ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

  • ¥0

    無料

ジャーナリスト嶌信彦が政治、経済、文化、社会情勢などの底流や本質などについて発信。これからの世の中はますます動乱の時代。潮流を知ることが大事となり、その一助になれば幸いです。2ヵ月に1度私が会長を務める日本ウズベキスタン協会の「出前講座」ではオフレコの情報もお話していますので、オフィシャルサイトをみて気軽にご参加下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2019年02月15日
 
発行部数
1,695部
メルマガID
0001670157
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 経済

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2019年 2月 15日 vol.289

=================================
今年もトランプ主義で混迷へ?
==================================

 トランプ政権で内外から信頼を集めていたマティス国防長官が1月で退任(※)することになった。"アメリカ第一"を標榜し、国際協調主義を否定するトランプ主義に対し、最も強力な歯止め役を担っていたマティス長官の退任でトランプ政権はますます内向きとなり、世界経済にも混乱を与えそうだ。
 
 トランプ政権では2017年の発足直後から次々と重要な高官が辞任したり、交代させられてきた。発足間もない2月にフリン大統領補佐官(国家安全保障担当)、5月にコミーFBI長官、7月にプリーバス首席補佐官、8月にはバノン首席戦略官・上級顧問、さらにプライス厚生長官、パウエル大統領副補佐官も辞任した。
 
 この辞任連鎖は2018年になっても続き、マクマスター大統領補佐官、ティラーソン国務長官、コーン国家経済会議委員長、プルイット環境保護局長官、ヘイリー国連大使、セッションズ司法長官、ジンキ内務長官、ケリー首席補佐官など政権発足からほぼ2年で高級官僚も含めた高官の離職率は65%に上っているのだ。
 
 辞任の原因はほとんどがトランプ大統領との意見衝突や内紛といわれる。トランプ大統領は自由貿易、同盟重視などで歴代のアメリカの政策や伝統的な外交価値基軸をことごとく否定。"ディール(取引)"を重視したアメリカ第一主義の方針を貫いてきた。解任した閣僚の後任にはトランプ主義に近い人物を登用している。
 
 このため近隣諸国やかつての同盟国とも対立が増大し、メキシコとの間では移民流入防止の壁を建設する方針を打ち出したほか、中国の貿易政策に対し高率関税をかけるなど米中"新冷戦"の兆候も招来させた。この米中対立で世界の株価、為替も乱高下を繰り返し、世界経済全体を不安定化させている。またドイツを口汚く批判し、"もはやEUの安全保障はアメリカを頼りにできない(メルケル独首相)"と米欧同盟にまでヒビを入れているのだ。
 
 自由主義世界を引っ張ってきたアメリカが、一人の大統領の交代でこれほど変貌するケースは過去に例がなかったように思う。政権は後半戦に入るが恐らく今の姿勢は変わらないだろう。中間選挙で下院では議席を減らしたものの上院では逆に増やした。トランプ主義はアメリカそのものの変化を表しているのだろうか。
 
 安倍首相はトランプ大統領と20回以上の首脳会談を行なっており相性は決して悪くない。しかし具体的政策の話合いになるとTPP(環太平洋経済連携協定)への加入を呼びかけても応じないし、日本の対米貿易黒字などに対し不満を申し立てている。安倍対米外交も正念場を迎えそうだ。
【財界 2019年2月12日号 第488回】

(※)マティス国防長官は今年の1月1日付けで辞任しました。12月中の入稿のため、このような記載になっておりますことをご了承下さい。

◆お知らせ
・日曜(17日) TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』21:30
 ゲスト:中江有里氏(女優・作家)二夜目
 書評家として知られるようになった中江氏が本が持つ力を改めて感じた瞬間についてや、35歳で学生になった理由、その学生生活などについてお伺いする予定です。

 前回の子どもの頃に両親が離婚、母子家庭で育った思春期についてや、脚本家になりたくて上京、親元を離れ一人暮らしを始めた頃のエピソードなどにつきお伺いした放送音源は番組サイトにて来週水曜正午までの期間限定でお聞きいただけます。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/201902151

・【ウズベキスタン情報】東京タワー文化フェスタティバルIII 世界の文化を、東京で─世界×日本による芸術祭 開催のお知らせ
 世界に認知される東京タワーを拠点とし、世界と日本の文化交流、文化情報発信活動を通して、日本の文化発展を支援することを目的に実施される文化芸術イベントです。

 今回、ウズベキスタンの伝統楽器と日本の伝統楽器「箏」とのコラボレーションや立正大学 安田治樹教授による「ウズベキスタン─バクトリア美術」と題した講演、展示などが予定されています。

 開催日時:2019年3月2日(土)11:00-19:30
 場所:東京タワーホール(東京タワーフットタウン地下1階)
 入場料:無料(ただし、音楽部門の座席は2500円と有料になります。立見は無料)
 詳細は以下を参照下さい。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/201902041

==================================

嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://www.japan-uzbek.org/

==================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ