でるとこ攻略日本史メルマガ

  • ¥0

    無料

予備校講師 石黒拡親が「受験日本史」を徹底分析!過去20年分の入試問題をデータ化しているからこそわかる、受験対策のいろはや高得点獲得のための勉強法を指南します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
でるとこ攻略日本史メルマガ
発行周期
毎週水・土曜日発行
最終発行日
2018年12月08日
 
発行部数
265部
メルマガID
0001335893
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 大学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇━━━━━━◇◆

 予備校講師 石黒拡親の
 でるとこ攻略日本史メルマガ
 第641号

 毎週水・土曜日発行
 http://www.derutoko.com/

◆◇━━━2018/12/8


■緊張する人

授業では時々「本番に弱い人」についての話をします。
緊張して実力が発揮できないというのは非常にもったいないことです。
そして、授業を受けている生徒のみなさんを見ていると、
「彼女は精神的に強くて心配ないな」とか、
「彼は精神的に弱くてやばいかもなあ」などと思うんです。
会話などしたことがなくても、表情やしぐさにそれは現れますから。

で、ある時、その話をしていて特定の生徒と目が合ってしまい、
「本番に弱くない?」なんてことを言ってしまったのです。
ちょっと悪かったかなと思って、授業後に謝ったのですが、その彼からメールをいただきました。

<Xさん>
先程授業で緊張しちゃう人という問いかけで目が合い、先生に謝っていただいたのですが、そのことに関しては全く気にしていません。
というより、むしろ先生の洞察力の凄さにびっくりさせられました。

私的な話で申し訳ないのですが、僕は家庭的な事情もあり、今まで自分の思いを人にぶつけたり、親に反発するといったこともなく今に至ったせいか、自分が非常に精神的に弱い人間であることを実感しています。
自分が悲観的である印象を与えてしまったかもしれませんが、自分は日々、自己改革を心がけ、向上心を忘れずに、石黒先生を信じ、謙虚な気持ちで勉強に取り組んでいます。
入試は結局は自分自身との勝負であることもわかっているので、今後はこうした精神的弱さに負けず、勉強量で自信をつけていこうと思います。
今日の石黒先生の授業での一言が自分をもう一度振り返るきっかけとなりました。
どうもありがとうございました。

<石黒>
君の年齢で、自分を「精神的に弱い」と自覚しているのは、なかなかすごいと思います。
でも、まだまだこれから学生を4年間もやるわけですから、そこで十分変われると思いますよ。
大海を知れば、井戸の中で緊張していた自分が、ばかばかしく思えることもあるはずです。
高い視点からものを見たり、自分を客観的に見たりすることは、緊張をおさえる効果があります。
その一方で、効率の高い勉強を大量にしておくことが、自分を支える自信になります。


その後、センター試験が終わってから、別の方から反響をいただきました。

<Mさん>
緊張する人の記事を読んで、すっごいあの人の気持ちが分かるような気がします。
私は末っ子で甘やかされて育ったので精神が鍛えられてなくてm(__)m
私は1回模試で緊張でトイレに行きたくなって途中退室してしまったんです。
それからかなり落ち込んで時々日本史の授業の時も行きたくなりましたけどふんばりました。笑
でもあのブログを見てこんなんじゃダメだって思いました!
緊張する人、お互い頑張りましょうね☆

<石黒>
緊張しないための対策は、緊張が吹き飛ぶほど勉強することじゃないでしょうか。
納得がいくほどたくさん勉強して、試験当日も集中していれば、緊張する余裕もなくなると思います。
あとは、Mさんを勇気づける魔法のアイテムがあるといいのですが…。


僕の身近にひどく緊張する人がいます。
ふだんはとてもそんな感じに見えない人なんですが、実は極度に「あがっちゃう」人だってことを知って驚きました。
彼女の中学の卒業式で、卒業生代表になったんだそうです。
ところが、緊張のあまり、「歩く時に手と足が一緒に動いちゃって……」と言うんですよ。
それも、本番だけかと思ったら、練習の時からそうだったらしいです。
「周りの人が笑ったでしょ?」と聞いてみたら、笑われるどころか、先生にマイクで、
「××さんっ、手と足が一緒になってます!」と言われちゃったそうです。
それでも、どうしても直せないって、ありえないよ……。

僕も何かの式典で代表者になったことがありました。
ほかに、バンドのライブで緊張したことはあります。
でも、振り返ってみると、基本的に自信のない場面で緊張するんです。
逆に自信がある時には、余裕な気持ちでいられるんでしょう。
もちろん、第一志望の大学を「自信持って」受験できる人なんて、めったにいないと思います。
ならば、全力をつくして、悟りの境地にまで達したところで、本番に向かったらどうでしょう。
「これだけやったんだから、それでダメならあきらめる」
それくらいの境地に達してほしいものです。


□■ 関連ブログ記事 ■□
逆境を愉しむ
 http://www.derutoko.com/blog/20060119/010115
追い上げ力が問われる直前期
 http://www.derutoko.com/blog/20140125/000039
覚えるモノを絞り込もうとする人
 http://www.derutoko.com/blog/20080128/001232
本気のラストスパート
 http://www.derutoko.com/blog/20060203/000140


◆◇━━━━━━◇◆

「でるとこ攻略日本史メルマガ」

◇発行者:石黒 拡親

◇お問い合わせ:mailmaga@derutoko.com
※メールの件名(Subject)に、必ず氏名を明記してください。
※携帯のアドレスをご利用の方は、指定受信リストへinfo@derutoko.comを登録してください。
 登録方法 http://www.derutoko.com/mobile/mailsetting.html
※いただいたメールは、メルマガやブログで紹介させていただくことがあります。
 (お名前はイニシャルにさせていただきます。)

◆公式サイト:http://www.derutoko.com/
◆ブログ:http://www.derutoko.com/blog/
◆Facebook:http://www.facebook.com/derutoko

Copyright(C) 2018 石黒拡親 All Rights Reserved

◆◇━━━━━━◇◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ