易占・風水的中コラム

  • ¥0

    無料

このメルマガでは、月に3回~4回、以下の内容からまんべんなくお送りいたします。 ・40歳からの風水 ・易で読み解くニュース・歴史 ・奇門遁甲でできること ・四柱推命で有名人をみる+金鎖玉関風水 ・風水師が気になる行列店 ・風水チェックシート

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
易占・風水的中コラム
発行周期
月3回~4回
最終発行日
2018年08月01日
 
発行部数
135部
メルマガID
0001625545
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
易占・風水的中コラム vol.94
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。常見多聞です。

毎日暑いですね(;´Д`A
と言えば大抵通じる日本列島ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

今回は移動中の電車の中で、スマホをいじってこのメルマガを書いていましたので、配信遅れずにすみました(^-^)

さて、前号A Iによって占術が失われる?、といったような私見を書きましたが、あれには続きがありまして、、、

残る可能性、あるいは一部のコミュニティでは残ると思っています。

この線引きは、ドイツの哲学者マルクス・ガブリエル氏の言葉から引用してみます。

Yahooのアプリの記事にありました
https://news.yahoo.co.jp/feature/1016

------
シンギュラリティ論はナンセンス
ガブリエルさんは、自然科学の進歩を基本的には歓迎している。しかし、『なぜ世界は存在しないのか』によれば、自然科学だけが客観的であり、万物の尺度だと主張する「科学主義」は、端的に誤っているという。その典型が、現実に存在する全てのものは物質的であると考える「唯物論」だ。 唯物論は、人間の思考も、脳の中のニューロンの状態にすぎないと考える。だとすれば、物質から思考を生み出すこともできることになる。近い将来、人工知能(AI)が人間の知性を超えるというシンギュラリティ論もまた、唯物論の延長にある。
------

A Iの発達にはこういった思想が前提にあって、
そういうものが発達するとそういう人が増える傾向にある、と考えると、、、

つまり、
当たる・あたらない
ご利益がある・ない
といったレベルだけで占術を行う人はいなくなっていくと思いますが、

そういったレベルではなく、
他の見えない視野からのアプローチやモチベーションをもって取り組む人は
残るのではないかと思います。

占いって当たるとか当たらないとか、ご利益があるとかないとか、
じゃなくて、当然当たるし、当然ご利益あるんです。100%ではないですが。。。

そうではなく、その先が面白いんです。
でも目先の目に見えるお手軽な損得しか考えていないままする人が増えていることは事実かなと思います。
なのでその先を知らない人は占いをする理由がなくなる、ということだと思います。

この領域へのアプローチはA Iには無理なのです。ご興味のある方は、ぜひアプリから記事全文をご覧ください。
私は全く同感の箇所がたくさんありました(同感とか偉そうに言えるレベルじゃないんですけど(笑))


それでは、今回の目次です。

あっいや、、、

今回は徒然なるままに、まとまりなく書かせていただきます。

私の話で恐縮ですが、
この間複数の方から別々の時期に

「風水を科学的に説明することってできるのでしょうか?」

と同じようなことを言われました。

とにかく「あやしい」の一言で片付けようと思えば出来てしまう風水(笑)

最初は確かにと思いつつ戸惑いもありましたが、色々と知っていることについてお話しまひた。

後日、何度も同じことに遭遇するので、
同じことを他の人に聞かれた時
逆の観点からこういう話もしてみました。

逆に科学的に説明できないこういう事例もあります、、、と

・引っ越しした途端に体調が悪くなったり、亡くなった人がいる

・すぐ隣の同じ業種のライバル店同士、
サービス内容も接客もその他もあまり差はないのに、
人の通る人数がほとんど変わらないのに、明らかに売上に差が出る

・部屋を移動した途端に売上があがる

・レジを移動したらすぐに売上があがる

・水槽を置いたら急に仕事が増える

・寝る場所を変えたら、急に話が進んで結婚した

・寝る部屋を変えたら、全身の痛みが消えた

・引っ越したら頭痛がやまず、元の実家に戻ると頭痛がやむ

・歯が痛くなって医者に行こうとしたが、
風水グッズを置いてから痛みがなくなり医者に行く必要がなくなった

・急に熱が出て、風水グッズを置いたら熱がやみ、
安心してグッズを片付けるとまた熱がでる


バラツキのある文章ですけど(笑)
全部最近私が体験した風水のお話で、全て風水の理屈で説明できてしまう。

逆にこれらは科学的な方法で完璧に説明できるものなのでしょうか?と話してみたのです。

多分できるものもあると思います。
特に体調のものは心理的要因もあると思いますし、私自身も説明できるものがあります。

でも風水の理論通り、中にはバッチリ時期までぴったりと出ているのもあり、
突然起きるのさえ納得というのもあります。

私自身も最初は「これはちょっと本当かなぁ〜」と思って、
頭から除外していた理論もあるのですが、

今年になって急にこれこれが起きた、と言われて
どう考えても、あやしいこの理論が成り立っているとしか思えない
と言った再発見もありました。

ここまで来ると、
「どこまで知ってるか?」よりも
「どこまで生の本物の実例に触れているか?」の方が
圧倒的に説得力や実力に反映すると思うのです。

今はとにかく1つ1つの実例が
理屈を超えて色々な大切なことをことを教えてくれます。

昔、ある家の鑑定をさせていただいた時に、
あれはどうですか?これはどうですか?
と家の中や周りにあるものをいちいち聞かれたことがあって、
いやいやそれは、、、そこまでは関係ないと思うけどなぁ〜と色々な風水の方法を除外していたのですが、

最近は、明らかにこれは関係しているようだ、というものが増えてきました。
知ってしまうと大変です、1つの家を鑑定する時間がえらく伸びました。

風水鑑定って結構体力勝負なところがありまして、
1つの家を見たら、帰りの電車は大抵爆睡しています(笑)

家を見る時に、全身をアンテナにして見るので、
すごく神経を削ぎ済ますというか消耗するんですね。

身体で感じて、何かおかしいって思ってから、
風水の理論で、ああこれがマズイのか、と気づくこともあります。

なので、1日1件が限度、それ以上はやる気になれません(笑)

大抵帰ってからスーパー銭湯に行って、ぐったりと寝て、充電して、鑑定書を作ります。

でも時々、爆睡しない時があるんです。
大抵は成功している方の家です。

元々運が良いからか、いい風水の家にお住まいなんですね。

ご自分の家だと慣れているでしょうけど、赤の他人が来るとやけに疲れる家。

そういった視点からもご自身の家がどうなのかと考えてみるのも良いのじゃないかと思いました。

最後になりますが、このメルマガは100号で終了となります、
と話しておりますが、読者の方が減る傾向がなくて、ありがたく思っております。

最後までよろしくお願い致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 発行元
風水コンサルティング 見聞堂
常見 多聞(つねみ たもん)
http://www.kenbuneki.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ