車の修理屋たけしくん

  • ¥0

    無料

自動車の本来の性能を引き出す調律師です。明らかに調子がおかしいのに「こんなものです」で片付けられていませんか?適切に整備された車はとても調子がよく、一般的に考えられているよりずっと長寿命なんですよ。メルマガ版ではブログに書かない自動車運転技術についても紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
車の修理屋たけしくん
発行周期
週刊
最終発行日
2018年09月15日
 
発行部数
564部
メルマガID
0001391572
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
クルマ・バイク > クルマ > パーツ・チューニング・メンテナンス

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://takeshi-kun.com/

◆ メルマガ版 「車の修理屋たけしくん」 第49号 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは。



車の修理屋たけしくんです。



今回は第49号


『あなたは暖機運転してますか?』


です。


近頃の自動車は暖機運転しなくてもいいとか、最近の新車は慣らし運転が要らないとか、自動車の深部に触れている僕は、どうしてそんな乱暴な噂が出てくるのか不思議に思うことがあります。

エンジン稼働の電子制御が進歩して燃調がきめ細かくなり、冷機時と暖機時でエンジンのフィーリングにほとんど差異を感じなくなりました。

いつどんな時でも簡単に始動し、よく走る自動車に乗ると、暖機などしなくてもいいんじゃないかと思うのは無理のないことなのかもしれません。


確かに、エンジンを始め、各構成パーツの精度は、以前に比較して著しく向上したと思います。

しかし、精度がいくら向上したとしても、物理現象とエンジンの基本設計は不変です。


例えば、アルミニウム合金製のエンジンのピストン。

円筒形のように見える形状ですが、燃焼ガスに晒されるピストン上部と、そうでないピストン下部では熱膨張の量が違うため上部より下部のほうが外径が大きく作られています。

エンジンの温度が安定するところで、広めに取られたクリアランスが適正になるように設計されているのは、今も昔も変わりません。


ピストンとシリンダのクリアランスが広い状態でエンジンに負荷をかけると、ブローバイガス(燃焼室の機密を担うピストンリングからの燃焼ガスの吹き抜け)の増加でエンジンオイルの劣化が加速します。シリンダ壁に残ったエンジンオイルの掻き落としも十分に行われず、エンジンオイル消費も大きくなるかもしれません。

また、ピストンの上下運動の過程では、冷機時のクリアランスが広い時、負荷が掛かるとシリンダ側面にピストンが過度に接触したり、動きに滑らかさがなくなるイメージがお分かりいただけるかと思います。

エンジンにはピストンの他にも、熱膨張の差でクリアランスが変化する場所がありますので、設計上安定した温度で稼働させるのが理想なのです。


かと言って、水温が安定に達するまでの長時間アイドリングは必要ないと思っています。

近頃は、信号待ちで停車している僅かなアイドリングも止めて、燃料の節約をしようという環境配慮の動向がありますし、

駐車場所によっては、騒音・排出ガスの近隣への配慮も必要でしょう。


だから、暖かい時期だと1分、寒い時期でも2~3分程度の暖機で十分と思います。

周辺環境が許すなら水温計の針が動き出すまで、もしくは、低水温のランプが消灯するまで、暖機アイドリングできればベストです。


エンジンの暖機はそれでいいとして、他の機械機構はどうでしょう。

例えば、変速機(トランスミッション)の温度上昇はエンジンと比較して緩慢です。

さらに、サスペンションのショックアブソーバ内部のオイルや、ラバーブッシュなどは、温度が安定するまでもっと時間がかかるかもしれません。

エンジンの暖機が終了したからと、いきなり勢いよく走りだすのは、機械各部からみてあまりよい操作だとは言えないのです。



そんなことしなくても、私のクルマは10万キロ調子よく走ったよという反論があるかもしれません。

しかしそれは、機械が発揮する本当の調子よい状態ではなかったかもしれませんし、走行距離20万キロを超えて、新車の時より調子よく走っているクルマが存在するのも事実です。


そんなクルマを見ていると、「暖機運転をするかしないか」といった、クルマとの接し方をマニュアル的、局所的に励行するのが重要なのではなく、オーナーの気遣いや思いやり、もっというと注いだ愛情に、クルマという機械が素直に応えたという結果なんだなと感じるのです。




《第49号「あなたは暖機運転してますか?」おわり》



それでは、次号をお楽しみに。最後までお読み頂きありがとうございました。



メルマガ版「車の修理屋たけしくん」バックナンバーのお申し込みは→ http://takeshi-kun.com/mailmag_backnumber/

ブログを見る→ http://takeshi-kun.com/

メルマガ配信の登録・解除は→ http://www.mag2.com/m/0001391572.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 制作者  :車の修理屋たけしくん

   Webサイト :http://takeshi-kun.com/


Copyright ( C ) 2006-2018 ITS All rights reserved.

  ※ 無断複製・転載固く禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ