問題・建設業経理士2級

  • ¥0

    無料

建設業経理士2級の合格を勝ち取るには、とにかく問題を数多くこなすことが一番だと私たちは考えています。 繰り返し、何度も問題を解くことをお勧めします。 最初は分からなくても問題ありません。 繰り返すうちに頭に入り、解答が見えてきます。 継続することが一番です。 そして、100点をとる必要はありません。 合格ラインを突破すれば良いのです。 建設業経理士2級に一発で合格できるよう応援します。 毎月第一月曜日に発行します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
問題・建設業経理士2級
発行周期
月刊
最終発行日
2019年03月04日
 
発行部数
97部
メルマガID
0001348450
形式
PC向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 簿記

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2019.3.4号

建設業経理士2級の合格を勝ち取るためには、

とにかく、問題を数多くこなすことが一番だと

私たちは考えています。


繰り返し、問題を解き、間違った問題は特に復習

しましょう。


特に、基本は仕訳です。仕訳を重点的に問題を

提供し、誰もがわかり易い解説をしてまいります。

受験生の皆様が、見事一発で合格するよう応援します。

------------------------------------------- 

【問題】次の( )に入る正しい金額を計算しなさい。

  支店独立会計制度を採用している場合、決算にあたり本店の支店

 勘定残高が( )、支店の本店勘定残高が\170,000であった。

 その差異の原因が本店から支店への送金\50,000、支店による本店の

 完成工事未収入金の回収額\40,000が未達であることが判明した。


【解答・解説】

  180,000

  170,000+50,000=220,000

  220,000 - 40,000 = 180,000



【問題】次の( )に入る正しい金額を計算しなさい。

  ×1年4月1日、額面\1,000,000の社債(償還日は×4年3月31日、表題利子

 等は年3%利払日9月及び3月の末日の年2回)を@\99.1で発行し、×3年8月1日

 これを裸相場@\98.3で買入償還した場合の社債償還益は( )である。

 なお、償却原価法は定額法によっており、会計期間は3月末日を決算日とす

 る1年である。

 
【解答・解説】

  15,000

  1,000,000×0.991 = 991,000

  9,000÷3年=3,000

  3,000×4/12=1,000

  買入償還日の帳簿価額\998,000

  1,000,000×0.983=983,000

  998,000 - 983,000 = 15,000



【問題】次の( )に入る正しい金額を計算しなさい。

  工事進行基準によって収益を認識している商業ビル建設の請負工事(当期

 中に着工)の請負価額が\80,000,000、見積総工事原価が( )、当期の実際

 原価が\15,000,000の場合、当期の完成工事高は\30,000,000である。
 

【解答・解説】

  40,000,000

  30,000,000÷80,000,000 = 0.375

  15,000,000÷0.375 = 40,000,000



【問題】次の( )に入る正しい金額を計算しなさい。

  機械装置A(取得原価\3,600,000、耐用年数9年、残存価額ゼロ)及び

 機械装置B(取得原価\2,000,000、耐用年数5年、残存価額ゼロ)につき、

 総合償却法で減価償却費の計算(定額法)を行う場合、加重平均法で計算

 した平均耐用年数は( )年である。


【解答・解説】

  7年

  3,600,000÷9年=400,000

  2,000,000÷5年=400,000

  (3,000,000+2,000,000)÷(400,000+400,000)=7


------------------------------------------

 【問題・建設業経理士2級】

      共栄工業株式会社ソリューション部

------------------------------------------

有料版  毎週発行 5問×4週=20問以上発行

配信はこちら http://www.mag2.com/m/0001333252.html

     


   【建設業経理士2級合格への近道】

   ~~あなたを応援いたします~~


       共栄工業株式会社ソリューション部

-------------------------------


 共栄工業株式会社

 〒635-0033 奈良県大和高田市南今里町8-30

  Tel 0745-53-1501 Fax 0745-53-1505
 
 杉野(担当責任者)メール eco@kyouei-co.com
  URL:http://jv-kensetu-kaikei.com

---------------------------------------------------------

問題・建設業経理士2級

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001348450.html

---------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ