アーユルヴェーダ&ナチュラルライフで身体と心のメンテナンス

  • ¥0

    無料

アーユルヴェーダ&ナチュラルなシンプル生活をご紹介いたします♪ インドの叡智(アーユルヴェーダ)と日本の四季に合わせた過ごし方で、ココロとカラダをキラキラメンテナンスしていきましょう☆

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
アーユルヴェーダ&ナチュラルライフで身体と心のメンテナンス
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年09月14日
 
発行部数
152部
メルマガID
0001597014
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 東洋医学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◆◆◆◆◇
アーユルヴェーダで
身体と心のメンテナンス☆
◇◆◆◆◆◇
::::◇67号 ◇2018.9.14::::
こんにちは!
サティヤ・アーユルヴェーダのおざわです。
台風の影響で西日本をはじめ被害を受けた方々、また北海道の地震による影響を受けられた方々、心よりお見舞
い申し上げ、お祈りさせていただきます。
アーユルヴェーダで秋はピッタが増悪する季節ですね、
今年の猛暑では、だいぶ火の要素が身体にたまってきていることと思われます。
皮膚湿疹や身体の熱のこもりなどによる、怠惰感ややる気がそがれることもあります。実は私も今そうです…。
今年は我慢できず、氷を結構食べてしまいました^^
でも空腹時を心がけるようにしましたよ。
でもでも今ちょっと胃が痛いときがあります。ピッタが胃にきている気がします。
なので、もともと消化力の弱いカファの私は胃に負担はかけられないので、1 回の食事を果物に変えて、甘味でピッタを整え、消化にも負担をかけないようにいたしました。
あかげで、大分調子よくなりましたよ。

まだまだ暑くなる日もあると思いますので、ヴァータとピッタを整えることを頭において生活をしましょう。

ヴァータは・・・
規則正しい生活を心がける。
オイルマッサージをする。
食事に水分と油分(特に水分)を摂取できるように、温かいスープを食事に入れるようにする。

ピッタは・・・
瞑想をする。
甘い果物を摂るようにする。
ココナッツオイルでもオイルマッサージをする。
月を見る。
水分を多く取るようにする。
等です。
短い秋を楽しく過ごせるように、生活を整えましょう。



== ◇◆コンテンツ◆◇ =========================
テーマ『ピッタとヴァータを整えよう☆』
●日本とインドの9月の暦
アーユルヴェーディッククッキング
●「なすのゼリー」
編集後記
================================ ◆◇◆ =======
身体のデトックスとオージャスを増やすためのアーユル
ヴェーダトリートメントのおススメ☆
この機会に是非、サティヤ アーユルヴェーダのトリート
メントを体験してくださいませ。



……◆◇◆…………………………………………………
『日本とインドの9月の暦☆』
………………………………………………◆◇◆………
秋は昔から稲刈りの収穫を祝うお祭り等がたくさんあり
ます。
インドでもそうですが、この時期はヒンズー教のヒーローとも言えるクリシュナ神の生誕祭が今年は 9 月 2 日または 3 日に行われました。
さらに 13 日にはガネーシャの生誕祭です。このガネーシャの日には月を見てはいけないと言われています。

その理由は
http://blog.sitarama.jp/?p=4273
月の満ち欠けは、ガネーシャ神が関係しているのですよ。

私が聞いた時と、上記添付先の内容とはちょこっと違うのですが・・・
ガネーシャが転んで片方の牙が折れてしまったのを、空のお月様が見ていて、大笑いをしました。それにガネーシャが怒って、牙を月に投げつけてから、月は満ち欠けするようになったと言われています(諸説あります)。
このガネーシャの呪いによって、ガネーシャ降臨祭の日にお月様は見るといけないとされます。
13 日(昨日)もそうですが、14 日の今日も見ないほうがよいとグルジがおっしゃっていました。ま天気も良くな
さそうなので、大丈夫だと思いますが、なるべく見ないようにしましょうね☆

日本の 9 月はお彼岸、秋分の日、十五夜と秋の夜長を楽しむ季節を表します。
徐々に夜が長くなってくるので、夏にたまった熱をお月見で冷まして生きましょう。
また春分同様、秋分の日は、昼と夜が同じ時間になる日(実際には違いますが)です。
あの世にも近づく日とも言われていますので、お墓参り
やご先祖様をお祈りすることを心がけるようにしましょう。

インドでは月を見るなと^^
日本ではお月見をしようと^^
面白いですね。まぁ、インドは 13、14 日のみですから、秋はお月見しましょうね☆。



……◆◇◆…………………………………………………
アーユルヴェーダクッキング
~なすゼリー
………………………………………………◆◇◆………
アーユルヴェーダ的には、ナスはピッタを乱すといされていますが、今回はデザートにして、甘味を加えてピッタを乱さないように食べていこうと思います。

<材料>
なす 1 本
砂糖 お好みで(大さじ 3 くらい)
レモン汁 大さじ1~2
水 350cc
塩 小さじ1/2
寒天 水の分量の2/3

<作り方>
1.なすは皮を剥いて小さめの一口大に切って、分量外の水と塩を入れて、15 分ほどアク抜きをする。
2.水に皮をいれて、煮込みます。藍色になります。このときは紫ではないです。
3.皮を取り除いた2の水とあく抜きしたナス、レモンを入れて煮ます。レモンを入れるときれいな紫色になり
ます。
4.煮立ったら、お砂糖を入れて甘味を加えます。この時、色の着いた黒糖やキビ砂糖ですとキレイな紫になり
ません。
5.一度、火を止めて寒天を入れて、再度沸騰させたら、バットに入れて粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし固めま
す。
6.ナスを更に盛り、フォークでゼリーをつぶしながらジュレのようにしてナスにかけたら出来上がりです。
私は自分で食べるときは、色を気にしないのでキビ砂糖で作りますが、きれいな紫にしたいときはグラニュー糖
を使います。お好みでどうぞ。



……◆◇◆………………………………………………
編集後記
…………………………………………◆◇◆…………
最後までお読みいただきありがとうございました。
ご利用いただいている皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見は、info@ayurveda-satya.com までお気軽にご連絡くださいね♪
どうぞよろしくお願いいたします。
……◆◇◆………………………………………………
☆アーユルヴェーダ&ナチュラルライフで
身体と心のメンテナンス
☆発行責任者:Satya Ayurveda
☆公式サイト:http://www.ayurveda-satya.com
☆発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
☆登録・解除:
http://www.mag2.com/m/0001597014.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ