仕事上手のすすめ

  • ¥0

    無料

キャリア20年のコンサルタント(生産性向上、業務効率化、マネジメント推進等)が歴史に関すること、仕事に関すること、マネジメントに関することなどを語っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
仕事上手のすすめ
発行周期
ほぼ2週間に1回程度
最終発行日
2018年09月19日
 
発行部数
6部
メルマガID
0001517090
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

~仕事上手のすすめ 2~


――――――――――――――――――――――――――――― 0041(2018/9/19)
___________________________________

■「9月19日は獺祭忌」
___________________________________

1902年9月19日、俳人正岡子規が結核によりこの世を去りました。正岡子規は45種類の

雅号を用いていました。その一つに「獺祭書屋主人」という雅号があったため、正岡子

規の命日を獺祭忌とも言うそうです。




獺はカワウソのことです。カワウソは取った貝などを並べて食べる習性があります。その

様子から、先祖に食べ物をお供えして祭ることを獺祭と言います。




獺祭という日本酒にもそのような意味が含まれているのだと思います。また、そこから転じ

て、詩文などを作るにあたり多くの書物を調べるために、それらを一面に広げている様子も

指しているとのことです。唐の詩人、李商隠は自らを獺祭魚と号していました。正岡子規も

それを意識して「獺祭書屋主人」と号していたのでしょう。




仕事でも何かしら新しい発想やアイデアが求められることがあります。よくアイデアや発想

力はその人自身の資質によるものだと言われます。特別な人に備わっている能力なので、そ

れ以外の人は何をしてもできない、ということです。




しかし、それは違うと思います。新しい発想やアイデアは0(ゼロ)から生まれることはあり

ません。何もないことからは何も生まれません。ゼロ掛けるゼロはゼロにしかなりません。何

かしらのアイデアが出るということは、何かと何かを掛け合わせたからです。そして、その何か

と何かとは、既に世の中に存在しているもの、考え方になります。




したがって、発想力を発揮するためには、様々な情報をかき集めて、それらを順番に掛け合わせ

ながら、そこから想像できることを輩出していくという作業が不可欠となります。何も思いつか

ない、というのはその作業量が十分でないということです。掛け合わせるための情報を十分に収

集しきれていないということです。




商品開発や新規事業の探索は、まさに獺祭の状態からスタートすることになります。それが新しい

発想、アイデアにつながるかどうかは、それをやり切る必要性を当事者の面々がどれだけ認識して

いるかどうかに関わってきます。つまり、そのようなアイデアを創出することを諦めない気持ち

です。それがあれば何時間、何日、何年だってかけることができます。しかし、ビジネスの場合は、

常に納期があります。時間を無制限に使えるわけではありません。その制約条件の中で諦めずに取

り組むことができるかが重要だと思います。そこまでのプロセスも経ずに、アイデアが出ない、とい

うのは途中でその取り組み、思考を諦めて止めてしまったということです。




こう言ってしまうと単純なことなのですが、成果をあげるということは単純なことの繰り返しの結果

によることが多いという気がします。





                                       (和田 誠)


●●●●●●お知らせ●●●●●●

弊社代表の寺本明仁著「マネジャーになったら読む本」(セルバ出版)販売中

ご関心のある方は下記URLにアクセスしてください。


・セルバ出版通販サイト
https://seluba.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=383515&csid=0


・アマゾン書籍販売サイト(書籍名で検索してください)
https://www.amazon.co.jp/本-和書/b?ie=UTF8&node=465392



___________________________________

メールマガジン「仕事上手のすすめ2」

☆発行責任者:株式会社誠和マネジメント 和田 誠
☆関連サイト:https://www.saywa-m.com/
☆ご意見・ご感想・ご相談:info@saywa.co.jp
☆公式サイト:http://www.mag2.com/
☆お問い合わせ:1517090@mag2.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001517090.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ