音楽プロデューサー山口哲一のエンターテック・ニュース・キュレーション

  • ¥0

    無料

日本No.1のエンターテック・エバンジェリスト山口哲一が、1週間のニュースやブログ記事などから、国内および海外の音楽、テクノロジー、ビジネスに関係するトピックスを寸評付で紹介します。特に重要なニュースは、俯瞰した視点から、しっかり解説。音楽関連ニュースに加えて、コンテンツビジネスやメディアの動きもピックアップ!ニュースの裏までわかります!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
音楽プロデューサー山口哲一のエンターテック・ニュース・キュレーション
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月13日
 
発行部数
635部
メルマガID
0001620824
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 文化・芸能

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆ ―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆――
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
山口哲一(音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト)
週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション vol.191
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆――
◆information
●【開講迫る!ニューミドルマン夏期講座のテーマはアジア音楽市場攻略です!】
これからの音楽ビジネスでは、アジア・中国市場は無視できない!情報通の豪華ゲスト講師と一緒に戦略を練りましょう!
https://tcpl.jp/newmiddleman/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【はじめに】
 先週は、熱中症なのか夏風邪なのかわかりませんが、体調悪くて、メルマガお休みしちゃいました。ごめんなさい。今年の夏は、体調維持が大変ですが、もう一息がんばりましょう。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━━─━─━─━─
【今週の目次】
◆山口的ニュースピックアップ
◇山口関連情報&報告
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
______________________________________________山口的ニュースキュレーション (8月13日付)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※先週のニュースから山口が気になったニュースをPick Up!!ディスカッションのきっかけにしたいと思います。

<今週のpick up>
●SME、アクセラレーションプログラム「ENTX(エンタエックス)」を始動-社会課題解決の事業支援
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP487311_X00C18A8000000/

 世界的に新しいビジネスの担い手はスタートアップになっています。理由は明確で、デジタル化の進展、インターネットの普及、テクノロジーの進化で、産業に構造変化が起きているからです。大企業というのは、過去の仕組みで成功した会社ですから、自らの存在を否定しながら新事業を作ることになるという難しさがあります。組織が大きくなれば意思決定も遅くなりがちで、スタートアップの方がいわば時代のテンポ感にあっている訳です。
 そこで、上記で取り上げたような、アクセラレーションプログラムや広く外部に新規事業アイデアを求めるピッチコンテストなどを行う訳です。

 僕がアドバイスを求められた時に観るポイントは、その会社の企業体質、企業文化です。ソニーは長い低迷からゲームを軸に復活の兆しを見せています。ソニー・ミュージックもアニソンが中心ですが、黒字化しています。日本を代表するB to Cの会社が元気なのは良いことです。僕もソニーブランドは好きです。ですが、親しい人からこのプログラムを相談されたら、積極的には薦めません。
 理由は2つあります。ソニーという会社が垂直統合型の企業で、スタートアップとの連携に向くとは考えにくいからです。ソニーへのEXIT(事業売却)をイメージしているのであれば、戦略的にはありでしょう。でも設立前から大企業への売却を目指す起業家というのは、ロマンが無くて心情的には応援しにくいですね(笑)。
 もう一つはソニー・ミュージックが何をしてくれるかが見えないことです。ソニー・ミュージックは日本一のレコード会社です。
日本のレコード会社は、有効性を失いつつある従来型のビジネスモデルを守るという経営方針で15年以上存在しています。イノベーション精神から最も遠いところにある存在です。また、経営陣が「スタートアップの発想と行動力を取り込みたい」と取締役会で話し合っていたとして、現場はどうでしょうか?「来月リリースの作品をどう宣伝するか?」といった従来型の目先のこと以外を考える余裕のあるスタッフが何人いるでしょうか?起業家側のメリットが見えにくい座組みです。
 強くは薦めませんがもちろん反対もしません。過度の期待をせずに、表現は悪いですが、「腐ってもソニー・ミュージック」みたいな気持ちで付き合うならメリットを引き出せる可能性はあるでしょう。

 エイベックスやTSUTAYAを持つCCCも同様のプロジェクトをやっていますが、似たようなことが言えると思います。
特にこの二社は、創業経営者によるワンマン経営が特徴です。個性的で才能ある経営者の才覚で成功した会社ですが、起業家の組手としてはどうなのでしょうか?
こういう場合は会社として見るのではなく、松浦さんと組めるか?増田さんに何をしてもらいたいか?といった視点が不可欠です。トップときちんとシェイクハンドするというイメージが持てたら、強力な援軍になってくれることでしょう。中途半端にブランドに憧れたり、そのパワーに期待するのは禁物です。起業家は自らの手で道を切り開くのが基本です。その際に使えるものは何でも使うべきだし、協力をしてくれる人を大切にするべきですが、相手を冷静に見ることはとても重要です。

 金融の専門家によると、今、日本は空前の金余りだそうです。スタートアップへの期待が高まっている中、従来は難しかったシード、シリーズAといった初期の資金調達が驚くほど容易になっています。2年位はこの状況が続くだろうと言われています。このチャンスは活かすべきですが、若い起業家は、過去最高のスタートアップバブルにあるのだ、ラッキーな時期に居るということは肝に銘じて、自らの力を過信しないことが大切だと思います。
 これからの日本の産業界には、スタートアップを生み、育てる生態系を強化することは死活的に重要です。エンターテインメント分野の再構築に繋がるような、新しいスタートアップが出てくることに期待したい、僕自身、最大限、協力したいと思っています。

※ここから先は、FBグループの「ニューミドルマンコミュニティ」で議論しましょう!お申込みはこちらから
http://tcpl.jp/archives/3229

<And more>
●本田圭佑がカンボジア代表監督兼GMに就任! 選手との“二足のわらじ”へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00810972-soccerk-socc
→驚きました。PickUpにしたいような記事でした。アスリートの生き方として新しい可能性を切り開く本田圭佑は、本当に本田△!(本田さんかっこいい!)だと思います。
 コンテンツビジネスの視点でJリーグというのは(残念ながらJポップ以上に)アジアで人気のあるコンテンツです。本田自身が、「カンボジアのサッカーを見つけて、根付かせる」と発言しているように、「日本的な方法論」を「アジア的な方法論」に敷衍して、その国なりのサッカーを作るというフィロソフィーを持った行動だと思います。これは音楽やアニメなどのクリエーションにも通じる発想です。日本的な方法論でその国流の新しい洗練されたドメスティックポップスを作る。
そこに日本人クリエイターも加担するというのは僕がやりたいことの一つです。「渋谷系」が参考になると思っていて、欧米のポップスに、Jポップの方法論を加えて、「バンコク系」「ジャカルタ系」「台北系」みたいな先鋭的なポップスができてくる、そこには共通の通奏低音があって、「アジアンポップス」と総称される、そんな時代を感じています。改めて刺激をもらいました。
 カンボジアは中国共産党政府がインフラ整備に資金を投入することで「属国化」が進んでいると言われています。広く国民の心に刺さるサッカーで日本が楔を入れられるのは、(文化)地政学的に
も意味があると思います。

●なぜSpotifyで退職が相次ぐのか? 日本、英国で変化を迎えた音楽業界
https://news.yahoo.co.jp/byline/jaykogami/20180810-00092683/
→判断が難しい記事ですね。Jay君は、強いSpotify愛があるだけに、珍しくちょっと複雑な言い方になっている気がします。
音楽シーン、音楽業界におけるSpotifyの存在感が大きくなっていることが基本的な背景にあると思います。AppleMusicが必死に巻き返していて、USでは一定の成果を得ているとのニュースもあります。LAのミュージシャン、エージェントの関係では、スウェーデン発のSpotifyよりはAppleが関係が深いというのもあるのかもしれません。組織の強化は必要でしょうし、その際には様々な人の出入りはあるでしょう。
ただ、僕は、創業者でpeer to peer技術者のダニエルエクの主導権が残っている限り、音楽体験を変えたSpotifyのサービスの本質は変わらない気がします。オープニノベーションの方向性を持っているSpotifyを幹とした生態系がどんどん強化されているようにも感じています。売上だけが価値ではなく、ユーザーと音楽の関係の変化にも注目していきたいです。

●ミクシィ、モンストの売上低下とチケキャン終了で減収減益 https://japan.cnet.com/article/35123822/
→「ざまーみろ」と言ってはいけませんねwww SNSとしてのmixiに愛情とリスペクトを持つものとして、笠原さん退陣以降のこの会社の経営方針は解せないことばかりでした。モンストで当てて、ゲームが主力になったのは良いとして、どう見ても筋の悪い「チケキャン」を買収して(実際、社外取締役の中村伊知哉さんは反対していましたし、その後辞任しています。)大きな社会問題を起こしました。反社会的勢力と取締役が裏取引していたのは、大問題で、僕は情報開示がまだ不十分だと思っています。

●KDDI、ライブコマースアプリ「CHECK」を公開--エブリーと共同開発 https://japan.cnet.com/article/35123802/
→ライブコマースはこれから注目の分野ですね。

●「Magic Leap One」開発者版がついに発売。約25万円、米6都市限定 https://japan.cnet.com/article/35123796/
→欲しい!

●スマホで撮影した農作物の病気や栄養状態を識別するアプリ「SCOUTING」害虫も判別 https://japan.cnet.com/article/35123736/
→一言で言うと、今っぽい。画像認識、クラウドAI、アグリテックってキーワードが並びます。こういうニュースから今の時代感を持ちますね。

●テック系ベンチャーの聖地は本郷--ディープコア、AI特化型インキュベーション施設開設 https://japan.cnet.com/article/35123766/
→東大元気ですよね。SXSWに東大toテキサスが来るようになってもう随分経ちます。

●ユーザー数減少に苦しむSnap。サウジ王子が株取得の明るいニュースも https://japan.cnet.com/article/35123784/
→大金持ちのファンがタニマチになってくれたんですね。

●期待の「空飛ぶ自動車」プロジェクト6選。人類の夢はもう夢ではない https://japan.cnet.com/article/35123411/
→空に渋滞なし(いまのところ)。

●アプリ連携で日々の健康管理も。カシオ、G-SHOCK&BABY-Gの新製品 https://japan.cnet.com/article/35123760/
→API公開して、スタートアップにサービス開発させてほしいです。ヘルステック分野はこれからもっと伸びます。G-SHOCKハッカソンやりたい!

●グーグル製デジタルホワイトボード「Jamboard」日本上陸。クラウド連携やAIに強み https://japan.cnet.com/article/35123741/
→良さそう。ほしいな。

●2020年東京五輪、NECの顔認証システムを採用
https://japan.cnet.com/article/35123727/
→この機会に世界標準(の一つ)になりましょう。

●アーティストやクリエイターに新たな収入源を。頑張る人の夢を応援するファンクラブサービス「CHIP」が正式リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000033650.html
→こういう直接支援系のサービスが増えてきましたね。

●WaymoがUberを置き換える、自動運転車の四つの事業形態
http://ventureclef.com/blog2/?p=3520
→この競争に、日本の自動車メイカーは入れるのでしょうか?

●5Gを8KやAIoTにどう生かすのか。5Gで495超の特許を取得したシャープの戦略
https://japan.cnet.com/article/35123669/
→頑張ってください!もう台湾の会社だけどね(遠い目

●ソフトバンク孫氏、「AI分野に私の頭の97%を専念させる」通信事業は“2年縛り”を緩和へ
https://japan.cnet.com/article/35123651/
→孫さんのこういう極端な言い方は好きです。

●ペルソナイズ、W TOKYO、アソビシステムが提携し「TGC beauty(仮)」立ち上げ
https://asobisystem.com/topics/7786/
→もう業種の壁とか無いものね。この世代の社長に頑張ってもらいたいです!

●Spotifyとサムスンが提携。スマートスピーカー、音声AI、Galaxyの音楽再生を標準化。アップルに勝負 http://jaykogami.com/2018/08/15376.html
→スマートスピーカーが音楽サービスの主戦場になりつつあります。

●『カメラを止めるな!』の感染経路をTwitter分析で追ってみた
https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20180810-00092617/
→境さんGood Job!

●楽器を弾くとき、脳で何が起こっているのか? 「演奏する」ことの驚くべきメリット
https://nazology.net/archives/16723
→老化防止に楽器を弾くっていいよね。

※ 気になるニュースはツイートでキュレーションをしていますので、Twitterもチェックして下さい!
https://twitter.com/yamabug
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________山口的活動情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●タワレコが未来型クリエイター育成 スクール事業「タワークリエイティブアカデミー」
「TouchDesigner入門編」
タワーの新しい展開です。クリエイターの表現を大きく広げるエポックメイキングになるツール「TouchDesinger」を基礎から学べる講座です。是非是非、ご参加ください!!
https://tcpl.jp/archives/3472

●タワアカではコーライティングワークショップもやっています!第二回の募集開始!
優秀曲はタワレコ、レコチョク、docomoが行っている新人アーティスト支援システムeggsからのリリースされることになりました!
https://tcpl.jp/archives/3537

●プロ作曲家育成「山口ゼミ」10月期生募集開始!
大阪グランフロントでの遠隔受講も可能になりました。
説明会は9/1(土)12時〜。僕が直接話します。
https://tcpl.jp/openschool/yamaguchi.html

●【開講間近!ニューミドルマン夏期講座のテーマはアジア音楽市場攻略です!】
これからの音楽ビジネスでは、アジア・中国市場は無視できない!情報通の豪華ゲスト講師と一緒に戦略を練りましょう!
https://tcpl.jp/newmiddleman/

●ニューミドルマンMeetUp Vol.4~石川真一郎とグローバルコンテンツとしてのアニメビジネスプロデュースと音楽ビジネスとの関係性を考えるの巻~
来月のテーマはアニメ×音楽でビジネス。もちろんグローバル! 是非、いらしてください!
https://newmiddleman-meetup-04.peatix.com/

●ニューミドルマンコミュニティ活動本格化!
 有益な情報共有、意見交換など、日本の音楽、エンタメビジネスを活性化する場としていきたいです。FBグループでのディスカッションと月1回MeetUpそして、様々な分科会活動があります。「ネット上の人気アーティスト発掘プロジェクト」をビクターエンタテインメントと連携して分科会の一つして始めました!
 http://tcpl.jp/archives/3229

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________山口的活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●タワークリエイティブアカデミー「コーライティングワークショップ」は大成功でした!
 アーティストの作品強化という、これまでとは違うベクトルも取り入れたワークショップですが、参加者のレベルも高く、作品も良かったです。Eggsレーベルからのリリースのチャンスもあるので、これからもっと盛り上げていきたいです!第二回も募集中です
http://tower.jp/creativeacademy

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________Post Script
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、暑いですね。こんな夏が続くなら、生活とか仕事の仕方を考えないとなと思います。
最近、クレジットカードが使えないことが二回続きました。SNSでは吠えましたが、都心の飲食店が外国人観光客のことを考えないのはダメだと思います。僕は二度と行きません。
https://www.instagram.com/p/BmYJtLRhQYw/?utm_source=ig_twitter_share&igshid=2thv28ueo508
 特に、東京芸術劇場のカフェで、クレジットカードは3000円以上とか言われてビックリ。Suicaも使えないしね。2020年までには解決するのでしょうか?焼き鳥屋がしっかり分煙になると嬉しいなと思っています。
______________________________________________________________________
<著書>
●アマゾン著者ページはこちら。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E5%93%B2%E4%B8%80/e/B0050GYFFK/
『新時代ミュージックビジネス最終講義』(リットーミュージック)
『10人に小さな発見を与えれば1000万人が動き出す』(ローソンHMV)
『最先端の作曲法・コーライティングの教科書』(リットーミュージック)
『とびきり愛される女性になる。恋愛ソングから学ぶ魔法のフレーズ』(ローソンHMV)
『プロがDAWで曲を』(リットーミュージック)
『世界を変える80年代生まれの起業家』(スペースシャワーブックス)
『プロ直伝!職業作曲家への道』(リットーミュージック)
『ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略』(リットーミュージック)
『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<連載コラム>
『ビジネスパーソンのためのエンタメ業界入門』(WEDGE infinity)
http://wedge.ismedia.jp/category/entertainment
『来月、流行るJポップ』(CREA web)
http://crea.bunshun.jp/category/culture-006/
『WEB版 職業作曲家への道』(Rittor Music)
http://rdm.ne.jp/column/melodist
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
___________________________週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション
___________________________WEEKLY:ENTER-TECH NEWS CURATION

【まぐまぐ ID:0001620824】

発行     山口 哲一
編集     Bug corporation [ http://yamabug.blogspot.jp/ ]
Copyright(C) Bug corporation All rights reserved.
毎週月曜日発行

ご意見ご感想は[ mailto:yamabug7@gmail.com]まで

◎バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001620824/index.html

このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ