看護師が創っている健康新聞

  • ¥0

    無料

看護師3人がそれぞれ勤めている病院で 月に1回 発刊、掲示している手作り新聞。 難しい話ではなく、心と健康を主にした 楽しい新聞です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
看護師が創っている健康新聞
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月17日
 
発行部数
134部
メルマガID
0001640765
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**********************

  「看護師が創っている健康新聞」


看護師が手作りで病院に発行掲示している新聞

**********************


2018年 9月17日

みなさま おはようございます

真紀です。



北海道胆振東部地震で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます

被災された方が一日でも早く

安心した気持ちになるよう復興を願うばかりです。


台風の次は、地震と

落ち込みがちの私達に

大阪なおみ選手が、明るさをくれました。

インタビューを見ていて

素直な人柄に気持ちが明るくなります。

大阪選手のコーチは、ポジティブな言葉かけで

大阪選手に声をかけているそうですね。


自分のためのポジティブも大事だけど

誰かを励ませられるポジティブはもっとパワーがあるように思えます。



人が力を合わせる時

ポジティブが大事だと思いますし

勇気ややる気も、ポジティブがあって

湧き上がってくるものにも思えます。


北海道に住んでいる母に先日電話しましたが

停電の時は、近所で助け合ったと 言ってました。


ポジティブで助け合っていくことって、大変な時ほど必要に思いました。


今号は私、真紀の

笑う門に福来新聞8月号を

お届けします。


真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/

真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/



====現実を創る言葉====


「口ぐせを変えると、人生が変わる!」

実は、脳科学的に言うとあながちウソではないのだそう。

ニューヨーク大学の実験では、大学生の

一つのグループに「強引」「大胆」「無礼」「困らせる」「妨げる」「邪魔する」「侵害する」

という単語で文章を作らせておき、

もう一方のグループには、「尊敬する」「思いやりのある」「感謝する」「我慢強く」「従う」「丁寧な」「礼儀正しい」

という単語で文章を作らせておいた後の行動をみます。


もちろん後者のいい言葉のグループの方が忍耐と礼儀があったという結果です。

脳科学では、言葉によって影響された「記憶」によって、

私たちの思考や行動は変わるということです。

この記憶こそが、私たちの行動や思考のすべてをつかさどっているといっても過言ではないものです。



これまでの経験や知識を積み重ねるなかで培ってきた記憶が、

さまざまに結びつくことで、

その人独自の、思考力、発想力、創造力、意思決定力、価値観、信念などが形づくられるからです。


記憶という要素で、

自分という人間がプログラミングされていると考えてみるといいかもしれません。


ということは、このプログラミングを自分の手で行えば、

自分自身をつくることが可能ということです。

“記憶にコントロールされる”のではなく、

あなたが主体的に“記憶をマネジメント”することで、

人生を能動的に変えていくことができるのです。


そのために有効な方法のひとつが、先ほどの「プライミング効果」です。

新しい仕事に取り組む、資格を取るなど、チャレンジしたいことはあっても

「どうせできない」と諦めてしまいがちな人は、

「○○できるようになりたい」「きっと○○できる」と何度も願い言葉に出してみましょう。 


ですから、「これは性格だから」「もともと運がないから」「能力のない人間だから」と

諦める必要はありません。


小さなこと、できることから行動様式を変え、

記憶を少しずつマネジメントしていくことで、

もともとの性格だと思っていたものも徐々に変化していくことでしょう。

(東洋経済オンラインより)


 脳の記憶のコントロールされていることをやめて自分をマネージメントすることは、

脳が主体でなく、まさにこれが心が主体ということで現実を作っていく力だと思いました。



ーーーー大坂なおみのコーチの言葉ーーーー


日本中を元気にしてくれた大坂なおみ選手を支えたコーチ言葉が素敵です。

実際大阪選手も

彼がとてもポジティブなので、自分にもいい影響を与えています。

と言っています。 


「君はよくやっていると思うよ」

「なおみならできる」

「コートの上ではネガティブな考えはなしだ」

「積極的にプレーするんだ。君はうまくやれている」


試合中の沈んだ顔の大坂選手が笑顔になるのがすごいです。

ちなみに大坂選手のお父さんは「なおみナイスやんか」と大阪弁です。

こっちも笑顔にさせてくれますね。



―――編集後記―――

最後までお読みいただきありがとうございます。

人間はほおっておくと、頭からの指令で

習慣としての反応が多いのかもしれません。

そしてこのことは、結構無意識だったりします。

心を主体にして、今をどうするのか?

気持を切り替えて、上げていくのか

決めていくことができるのだと思います。




次回は来月

笑美さん新聞9月号をお届けします。

お楽しみにお待ちください。


関東地区では 私真紀の 「笑いと健康教室」の 出張おこなっています。

下記メールまでお気軽に 相談いただければうれしいです。

warai555maki@yahoo.co.jp






ご感想 お意見は、お気軽にご連絡ください


warai555maki@yahoo.co.jp

*********************
メールマガジン 「看護師作成の健康新聞」

☆発行責任者  真紀

☆公式サイト
  
真紀HP   https://warai555maki.amebaownd.com/


真紀ブログ http://ameblo.jp/warai555maki/




笑美ブログ http://profile.ameba.jp/yui-ma-ru021ebisusama/



優愛 HP http://yuuai-love.sakura.ne.jp/genki-web/kenkoutop.html

優愛ブログhttp://yuuai-love.jugem.jp/



☆問い合わせ 0001640765@mag2.com 

☆登録・解除  http://archive.mag2.com/0001640765/index.html

































メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ