渡辺喜太郎
ID: 0001304710

麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
渡辺喜太郎
  • 独占インタビュー
¥324(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001304710

麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻布自動車グループ「麻布総研株式会社」会長の渡辺喜太郎です。第二次世界大戦で両親を失い、戦争孤児としてゼロからスタートした私は、麻布自動車、麻布建物という二つの会社をメインに経営し、雑誌フォーブスで世界第6位の富豪と紹介されましたが、バブルの崩壊とともに逮捕もされ資産はゼロに。しかし今はすべての整理がつき、もう一回再起しようということで日々頑張っています。

著者プロフィール

渡辺喜太郎

戦災孤児から、足利での丁稚奉公を経て、22歳で自動車販売会社を設立し、中古車、高級外車の販売、不動産で成功する。 最盛期にはハワイに6つの高級ホテル(部屋数5500室)、港区に165ケ所の土地  建物、栃木県に27ホール・ホテル温泉付きゴルフ場・「喜連川カントリー倶楽部」を所有した。 資産55億ドルとして世界6番目の富豪となるまで上り詰めたが、バブルの崩壊によって一転経営していた麻布グループは業績が悪化、債務超過に陥った。 以降、RCC(整理回収機構)等の過酷な債権取立てを相手に所有資産の処分による債務整理を進めて、ようやく整理を完了した。

サンプル号
2011/7/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.1

─────────────────────────
■今週の目次
1.ご挨拶
2.誰が日本をダメにした!?渡辺喜太郎。政財界を撃つ!
3.喜太郎丁稚伝 私はこうして成功した!
4.海にまつわるエトセトラ
5.Q&A
─────────────────────────

●ご挨拶


麻布自動車グループ「麻布総研株式会社」会長の渡辺喜太郎です。今年77歳に
なりました。第二次世界大戦で両親を失い、戦争孤児としてゼロからスタート
した私は、麻布自動車、麻布建物という二つの会社をメインに経営し、雑誌フ
ォーブスで世界第6位の富豪と紹介されましたが、バブルの崩壊とともに逮捕
もされ資産はゼロに。しかし今はすべての整理がつき、もう一回再起しようと
いうことで日々頑張っています。

そんな中、ついこの間堀江貴文くんに会う機会がありました。私は海が大好き
で船に乗るのですが、堀江くんは飛行機派だそうです。そのわけを聞いたとこ
ろ、「船は乗り込むときにマスコミに嗅ぎつけられてワッと来ちゃうから、女
の子が怖がって一緒に乗ってくれない、飛行機だと空港の裏口からでもパッと
入って自家用機に乗り込んじゃえばそれでOK」だからだそうです。

彼とは獄中の話題で盛り上がりました。堀江くんが出てきたら、獄中体験対談
でもしてみたいものです。


──────────

●誰が日本をダメにした!? 渡辺喜太郎。政財界を撃つ!


不景気の原因を作った政財界の三悪人

日本が不景気に陥ってからもう長いこと経ちますが、すべての原因は国が土地
の値段を無理矢理下げてしまったからなんです。バブルだって、自然にしてい
ればじきに落ち着いたはずです。それを、役人や政治家、マスコミが"やっか
み"でつぶしにかかった。私もそのせいで会社が立ちいかなくなってしまいま
した。

国が「土地を無理矢理下げる」ことを計画しているのを知ったのは、私が経営
していた麻布建物のビルの新築パーティの時のことでした。参加者の中に国土
庁の事務次官だった的場順三さんという方がいたのですが、彼が帰りがけ、見
送りに出た私にこう言ったのです。
「ナベさんさ、政府は日本の土地の値段を半分に下げちゃうらしいから、早く
売っちゃったほうがいいよ。もう決まりだから」
驚きました。そんなことしたら、絶対に日本はダメになる。でもそれを本当に
やってしまった。
その後はご存じの通り、現在まで深刻な不景気が続いています。元をたどれば、
バブルを無理矢理つぶしたことが原因です。

はっきり言いましょう、そんな馬鹿な政策を推し進め、ここまで日本をダメに
したのは、宮澤喜一・橋本龍太郎の両元総理大臣と、当時の日銀総裁の三重野
康の三人。この三悪人が強権をふるって日本経済をぶち壊してしまいました。

とにかく日本は政治家も役人もダメなやつばかりです。もちろん、きちんと国
のことを考え身を粉にして働いている人だっています。でも、ほとんどがどう
にもならない人間ばかり。次回は、とある大企業のトップに圧力をかけてきた
元首相のことについて書こうと思っていますのでお楽しみに。


──────────

●喜太郎丁稚伝 私はこうして成功した!


「ご挨拶」にも書きましたが、東京大空襲で両親を失い戦争孤児となった私は、
小学校5年で織物工場に丁稚奉公に出ました。よく、「苦労されたんですね」
と聞かれるのですが、この丁稚時代の経験がその後の商売の成功もとになって
いるのです。皆さんのお役にたつと信じて、私が丁稚時代に身につけた「商売
成功のコツ」を綴っていきたいと思います。

当時の丁稚奉公というのは、月のお小遣いが100円。ラーメン1杯30円の時代
に、もらえるお金はそれだけです。しかも休みは第1・3日曜、月に二回だけ
です。

織物工場での私の仕事は、ご主人の孫の子守、掃除や工場の手伝いで、それは
もう朝早くから懸命に働きました。昔のドラマに「おしん」なんてものがあり
ましたが、あんなものじゃありません。夜明け前に起きて一通り掃除をすませ、
5時半には工場で始業の準備、三度の食事で30分ずつ休むだけで、夜中まで子
守や工場の手伝い。寝る間もなく働きました。でも、あんまり辛いとは思いま
せんでした。早くご主人に認められて、商売を覚えたい。そう思えば苦労だな
んて思いませんでした。

休みの日も、朝から遊びに行ってしまうとご主人はいい顔しない。そこで私は
ちょっと頭を使いました。朝から子守をしながら、主人の部屋から見える裏の
畑で麦踏みをして、それから肥担ぎして、お昼ごろまで一生懸命働くんです。
それから遊びに行きますと言えば、ご主人はニコニコです。休みは半日になっ
てしまいますが、これですべてがうまくいく。

さらにご主人が、「うちの喜太郎はよく働く、よくできる」と近所に触れ回っ
てくれたおかげで、方々からお手伝いの依頼が舞い込むようになりました。も
ちろんお金はいただきませんが、おなか一杯食べ物をいただけたのでラッキー
です。

そして、お手伝いをしたお家の方から、「お宅の喜太郎さんのお蔭で助かった、
ご主人はいい丁稚さんを抱えられて幸せですね」なんてお礼が舞い込むと、ご
主人の中での私の評価がガンガン上がります。そんな"いいサイクル"の繰り返
しで、徐々に重要な仕事も任されるようになってきたのです。

今の若い方はきつい仕事をやりたがらず、自分の権利ばかりを主張する人が多
いと聞きます。もちろんそれがすべて間違っているとは言いませんが、人がや
りたがらない仕事を進んでやり、先ほど書いた私の休日の使い方のような気持
で、権利の主張を少しだけ抑えれば、その人はきっとどんな世界でものし上が
れると思います。私がそうだったので間違いありません。

次回以降は、金もコネもなかった私がどうやって世界第6位まで上りつめたの
か、その方法をすべて書いていきたいと思います。


──────────

●海にまつわるエトセトラ


とにかく海が大好きな私は、これまで10隻のボートを乗り継いできました。今
載っているのは60フィート(18メートル)で20人ほどが乗れるものです。

私は船を通じてたくさんの人と知り合いにもなれました。政財界はもちろん、
芸能人もたくさんいます。このコーナーでは、そんな人たちとの交遊録や、海
で遊ぶときのルールなどを書いていこうと思います。

最近は"山ガール"なんてものが流行っているらしいですね。健康のためには山
もいいとは思うのですが…。知り合いで登山が趣味の男がいるんですが、彼が
山できれいな女性と知り合ったらしいんです。そのあともデートを重ねている
のですが、待ち合わせ場所が山小屋だと。なんだか山賊っぽいな、なんて思っ
てしまいました(笑)。

海にはロマンがあります。堀江貴文くんも飛行機ばかりじゃなくて船を持つよ
うになったら、もっとロマンティックな人間になれるのでは?こんなこと言っ
ては失礼ですね。

もう一つ言うと、船に乗って海に出れば、招待した女の子たちはかならず水着
になりますよね。僕は彼女たちのためにお食事やお酒を用意したり、ジェット
スキーで遊ばせてあげたりするのが楽しみなんだけど、その代りみんなの水着
見させてもらっています。

ただ、船の上では絶対に口説くなんてことはしません。女性には逃げ場がない
わけですから、これは卑怯者がやることです。それじゃまるで海賊船です。第
一、「あの船に乗ったら渡辺に言い寄られる」なんてことになったら、誰も遊
びに来てくれなくなってしまいますし(笑)。

昔、神奈川県の逗子マリーナにボートを係留していたのですが、あそこは観光
地にもなっていましたから、女の子がたくさん来ていました。その女の子たち
を片っ端から船に乗っけておかしなことをしていた輩がいるのですが、結局捕
まって懲役7年の実刑判決を受けました。捕まる捕まらないは別として、船の
上で口説くのは絶対にダメ。それが船に乗る者としての最低限のルールです。
これを覚えておくと、今後船に乗る機会が訪れた時、スマートな人間として歓
迎されますよ。

もちろん知り合う分には構いません。陸に上がってから好きなだけ口説いてく
ださい。


──────────

●Q&A


皆様から頂いたご質問にお答えしていきます。

Q1.世界中を飛び回っていた渡辺さんですが、ご家族から不満をぶつけられた
ことは?

全然関係ないですね、私は自分の主義で動いているから、家族の言うことなん
て聞きません(笑)。実はこの歳になっても夫婦喧嘩みたいなこと、します。
この間も私の前に孫を並べて、「こんなワルになったらだめよ」なんて言うも
のですから、頭にきて1週間くらい口をききませんでした。1週間くらいたつと、
相手が口をきいてきて終戦です。でも、まわりの方々は、「あの奥さんあって
の渡辺さん」だなんて言うのですが…。


Q2.今お金が借りられるとなったら、以前のように土地は買いますか?

いちばん値段が下がっている今は買い時です。だから中国人が日本の土地をバ
ンバン買っているじゃないですか。だけど、いくら買われてもいいと思ってい
ます。土地は持って帰れませんから。私がアメリカのホテルなどを買った時も、
現地の人たちは「どうぞどうぞ」と言っていたくらいです。
私としては今が買い時だと思っていますし、お金があったら買います。


================================================
★メルマガ登録すると直接渡辺会長へご質問いただけます。
================================================
ID: 0001304710

麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ

このメルマガはバックナンバーのみ販売しております。
渡辺喜太郎
¥324(税込)/月
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2013/10/25 麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.49
2013/10/10 麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.48
2013/09/25 麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.47
2013/09/10 麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.46
2013/08/25 麻布自動車グループ渡辺喜太郎のメルマガ vol.45
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧