行政書士・FP志塚洋介がお届けする金融商品の考え方

  • ¥0

    無料

行政書士・FPの志塚洋介がお届けする、一週間のマーケット概況を読まずに見るだけで振り返れるメルマガ

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
行政書士・FP志塚洋介がお届けする金融商品の考え方
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月28日
 
発行部数
128部
メルマガID
0001472290
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 市況

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

△▼△----------------------------------------------------------
行政書士・FP志塚洋介がお届けする金融商品の考え方    Vol.111
第111条 週間マーケットサマリー(7/23-7/27)
----------------------------------------------------------▽▲▽
今週のマーケット動向をざっと見るだけで復習できるメールマガジン

--------------------------------------------------
投資用不動産、不動産を使った相続対策等のサービスを始めました!
詳しくは志塚行政書士FP事務所までご相談ください!!
shizuka@shizuka-office.com
事務所のHPはこちら
http://www.shizuka-office.com/

投資情報動画チャンネル Sunshine Radio
https://www.youtube.com/channel/UC9pBzPXJ1iE74Q8OKgNC0Uw

先週公開の動画
【株】株主還元策の影響1 増配と株価 Stock Station 第73回
https://youtu.be/SiqKi3BAsPA
【仮想通貨・株・FX超初心者向け】Technical Times 第2回 移動平均線の基本1 移動平均線とは?
https://youtu.be/pUHlMBsvh2U

『3万円からの投資生活』デイリー配信してます。
タイムリーな話題と、毎日違った切り口から
相場を見ています。
https://youtu.be/VBX9pmbxFMc?list=PLkt_CItyd0Fi4WlGaqketbRMYgMkrG7E3

--------------------------------------------------
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
こちら寄稿してます↓↓↓
HDC総研コラム ホスピタリティーズアイ
『商業施設における建築物省エネ法対応』
http://www.at-hospitality.com/hdcinst/2018/05/post-3.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

!!!携帯キャリアで登録されている方!!!
後半に注目銘柄やコメント等ありますので
最後までご覧くださいね!!


今週の日経平均騰落(+0.07%)
23日 ▲1.33% 日銀政策見直し観測
24日 +0.51% 貿易摩擦懸念後退
25日 +0.46% 銅価格急騰で資源株上昇
26日 ▲0.12% 日銀ETF購入比率変更観測
27日 +0.56% 米株高の流れを受け上昇

今週のドル円
23日 112.27円
24日 112.84円
25日 112.83円
26日 112.44円
27日 111.38円

今週のNYダウ(+1.57%)
23日 ▲0.06% 決算発表本格化前で様子見
24日 +0.79% アルファベットなど上昇
25日 +0.68% 米欧貿易緊張緩和合意
26日 +0.44% キャタピラーなどしっかり
27日 ▲0.30% インテル急落

日本10年債利回り
23日 0.080%
24日 0.085%
25日 0.065%
26日 0.085%
27日 0.100%

米国10年債利回り
23日 2.958%
24日 2.950%
25日 2.977%
26日 2.980%
27日 2.952%

ビットコイン価格 BitFlyer(https://bitflyer.jp?bf=xepnb44z)
21日  825,010円
22日  823,502円
23日  860,318円
24日  931,843円
25日  903,896円
26日  878,954円
27日  908,151円


8月第1週(7月30日~8月3日)の重要イベント・統計
30日
【国内】
日銀金融政策決定会合(~31日)

31日
【国内】
6月有効求人倍率
6月鉱工業生産
7月消費動向調査
黒田日銀総裁会見
【海外】
(中)7月製造業PMI
(米)FOMC(~1日)
   7月CB消費者信頼感指数

1日
【海外】
(米)7月ADP雇用統計
   7月ISM製造業景況指数

2日
【海外】
(米)6月製造業受注

3日
【海外】
(米)7月雇用統計
   6月貿易収支
   7月ISM非製造業景況指数  


業種別騰落率上位
1.鉄鋼 +5.56% 資源価格上昇
2.非鉄 +5.28% 〃
3.銀行 +5.21% 長期金利上昇
4.保険 +4.89% 〃
5.鉱業 +4.22% 資源価格上昇

業種別騰落率下位
1.証券 -1.47% 野村決算下振れ
2.情報 -0.77% ソフトバンク下落
3.医薬 -0.50% エーザイ急落
4.小売 +0.29% ファストリ急落
5.繊維 +0.38% ゴールドウィン軟調

前週末比値上がり率ランキング
1.アバンライフ(8851) +98.43% 三菱地所がTOB
2.ジェネパ(3195) +57.86% ユニーファミマと業務提携
3.インターアク(7725) +35.43% 決算内容好感
4.大泉製作所(6618) +35.00% 自動車関税引上げ凍結
5.JMC(5704) +34.05% 上期業績上方修正

前週末比値下がり率ランキング
1.ジャストプラ(4287) ▲44.90% 先週までの上昇から一服
2.ビジョナリー(9263) ▲34.40% 売り出し発表
3.DWセラピ研(4576) ▲23.10% 今期赤字拡大に下方修正
4.ソルガムHD(6636) ▲20.51% 下落止まらず
5.駅探(3646) ▲20.29% 先週に急騰から一服


前週末比国別騰落率上位
1.メルバル(アルゼ) +5.91%
2.DAX(独) +2.38%
3.SENSEX(印) +2.30%
4.CAC40(仏) +2.10%
5.ハンセン +2.05%

前週末比国別騰落率下位
1.MICEX(露) -1.85%
2.TS300(加) -0.25%
3.日経平均 +0.07%
4.VN(ベトナム) +0.23%
5.韓国総合 +0.25%

ちなみに…
TOPIX +1.76%
東証2部指数 +0.44%
JASDAQ +1.15%
マザーズ +0.96%


主要通貨騰落率上位(対円)
1.メキシコペソ +1.77%
2.南アランド +1.38%
3.ブラジルレアル +1.28%
4.ロシアルーブル +0.78%
5.韓国ウォン +0.71%

主要通貨騰落率下位(対円)
1.トルコリラ -1.38%
2.中国人民元 -0.94%
3.ユーロ -0.85%
4.NZドル -0.61%
5.豪ドル -0.57%


ざっと見るだけじゃ物足りないあなたへ

↓↓↓

「志塚のザックリコメント」
貿易摩擦懸念が後退し、
米国株式市場は業績相場に突入。
好業績を予想されていたFANG銘柄も明暗が分かれる結果となり、
フェイスブック・ネットフリックスは市場予想を下回る結果となった。

国内株式市場でも貿易摩擦懸念は後退したが
日銀の緩和政策の見直し観測が出てきたことにより、
一気にバリュー株への物色が進む形になった。
銀行・保険セクターなどが急騰したが、
指値オペの基準引上げもあるがETF買いの比率見直しの懸念も
時価総額の大きい銀行セクターには大きい影響があることが確認された。
世界的に銀行が構造不況に陥っていくことが懸念されてはいたが
それに加えて日銀の政策が複数の点で銀行には不利になっていたことを
改めて感じさせられた一週間でもあった。

週明け日銀政策決定会合を控え
週初は値動きの重たい展開も予想される。
政策の大幅な見通しはないとしても
ETF購入の配分比率がさらにTOPIXに傾いていくよう変更されれば
このバリュー株物色の方向はさらに続いていくことになろう。
銀行保険はやはり注目だがその他
商社などの方が目先はいい動きとなろう。
三菱商(8058)、三井物産(8031)、双日(2768)あたり。
その他低PBR銘柄としてUACJ(5741)日本電気硝子(5214)牧野フライス製作所(6135)
日産自動車(7201)豊田織(6201)などに注目したい。

--------------------------------------------------------
この記事の内容には万全を期しておりますが
うっかりミス的なことも十分にあり得ますのでご注意ください。

みなさんのご意見を取り入れながら
やっていきたいと思っていますので
質問・ご意見・要望・入れてほしい内容等ありましたら
メールでご連絡ください。
shizuka@shizuka-office.com


事務所のHPはこちら
http://www.shizuka-office.com/
投資情報動画チャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC9pBzPXJ1iE74Q8OKgNC0Uw
ぜひご覧ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ