先物・オプションは難しくない!

  • ¥0

    無料

先物・オプションは、実は難しくありません。でも、難しそうだと誤解されることもしばしば・・・。そこで、できるだけ易しいことばで先物・オプションを解説してみたいと思います。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
先物・オプションは難しくない!
発行周期
不定期
最終発行日
2014年10月29日
 
発行部数
165部
メルマガID
0001561051
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > 先物・オプション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

δ───────☆先物・オプションは難しくない!───────θ
γ                              γ 
θ─────────2014年10月29日号☆────────δ

株式会社シンプレクス・インスティテュートのはなわです。


---お知らせ----------------------------------------------------

10月27日、大阪取引所より新たな学習ツールが公開されました。
 「OSE先物・オプション シミュレーター」
弊社が企画・開発したものです。Eメールアドレスを登録するだけで
ご利用いただけますので、是非ご覧ください!
 www.fopstudy.com


---IVとベガ--------------------------------------------------

さて、前回までのメルマガで、デルタ、ガンマ、シータ(セータ)
までを説明しました。残っているのは「ベガ」と「ロー」です。

今回は、ベガの説明をします。
ベガとは、ざっくり言うと、IVが「1%」上昇したときの
オプション価格の変化を表す数字です。

例えば、ベガが「5.0」なら、IVが今から1%上昇して、
日経平均などの他の条件が変化しなければ、オプションが「5円」
値上がりするということです。
逆にIVが今から1%下落したら、オプションは5円安くなります。

厳密にいうと、ベガはIVが「100%」上昇したときのオプション
価格の変化を表す数字ですが、日経225オプションの投資家には
使いづらいので、通常は値を100で割って、IVが「1%」上昇
したときにオプション価格がいくら変化するかを示す数字、
「%ベガ」として使います。
ベガの前に%をつけないで、普通にベガとして%ベガを使っている
ことの方が多いかもしれません。


具体例を見てみましょう。
2014年10月29日のある時点で、日経平均は15,550円、
期近である11月限のATMである行使価格15,500円プットは
235円で、IVは20%でした。
そして、この時の%ベガの値は、約13でした。

ということは、IVが今日1%上昇して21%になると、日経平均が
全く変化しなくても、オプションの値段は248円
(= 235円 + 13円 )、呼値は5円なので、実際には値段が
250円くらいになるのだろうと予想できます。

IVが1%動いただけでオプションが15円程度変化し、金額にすると
1枚だけでも15,000円も損益が変わってくると思うと、大きい
ですよね。
(なお、この場合、オプション価格が13円でなく15円上昇したので
あれば、IVは1.15%程度の上昇となります。)


日経225オプションのIVは、低い時で10%台、リーマンショック
後などの高い時では100%を超えたこともありますね。
IVは結構変化するのです。
特に、IVの「上昇」は、あっという間だったりします。
一方、IVの「下落」は、比較的ゆっくりです。でも、IVの急騰後は、
当然急落もします。

日経平均が動かないのにIVが急騰することは、滅多にありません。
でも、これから何かありそうだ、と市場参加者が意識し出すと、日経
平均はほとんど動いていないのにIVが上昇することはあります。

IVは、先物取引にはない、オプション独特の概念です。
IVの変化をうまくとらえることが、オプション取引の成功を導くのです。
そのため、オプション・トレードは、ボラティリティのトレードだとも
言われます。

これまで学習した「シータ」と「ベガ」をシミュレーションで学習
したい方は、「OSE先物・オプション シミュレーター
(www.fopstudy.com)」の12番目のシナリオ
「オプションの値動き:時間経過やボラティリティとの関係」
を是非実施してみてください。


---------------------------------------------------------------------

メールマガジン「先物・オプションは難しくない!」

☆発行責任者:株式会社シンプレクス・インスティテュート
☆公式サイト:http://www.simplexinst.com
☆問い合わせ:info@simplexinst.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001561051.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ