菜の花通信

  • ¥0

    無料

「セラピールーム 菜の花」のセミナー情報などを、毎月1回お届けします。メルマガ限定のお知らせや「ミニコラム」も載せています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
菜の花通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年07月31日
 
発行部数
45部
メルマガID
0001400470
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・

   菜の花通信 (No.79)  2018年7月31日

・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・

7月に入ってからの酷暑と、先日の尋常ではないコースの台風と、
心身のバランスを保つのが大変な今日この頃ですが、
皆さまいかがお過ごしですか。

目次

◆ NLP体験会のお知らせ
◆ バッチの小部屋(36)ワイルドオート
◆ ミニコラム「罪悪感とコントロール感」

----------------------------------------------------------

◆ NLP体験会のお知らせ

次回のNLP体験会は、9月23日(日)に開きます。

テーマ : 「ビジュアルスカッシュ」
時 間 : 午後1時~3時30分
場 所 : 調布市文化会館「たづくり」602会議室
費 用 : 1000円(プラクティショナーコース卒業生は無料) 
定 員 : 6名

「あら?7月と同じ!間違いではないかしら?」
と思われた方、そうなんです。

実は7月22日の体験会の日、何と私が風邪を引いてしまい、
延期させて頂いたのです。
お申し込み頂いた方々、ごめんなさいm(__)m

というわけで、9月は7月に予定していた内容と同じです。
ご一緒に学べるのを楽しみにしております。

お申し込みはこちら
http://nanohanaroom.jp/form.html


◆ バッチの小部屋(36)ワイルドオート

ワイルドオート(野生のカラスムギ)は、和名が
「スズメノチャヒキ(カラスより小さいのでスズメ)」という、
可愛い名前がついています。

ワイルドオートの状態は、自分の世界を探し続ける思春期に似ています。

チャンスがあれば、どんなことでも試したり手を出してみるのですが、
それが自分に向いているかどうかの確信が持てないので、
そこを離れ、また新しくチャレンジを繰り返します。

これは、自分の持っているエネルギーが無駄に使われている状態で、
種をばらまく、野生のカラスムギと似ています。

でも、自分の本来進むべき道は、自分の中に、すでに用意されています。

ワイルドオートのレメディを使うと、自分の「内なる声」に
耳を傾けられるようになり、用意された自分の道が分かってきます。

そして、広く浅くではなく、狭く深く追求することを学び、
確信を持ってエネルギーを集中できるようになるので、
人生において、豊かな実りを手に入れられるようになります。


◆ ミニコラム「罪悪感とコントロール感」

心の健康のために手放したいものの一つは「罪悪感」と思っています。

本当に悪いことをしてしまって、相手に損害を与えた時は、
しっかり謝って、二度とやらないように気をつければ良いのです。

でも罪悪感は、因果関係のはっきりしない、ただの個人的な感覚です。

相手が何か不機嫌そうだったり、いつもと様子が違っていても、
その原因を「自分が悪いから」と思うのは、多くの場合、勘違いです。

不機嫌そうに見えるのは、ただ疲れただけかもしれないし、
いつもと様子が違うのは、何か個人的なトラブルがあったのかもしれせん。

冷静に現実を見ていれば、そのように推測することができますし、
その人の不機嫌や様子の変化は、自分には関わりはない事が分かります。


さて、タイトルの「罪悪感とコントロール感」ですが、
この2つは、コインの裏表のように、とても似ています。

「罪悪感」とは「自分の言動が、相手を苦しめた」と感じる事。

「コントロール感」とは「自分の言動が、相手の行動を左右した」と感じる事です。
これは「自分が、相手の言動に振り回された」と感じる事も含みます。

どちらも、ある人が相手の言動に影響を与えたと感じています。

ところで心の世界では、人は相手の言動に
直接影響を与えることはないと考えます。

例えば、どんなに正しいアドバイスをしたとしても、
それを取り入れるかどうかは、アドバイスを聞いた相手が決めることです。

言われた事を無批判に取り入れてしまうのは、
マインドコントロールの世界であって、
対等な関係では、あってはならない事でしょう。

結果として自分が相手をコントロールしたように見えても、
実際は、相手は自分の意志でその意見を取り入れたのです。
コントロールされたのではありません。

「自分の言動が相手に影響を与えている」と感じるのは、
それはきっと子供の時の、親との関係から来ているでしょう。

子供の時は、親と一心同体のようなもの。
親の行動はダイレクトに子供に影響しますし、
子供の行動も親に影響を与えます。

でも、社会人になったら、自分の自分の言動の責任は自分で持ち、
他人にその責任を取らせる事はしない、それが大人の態度ですね。

良い人間関係というのは、お互いが相手の考えや行動を尊重し、
適度な距離を保って、良いと感じた事は、ありがたく取り入れ、
自分には合わないと感じた事は、取り入れない、

そうする事で作られるのではないでしょうか。

もし何かに罪悪感を持ってしまったら、それは
誰かにコントロールされていた子供時代のなごりと思って、
今までいてくれたことに感謝しつつ、今はもう、そっと手放しましょう。

---------------------------------------------------------

【編集後記】

異常気象続きの7月でしたが、我が家に一つだけ良いことが。
それは、数年ぶりに梅ジュースが作れた事です。
毎年雑菌が入ってしまい、泣く泣く捨てていましたが、
今年はめでたく「梅ジュースで乾杯!」できました。

では、次回もよろしくお願いいたします。

ご意見・ご要望の宛先はこちら→info@nanohanaroom.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ