TA WEEKLY 対人コミュニケーションの心理学“交流分析”を通して心に癒しと希望を!

  • ¥0

    無料

「NPO法人日本交流分析協会関東支部」公式メールマガジンです。わかりやすい実践的心理学「交流分析(TA)」の情報をお届けします。仕事・家庭・学校すべての人間関係の基本となるコミュニケーションの能力をアップするヒントが見つかるはずです。はじめて心理学にふれる方、すでに学んでもっと活用する方法を探っている方、ともに先へ進む道を照らす灯台となるでしょう。「TA WEEKLY」は会員の皆様の情報プラットフォームにもなっています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TA WEEKLY 対人コミュニケーションの心理学“交流分析”を通して心に癒しと希望を!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月19日
 
発行部数
633部
メルマガID
0001391730
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > その他の資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■ TA WEEKLY 2018/7/19 No.160 ■□■

NPO法人 日本交流分析協会関東支部が発行しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■//■/// TA WEEKLY 2018/7/19 No.160
//■///■/■// (毎月2回発行予定)
//■//■///■/
//■//■///■/   http://www.ta-kanto.com/
//■//■■■■■/    
//■//■///■/ 人間関係能力アップのヒントが見つかる
         対人コミュニケーションの心理学『交流分析』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆ 今号の目次 ☆☆☆

■HOT NEWS
■今号の講座・研修会情報
■TOPICS「Stroke Economy」
■関東支部会員の皆さまへ

…………………………………………………………………………………………

■HOT NEWS

・指導会員の皆様へ
 本部より『「TAカレッジ」運営要領のご案内と講師登録のお願い』が近日中に発送されます。
 講座開設をお考えの方は必ずご確認ください。
 内容についてのお問い合わせは 本部 03-5282-1565
 
・資格取得講座聴講について
 テキスト改訂やステップアップで再学習をお考えの方は聴講制度をご利用ください。
 ホームページでカリキュラムをご確認いただき、ご希望科目をお選びいただけます。
 〇受講できる講座
  2級の方:2級講座
  1級・指導会員の方:2級、1級講座
 〇受講料 半日:3.000円、1日:5.000円
 〇お申込み 受講料をお振込みの上、ホームページ内「会員のページ」の申込用紙を送信してください。
 〇締切:各講座の締切日と同じです。
 ※申込用紙は7月24日以降ホームページにアップ予定です。
  (そのため「2級夏期講座」のみ8月3日締切です)
 ※新テキスト購入方法は「メルマガ155号(2018年4月19日配信)をご覧ください。
 ※受講票は発行しませんので、申込用紙を保管してください。
  
…………………………………………………………………………………………

■今号の講座・研修会情報

☆☆ 主催 関東支部 ☆☆
TEL:03(3295)6511 FAX:03(3295)6521
お申込み:http://www.ta-kanto.com/application.html

1「インストラクター定例会」(1p)
・日時 8/5(日)10:00~16:00
・場所 ちよだプラットフォーム5階
・講師 金沢治子インストラクター
・テーマ ストローク
・対象 指導会員
・受講料 2.000円 
・講座コード 411
・詳細 http://www.ta-kanto.com/chirasi/2018teirei.pdf

2「交流分析士2級夏期講座」★夏休み利用の集中コース
・期間 8/10~8/19 全6回
・場所 ちよだプラットフォーム
・受講料 57.780円(テキスト代含む)
・講座コード 202
・詳細 http://www.ta-kanto.com/class2.html

3神奈川県「交流分析紹介講座」参加費無料
・日時 8/12(日)14:00~16:00
・場所 茅ヶ崎市勤労市民会館
・対象 心理学に興味のある方、初心者の方
・詳細 http://www.ta-kanto.com/start.html

4「活動報告集の書き方」
・日時 8/25(土)13:00~16:00
・場所 プラットフォーム地下005
・担当 活動支援委員会
・受講料 無料
・講座コード 003
・対象 全会員

5「Stroke Economy」
★今号の ■TOPICS で詳しくご案内しています。

6特別セミナー「人格適応論に関する講義とワーク」全2回
・日時 9/17(祝)、9/24(祝)10:00~16:00
・場所 プラットフォーム5階
・講師 鈴木佳子 先生(東京経済大学学生相談室課長)
・受講料 会員:8.000円/回、非会員:10.000円/回 (※全2回受講は割引有)
・講座コード 450~452 
・詳細 http://www.ta-kanto.com/chirasi/2018.9.17tokubetu.pdf 

★★★北海道地区のご案内★★★
詳細、お申込はこちら⇒http://hokkaidoareata.blog.fc2.com/

********************************************************************

■TOPICS

「Stroke Economy」(0.5p)
・日時 9/9(日)10:00~16:00
・場所 ちよだプラットフォーム501.・502
・講師 小林雅美教授
・受講料 会員:5.000円、非会員:7.000円(テキスト代込)
・講座コード 404
・詳細 http://www.ta-kanto.com/chirasi/2018.9.9stroke.pdf

☆小林雅美先生からのコメント☆

クロード・スタイナーのバーン記念科学賞受賞論文『Stroke Economy』は、
脚本からの脱却に通じる非常に奥深い重要な理論です。
そこで、テキストの中では5つの法則の打破に留まっている学びをさらに深めて頂くために、
原論文を翻訳し、背景となる社会状況や心理学的根拠を探り、
関東支部の「研究資料テキスト」としてまとめました。
この講座ではその「テキスト」と「原論文」を使用します。
さて、あなたは、無意識のうちに自分の感情を押さえ、
周りに合わせることによって良い人間関係を保とうとしていませんか?
これでは、「心のエコロジー(自然環境保護)」は保てません。
なせ、もっと自由にストロークのやり取りが出来ないのでしょうか?
スタイナーはこの論文にその理由を詳しく書いています。その理由を理解する
ことによって、あなたはストロークを誰かにあげたいと思ったり、
ほしいと思ったら、自由に与えたり、自由に求めたり、自由に受け取ることができるようになるでしょう。
心も体も健康に豊かに過ごすために『Stroke Economy』を深耕しましょう。


********************************************************************

■関東支部会員の皆さまへ

・次回は、8/23(木)配信予定です。

…………………………………………………………………………………………
■メールマガジン TA WEEKLY 2018/7/19 No.160
発行:日本交流分析協会、関東支部  http://www.ta-kanto.com/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町 3-19-21 橋ビル 8階
TEL:(03) 3295 - 6511 FAX:(03) 3295 - 6521
■マンガでわかる交流分析 http://www.ta-kanto.com/chirasi/manga_ta.pdf
…………………………………………………………………………………………

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ