相続や遺言書を一緒に勉強しましょう!

  • ¥0

    無料

遺言書って、  つくったほうがよいと思う。  でも、面倒だな。  そもそも自分には、作る必要あるのかなぁ。   ・・・財産と呼べる物はないし   ・・・親族との関係も良好だし  どんな内容を書けばいいのかわからないなぁ。   ・・・事実婚の場合ってどう書けばいいのか分からないな   ・・・長男の嫁にも何かしてあげれないかな と思っているあなたへ 以下の内容のいづれか(または、いくつか)を隔週お届けします。  ・相続の基礎知識  ・「相続に関する判例」の解説(+予防策の検討等)  ・相続に関連したトレンド紹介

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
相続や遺言書を一緒に勉強しましょう!
発行周期
隔週の水曜日に発行します。
最終発行日
2018年12月12日
 
発行部数
109部
メルマガID
0001573681
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 法律
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

~「相続」「遺言書」私には関係ない?・・・~

  相続や遺言書を一緒に勉強しましょう!

――――――――――――――――――――――――――――― サンプル号

「相続は私には、まだまだ関係ない」若しくは「相続を考えたくない」

という方がほとんどではないかなと思います。

しかし、「相続」は、突然訪れます。誰の所にも訪れます。



<自分が被相続人となる場合>

 自分の意思を残さない事(遺言書を作成しない事)が原因で大切な家族が

 争い事に巻き込まれたり、住んでる所から出て行かなければならなく

 なったりと困った事になったら悲しいですよね。

 また、一生懸命頑張った結果、財産を持つようになったのに法律で

 定められた相続人がいない場合には、自分の意思を残さない

 (遺言書を作成しない)と財産は最終的に国庫へ行ってしまう可能性

 が高いです。



<自分が相続人となる場合>

 大切な人を亡くした深い悲しみの中で、沢山の判断をしなければです。

 しかも判断しなければならない事の中には期間が設けられている事も

 あります。

 これは、とても大変難しい事だと思います。



なるほど、じゃあ、あらかじめ「相続」に備えて何か準備しよう!

と思いましたでしょうか?


私は、そういう方は、ほとんどいらっしゃらないかなと思います。

そこで、具体的な自分の問題では無く世間一般でどのような問題が

起きているのか、そうならない為にはどうしたら良いのかを

このメルマガでお伝えしていければと考えております。

よろしくお願いします。



サンプル号のメニューはコチラです。

■発行にあたって


■相続の基礎知識


■編集後記

___________________________________

■発行にあたって
___________________________________

隔週で以下の内容のいずれか(またはいくつか)をピックアップして
お届けいたします。

●相続の基礎知識
 ・相続用語や相続時や遺言書作成の際に必須な知識をわかりやすい表現で
  説明いたします。
 ・いろんなサイトで説明されている事と重複するものであっても
  重要なものは、記載する予定です。

●「相続に関する判例」の解説(+予防策の検討等)
 ・相続に関する判例を分かりやすい文章で(物語風にして)記載します。
  その際に、そのような争いを防ぐ手段は無かったのか検討します。

●相続に関連したトレンド紹介
 ・リビングウィルって何?
 ・遺骨ペンダントって?
  などなど


___________________________________

■相続の基礎知識
___________________________________

今回は、すぐにでも遺言書を書いて欲しい人の例を提示させて頂くと共に
例にあげました方が簡単にできる自筆証書遺言をご紹介します。

すぐにでも遺言書を書いて欲しい人・・・
それは、相続人が【配偶者】と【被相続人の兄弟姉妹】となる場合です。

(例)

 <親族の関係>
  ・田中一郎さんは、妻花子さんと二人で暮らしていました。
  ・お子さんは、いません。(お孫さんひ孫さんもいません)
  ・一郎さんのご両親も祖父母も既に他界されています。
  ・一郎さんには、最近音信の無い弟(次郎さん)がいます。

 <相続財産などの状況>
  ・遺された財産は、比較的価値のある家屋と土地のみ。
  ・遺言書はありません。

 <相続の流れ>
  1.田中一郎さんがお亡くなりになり相続が開始します。
  2.弟の次郎さんが、妻花子さんに相続分を請求しました。
  3.妻花子さんには、相続分に該当する現金などありません。
    そのため、家屋と土地を売り現金化し、弟の次郎さんに渡しました。
  4.妻花子さんは、田中一郎さんと暮らした家をでて市営住宅に暮らす
    事になりました。

 <田中花子さんが田中一郎さんと暮らした家に住み続ける方法は?>
  ・田中一郎さんが「妻花子に全財産を相続させる」と遺言書を作成する
   だけで良かったです。
   →弟次郎さんには遺留分がありませんので、上記内容の遺言書があれば
    相続分の請求はできなくなってしまう為です。


補足
 遺言書の作成は、その人の状況に応じて書き方がありますので、だれしもが
 上記内容の遺言のみでよいという事ではありません。
 但し、上記の親族関係に全く合致される方は、簡単に作成できますので
 是非作成されては如何でしょうか?
 下記に作成の手順を記載しますので、ご参考にして頂けたら幸いです。

(手順)

  1.下記内容を自筆で行う。(必ず自筆ですヨ)
           遺言書
   遺言者田中一郎は、妻田中花子(昭和40年4月4日生)に全財産を
   相続させる。
   平成24年8月13日
        埼玉県○○市×××1-2-3
        遺言者 田中一郎   印
   ※人名、生年月日、遺言書作成日、住所はきちんと変換して下さい。

  2.印の箇所にできれば、実印を押印して下さい。
    できなければ認め印または拇印でも良いですが、なるべく実印で!

  3.封筒を準備
    ・表に遺言書在中と記述する。
    ・裏に遺言書作成年月日(この例では平成24年8月13日)と
     遺言者(この例では田中一郎)を記述する。

  4.遺言書を封筒にいれる。

  5.封筒を糊付けする。

  6.糊付けした箇所に遺言書に押印した印で押印する。

  7.印鑑証明書を添付する。(実印の場合)


 ※この方法じゃなければならないという事ではありません。
  例えば、公正証書遺言だと手順が異なりますし、安心感が増えます。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「一緒に勉強したい!」と考えておりますので、ご感想やご意見を頂けますと

嬉しいです。

それでは、再来週!!

                             (田中諭)

___________________________________

メールマガジン「相続や遺言書を一緒に勉強しましょう!」

☆発行責任者:アイビー行政書士事務所(行政書士 田中諭)
☆公式サイト:http://www.ivy-g.com/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001573681.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ