ウソつきは新聞のはじまり

  • ¥0

    無料

皆様に沖縄の新聞記事の裏に潜む事実についてメルマガを通してお伝えしていきます。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ウソつきは新聞のはじまり
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年10月18日
 
発行部数
1,600部
メルマガID
0001655005
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

________________________________________

「メルマガ第185号」2018年10月18日

■集団自決・・・オカッパの少女の謎を追う その3

「オカッパ頭の少年は大城老人だった」

琉球新報の深沢記者が驚いたこの「特ダネ」記事の二年前、沖縄タイムスは大城老人を記事にしていました。

沖縄タイムスの2005年の記事には、戦時中大城少年が日本兵に失明するほど激しい暴行を受けた恨み辛みが記されていました。

しかし不思議なことに、暴行を受けたとき大城少年がオカッパ頭で女装していたことには触れていません。

その三年後、つまり深沢記者の「特ダネ」の一年後、沖縄タイムスは、大城少年がやっと女の子に化けていたことに触れています。


▼▼ 引用 ▼▼▼

沖縄タイムス 2008年8月29日
連載「教科書改ざん ただす」(6)

第1部 体験者
大城盛俊さん(75)“うつろな目の少女” (8月29日朝刊社会面)
傷癒えぬ県民 怒るべき

 「『集団自決』も日本軍による住民虐殺。自分自身や祖父母、親が受けた戦争体験が消されようとしている。県民はもっと怒るべきだ」

 日本兵から受けた暴行、食料の略奪、そして右目の失明─。旧玉城村出身で、米軍撮影の“うつろな目の少女”の写真で知られる兵庫県伊丹市の大城盛俊さん(75)は六十二年前の体験を振り返り、怒りで声を震わせた。

 一九四五年五月末、当時十二歳の大城さんは、戦火を逃れ、玉城村のガマに家族や地域住民ら約三百人と隠れていた。そこに銃を持った六人の日本兵が現れ暴行された。リュックサックに残されたわずかな食料を奪おうとした日本兵に「これは渡せない」と拒んだためだった。

 ガマの外に引きずり出され、軍靴でけられ素手で殴られた。意識がもうろうとする中、さらに無理やり立たされて暴行を受けた。充血した右目は腫れ上がり、右肩は脱臼、瀕死の重傷だった。捕虜になり、米軍の治療を受けて傷は癒えたが、右目の視力は回復しなかった。戦後、別々に逃げていた母がスパイ容疑で射殺されたことも聞かされた。

 「軍は国を守っても住民は守らず、殺害した。当時は敵に見つかったら男は戦車でひき殺され、女は強姦されると言い聞かされてきた。『集団自決』の犠牲者も自らの意思で死んだわけではない。死に追い込んだのは日本兵だ」

 大城さんも敵に捕まることを恐れた。伯父から「女の子に成りすましたほうがいい」と言われ、おかっぱ頭になった。診療所で米軍に撮影された写真は後に沖縄戦の本で使われ、教科書でも掲載されるようになった。

 その教科書から史実が消されようとしている。

 「県民大会の後は飛行機や船を総動員して大勢の県民代表を送り、政府や国会に直接抗議行動をするべきだ。黙っていることは歴史のうそを受け入れることであり、子どもたちにうそを教えることになる」と大城さんは訴える。

 現在、大城さんは修学旅行で沖縄を訪れる前の子どもたちの事前学習などで語り続けている。喉頭がんで声帯を失ったが人工声帯を付け、全国を回り、八五年から続ける講演は千百八十回を数える。「私は自らの体験を訴えて全国の人に沖縄戦の真実を語り続ける。県民も頑張ってほしい」(社会部・平良吉弥)

▲▲ 引用ここまで ▲▲▲

                  ◇
大田昌秀著『これが沖縄戦だ』の表紙に使用され有名になった「うつろな目の少女」の写真です。(当メルマガでは画像が使用できませんので、「大田昌秀著『これが沖縄戦だ』」で画像を検索してください。)


これが大城老人と同じ人物だと思えません。

どう見ても戦渦にほんろうされるいたいけない少女の写真に見えます。

しかし、琉球新報や沖縄タイムスの報道によると、実は日本全国で沖縄戦の講演行脚をする大城盛俊氏の女装姿だというのです。
この衝撃的ニュースは、上記沖縄タイムス記事の一年前、琉球新報によって沖縄メディアとしては(筆者の知る限り)、初めて報じられました。

それがこれ。


▽▽ 引用 ▽▽▽

教科書の嘘許さず 大城さん、憤りで声震わせる
2007年8月25日琉球新報

「沖縄がいつまでもバカにされたままでいいのか。沖縄県民はもっと怒って立ち上がらなければ」と訴える大城盛俊さん=那覇市天久の琉球新報社

 「うつろな目の少女」と題し、大田昌秀著「これが沖縄戦だ」(1977年出版)の表紙写真で紹介された兵庫県伊丹市の大城盛俊さん(75)=旧玉城村出身=が来県、高校歴史教科書検定で沖縄戦の「集団自決」に関する記述から日本軍の強制が修正・削除された問題で、「沖縄県民はもっと怒って立ち上がらなければ」と訴えている。24日、琉球新報社を訪れた大城さんは、史実を歪める教科書検定の動きに「教科書が嘘(うそ)をついて、その嘘を教えられた子どもたちが大きくなったらどうなるのか」と懸念し、憤りで声を震わせた。

 表紙の“少女”の正体が大城さん。当時12歳で、育ての父に「男の子は兵隊にやられるから女の子になりすましなさい」と言われ髪を伸ばした。

 大城さんは、1945年4月1日の米軍の沖縄本島上陸後に家族と玉城村のガマ(壕)に避難したときのことを鮮明に記憶している。そこには200―300人の住民がいた。5月下旬、日本兵が入り込んできて「食料をよこせ」と銃を向けた。彼らは黒砂糖が入った大城さんのリュックサックを取り上げようとした。大城さんが「取らないで」とお願いすると、「生意気なやつだ」と壕の外に引きずりだし、激しく暴行。硬い革靴でけり飛ばされた大城さんは気を失った。殴られた右目は失明した。

 数日後、大城さんは米兵に助けられた。同写真は診療所の前で撮影された。(略) (深沢友紀)

△△ 引用ここまで △△△

                   ◇
沖縄では、それほど話題にならなかった「オカッパ頭の少女」が大城老人というニュースを、朝日新聞が取り上げました。

翌2008年2月には朝日新聞がこれです。↓


▼▼ 引用 ▼▼▼

ニッポン人脈記/沖縄の「少女」 これは僕
朝日新聞 2008年02月01日

 1枚の写真が大田昌秀(82)の目をくぎ付けにした。

 おかっぱ頭の少女が血まみれで座りこみ、うつろな目をカメラに向けている。あの沖縄戦のなかを逃げまどったのだろう。

 大田は学生時代、鉄血勤皇隊として沖縄戦に動員され、大勢の友を失った。戦後、琉球大学で教壇に立ち、米国の公文書館などで沖縄戦の資料を集める。

 そこでみつけた写真を「うつろな目の少女」と名づけ、本の表紙に使った。琉球新報に書いた連載をまとめ、77年に出した記録写真集『これが沖縄戦だ』である。

 与那原町でクリーニング店を営んでいた大城盛俊(75)は、この写真を84年に見る。内臓病で入院中、隣のベッドの患者が広げた地元紙にのっていた。

 その新聞をもらい、タクシーで新聞社に駆けつけ、大田の自宅を聞く。けげんな顔で玄関にあらわれた大田に紙面をつきつけた。

 「これは僕です」

 「でもあんた、男じゃないか」

   *

 大城は沖縄戦当時、12歳。「男の子は日本軍にひっぱり出され、何をされるかわからん」と案じた父のいいつけで、女の子のように髪を伸ばしていた。

 だが、なりすましてもムダだった。島がまるごと戦場になった45年6月、家族の食料を奪おうとした日本兵にとりすがる。「生意気だ。反抗するのか」。ひそんでいた壕からひき出された。こっぴどく殴られ、けられ、気を失う。右腕は脱臼、右目は失明。右足にいまも障害が残る。

 大田がみつけた写真は、米軍につかまった大城が治療されている時に撮られたものだった。「あんた、生きていたのか……」。大田は泣きだした。大城も涙する。ふたりはかたく抱きあった。

 大城は、沖縄戦の悲惨を語りつぐ「語り部」になった。全国の学校や平和団体を訪ね、1200回を超す。喉頭がんの手術をして22年前から人工発声器をつかう。低く聞きとりにくい声。生徒たちは息をころして聴き入る。

 「日本軍は『お前ら、アメリカにつかまるとスパイになるんだろう』と住民に手投げ弾を渡した。壕から出るときも、子どもを先頭に立たせて盾にした。沖縄の住民の敵は日本軍だったんです。そういう戦争を知らない人が歴史の教科書を書いている。情けない」(略)

▲▲ 引用ここまで ▲▲▲


戦争に翻弄される少女の写真と思ったのが、名乗り出た人物が75歳の老人だったという衝撃は読者を驚かせました。

しかし、ここで大きな疑問が湧き上がりました。

沖縄2紙がキャンペーンを張っている「残虐非道な日本軍」というオイシイ話を喧伝するには絶好の大城氏の証言を、沖縄マスコミが戦後60数年も放置していたのは何故か、という疑問です。

朝日の報道によると、大城老人が大田氏を訪ねて「写真の少女は自分」と名乗り出たのは20数年も前の1984年ではないですか。

しかも大城老人は沖縄戦の語り部として千数百回にも及ぶ講演会で全国行脚をする講演会のプロです。

2007年の琉球新報の特ダネと思われる記事の後も、沖縄メディアは「うつろな目の少女」の報道には何故か及び腰なのも不思議です。

沖縄戦の語り部である大城老人は、その後も沖縄本島での講演会は一度も行っていません。

しかし、大城老人は2008年6月、沖縄での最後の講演会を石垣市で行い、長年の講演会活動を、翌2009年の9月で終了すると発表しました。

それでは何ゆえ大城氏は長年の講演会活動を沖縄本島で行わなかったのでしょうか。

激戦地のある沖縄本島南部地域は大城老人の故郷のはずです。


▽▽ 引用 ▽▽▽

日本兵が暴行、右目失明 表紙の「少女」大城さん、沖縄戦を語る 2008年6月22日

【石垣】「これが沖縄戦だ」(大田昌秀著、1977年出版)の表紙写真「うつろな目の少女」で知られる旧玉城村出身の大城盛俊さん(75)=兵庫県伊丹市=が21日、「沖縄で起きた戦争の話」と題して石垣島で講演した。

 講演会は、平和行政を推進する石垣市と、今年設立20周年を迎えた世界平和の鐘県支部(平田哲三支部長)が主催。約300人の聴衆は、喉頭(こうとう)がんで声を失い人工声帯で語る大城さんの話に聞き入った。

 沖縄戦当時、育ての父から「兵隊にやられないように」と言われ、女の子のように装っていた大城さん。12歳だった1945年、沖縄本島に上陸してきた米軍から逃げるように旧玉城村のガマに入った。「中にいた日本兵に黒砂糖が入っていたリュックサックを取られそうになった。勘弁してくださいと断ると、パーンと思い切り殴られた」。その暴行で右目は今も見えない。

 実母もスパイ容疑をかけられ、日本兵に手榴弾(しゅりゅうだん)で殺された。大城さんは時折ハンカチで涙をぬぐい「日本の軍隊を決して許すことができない」と静かな怒りを込めた。来場した運天勇利君(平真小5年)は「僕と同じぐらいの年に、腕も折られて目も見えなくなって、一人で生き延びたのがすごい。戦争は怖い。」と平和への思いを強くしていた。

△△ 引用ここまで △△△


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

先週の「メルマガ第184号」について読者からの誤字脱字のご指摘がありましたので、訂正します。
訂正が遅くなり申し訳ありません。

誤 「戦争体験者の特集記事で埋められるのに大わらわでした。」
正 「戦争体験者の特集記事で埋めるのに大わらわでした。」

誤 「オカッパ頭の少女に変死」
正 「オカッパ頭の少女に変身」

誤 「さらの不思議なのは、」
正 「さらに不思議なのは、」

誤 「神戸市痛み界隈」
正 「神戸市伊丹市界隈」


___________________________

 最後まで読んで頂きありがとうございます!
 See you next week!
___________________________

メールマガジン「ウソつきは新聞のはじまり」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001655005.html

ここより下部に表示される記事・リンク等は「まぐまぐ!」により自動挿入されています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ