中学・高校生になってもやめない!思春期ピアノレッスンサポートメルマガ

  • ¥0

    無料

部活に勉強に、多忙な小学校高学年~高校生時代。小さい頃から続けてきたピアノをどうするか、迷う時期でもあります。両立の秘訣、ピアノがもたらす効果など、「思春期」にスポットを当てたピアノレッスンを考えるメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中学・高校生になってもやめない!思春期ピアノレッスンサポートメルマガ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年11月07日
 
発行部数
119部
メルマガID
0001216976
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。愛知県あま市のピアノ教室「ぴあのすく~るSan's」の中塚です。
このメルマガでは、小学校高学年~高校生までの「ピアノを習う子ども」をお持ちの
保護者様や、思春期の生徒さんを担当するピアノの先生、また生徒さんに向けて、
「ピアノを習い続けてよかった!」といえる取り組み方について、お役に立つような
記事を提供していければ、と思っています。




,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,


 うちの下の娘が中学生になってから、上の娘の頃と比較していろいろ違うなぁと感じることが出て来ました。

 教室には、下の娘の先輩にあたる同じ中学の子が通ってきています。

 中学へ入る時点で、二人共やめる選択肢はないと聞いていましたが、しばしば困ったことが起こりました。



  **・‥…―━━━―…‥・*・‥…―━━━―…‥・**
  :  どうしてこんなに試合の日程が        :
  │           ギリギリなのか      │
  :                        :
  **・‥…―━━━―…‥・*・‥…―━━━―…‥・**


  先輩ちゃんは、1年生の部活選択で「運動系」の部活を選択しました。

  連絡はお母様とメールでやり取りすることが多いのですが、しばしば、お母様から緊急メールが来るようになりました。


  「先生夜分遅く申し訳ありません。明日試合が急に入って、レッスンに行けなくなってしまいました」


  生徒さん本人に聞いても、「金曜日の部活で急に言われる(レッスン日は当時土曜日)」と、困惑していました。
  お母様と学校で会ったときも「急にお弁当がいるって言われて困るんですよねぇ」と頭を抱えておられました。


  下の娘の部活は吹奏楽部で、月間予定表をもらっていますが、時々変更が入ります。
  個人レッスンの先生(外部講師)のスケジュール、他校との合同練習、イベント、などです。

  先輩ちゃんお母様と話をしたり、同じようにお子さんが運動部に入っている先生友達に事情を聞いてみたら、

  「学校の試合場所の調整ができなくて急に試合が決まることが、運動系だとままある」

  のだそうです。

   先輩ちゃんは2年生まで、私の空き時間がたまたまあり、先輩ちゃんが振替でレッスンできる時間に振替していました。
   お母様から「続けられたのは、先生が臨機応変な対応をしてくださったおかげです」と言われました。
   

   多くの生徒は、ピアノが一番ではなく、ピアノと部活が同列一位だったり、部活が優先の時期があったりします。
   そんな時どうするか。

    月謝を払っている親としては、「こんなに休まなければならないなら、やめたほうがいいのでは」 と思うかも。

  でも、同時に複数の仕事をこなさなければならないことってありますよね。仕事と子育てとか。そういう時どうしますか?
  仕事、やめますか?やめて生活できるならそうするでしょう?
  育児、やめますか?自分がやめたら外注する必要があります。

  そこまで深刻な選択じゃないけれど、中学・高校で「優先順位は入れ替わっても並行する」経験って良いと思いますよ。


  今年は書きたいネタはあってもまとまらず、こんな時期になってしまいました。
  不定期発行ですが、気長にお待ち頂いている方のために有益な記事を書けるようにしたいと思います。

  ただいま、「小5以上でピアノをどうしようか迷っている方」や「中学・高校で我が子がいきなりピアノを習いたいと
  言い出した」方のご質問を募集しています。
  質問者の方のお名前は匿名(HNあれば明記ください)、メルマガで公開可能なご相談や、一部掲載など、内容に合わせて
  掲載します。ご相談ある方どうぞ。 

  ☆おたよりはこちらへ http://form.mag2.com/jeanailouc



 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 中学・高校生になってもやめない!思春期ピアノレッスンサポートメルマガ
 ☆発行者:中塚 三貴子(ぴあのすく~るSan's)
  教室サイト http://pianoschool-sans.com
 ☆おたよりはこちらへ http://form.mag2.com/jeanailouc
 ☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ☆配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000264392.html
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 Copyright 2010 Pianoschool-sans all rights reserved.

 無断転載を禁じます。

 メルマガのお友達・お知り合いの方へのご紹介は大歓迎です!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ