら
塾からの宿題もこなして毎日頑張っています。


しかし、つらいことだけではないようです。
講習会は毎日のようにあるので、
日頃は一週間に一度の勉強内容を、毎日こなすので
前の日の内容を忘れる前に
次の日にまた触れるので、


これまで断片的で全体として見えていなかったことが、
講習会に参加することで見えてくるようになり、
理解が深まる生徒がたくさん出てきています。


やっぱり苦労の陰には得るものがあるのですね。^^


ということで、
今回も見ていきましょう。


あっ、
あと次回は8月27日になります。
夏期講習中は配信を
ほぼ1か月間お休みさせていただきますので
宜しくお願いいたします。^^ /



<無料で使える英語の勉強のサイト>

中1英語の文法と練習問題
https://chuichi-eigo.info/


中2英語の文法と練習問題
https://chuni-eigo.info/


中3英語の文法と練習問題
https://chu3-eigo.info/


「~中学英語(中1編)~中学英語の勉強法」
https://eigo-gakushu.com/eigo1/index.html


「英語で学年トップをねらう勉強術」
http://gakunentop.client.jp/index.html


「教科書ガイド.com 中学英語 教科書準拠ワーク」
https://kyokasho-guide.com/en2_2.html


___________________________________________________________


【複数形とは】



さて今回は「複数形」というものについて説明をしていきます。
まずは『複数』という言葉から確認していきましょう。



「複数」というのは「単数」に対する言葉で、「2つ以上」の場合
に使います。これだけで分かると思いますが例を挙げると、



例)

1人の人 ← 単数
2人の人 ← 複数
3人の人 ← 複数 以後すべて複数


1台の車 ← 単数
2台の車 ← 複数
3台の車 ← 複数 以後すべて複数



このように1つを単数、2つ以上を複数と言います。



【複数のときのルール】


ではこの複数が何なのか?
実は日本語と違って英語では単数と複数で言い方を変えるルールが
あるのです。



日本語ではそんなことはしませんよね。



上の例でも「1台の車」「2台の車」「3台の車」のように数を増や
していっただけでした。しかし英語では次のように言います。



「a car」「two cars」「three cars」



よく見ると複数の場合には「car」の後ろに「s」がついて「cars」
となっていますね。



また


「1つの箱」→「a box」

「2つの箱」→「two boxes」

「3つの箱」→「three boxes」


のように「es」をつける場合もあります。




このように複数のときには「s」や「es」をつけるというルールが
あるのです。



ここまでで「英語では複数の時にはsやesがつく」ということまで
分かったと思いますが、sやesをどうやって使い分けるのかがまだ
分からないですよね。



それでは次に「s」をつける場合と「es」をつける場合などの複数
形の作り方を説明していきましょう。



【複数形の作り方】


ここまでで


・英語では単数と複数で使い分けをする。

・複数の時にはsやesをつける。


ということまで分かったと思いますので、次にsやesのつけ方を説
明していきましょう。



<複数形のsやesのつけ方>

1. 普通にsをつける。
   例)book → books

2. s,o,x,sh,chで終わる場合はesをつける。
   例)bus → buses

3.「子音字 + y」で終わる時にはyをiに変えてesをつける。
   例)library → libraries

4.f,feで終わる語はveに変えてesをつける。
   例)knife → knives


例外)

形が不規則に変わるもの。
   man → men, woman → women, child → children

形が変わらないもの。
   fish(魚) → fish, sheep(羊) → sheep



このようなルールがあります。
いっぺんに見ると難しく感じると思いますが、一つずつ見ていけば
そうでもなくなるでしょう。



3番目の「子音字」というのは「母音(a,i,u,e,o)以外のアルファベ
ット」ということです。



その子音字の後ろに「y」がついている場合は、そのyをiに変えて
esをつけるということです。



まずは上の4つのルールを覚えてください。そして次に例外の2つ
です。



例外に関しては余裕がなければ最初は「形が不規則に変わるもの」
だけでも良いです。



このように英語では単数と複数で単語の形を変えるというルールが
あることをしっかり覚えておきましょう。



今回はここまでです。
次回は「複数形の練習問題」をしていきます。



「~中学英語(中1編)~中学英語の勉強法」
https://eigo-gakushu.com/eigo1/index.html


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■


【編集後記】


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。


先週の金曜日には台風が関東地方に接近しました。
ふつうはそういう時でも休みにすることはないのですが、
今回は別の日に振り替えることができるので、
中学2年生のクラスを休みにしました。


すると…


生徒が来る時間には何とも穏やかな状態に(’・ω・`)


雨も風もやみ、
平和な状態になっていました。
もちろん、だからといって急遽撤回などできませんので、
私も早く帰ることに。


まぁこんなこともあるでしょう。(> <)
でも安全策をとって悪いことはないので
良しとします。



次回は「複数形の練習問題」をしていきます。


それではまたお会いしましょう。
See you next time.


西川カナメ



____________________________

メールマガジン「中学英語の勉強法(中学1年)」

☆発行責任者:西川カナメ
☆公式サイト:http://www.eigo-gakushu.com/
☆登録と解除:http://www.mag2.com/m/0001169114.html
☆問い合わせ:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P68414048
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ