にしぴりかの美術館

  • ¥0

    無料

宮城県大和町のアトリエnisipiricaの附属展示室である「にりぴりかの美術館」の展示情報をお送りします。 いわゆるアウトサイダーアート・アールブリュットと呼ばれるジャンルの専門・常設美術館です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
にしぴりかの美術館
発行周期
ほぼ 季刊
最終発行日
2018年07月27日
 
発行部数
7部
メルマガID
0001673945
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



(^ー^)(^ー^)(^ー^)(^ー^)

にしぴりかの美術館 情報

(^_-)-☆(^_-)-☆(^_-)-☆

2018.07.27号・・・・・・・



終了目前の展示

※◆※◇※◆※◇※◆※◇※◆※

「本濃研太ダンボール彫刻展 動物が、いる。」
会期:2018.4月15日(日)~2018.7月29日(日)
休館:木曜日
会場:にしぴりかの美術館(宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47)
入館無料

※◆※◇※◆※◇※◆※◇※◆※


本当に大好評の本展。
ある程度、予想はできましたが、
ここまでの反響とは!?
この田舎の「にしぴりかの美術館」とは思えない
人の出入り、大人も子供も、大はしゃぎ!

雑記帳も大にぎわい。
ある美術を学ぶ学生さんも
「これが生きている動物なんだ!」と
今までの悩みを吹き飛ばしたらしい・・・嬉しい。


大人もですが子供も、バンバン書いてくれています。
絵も、文章も、実に自由に描いてくれる。

本濃さんの作品が、そうさせるんでしょうね。

w(゜o゜)w  (ノ゜ο゜;)ノ  {{(><)}}




さて、この展示も次の日曜日まで。
読者の皆さんは、観に来てくださいましたか?

C= C= C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

繰り返し観に来てくださっている方もいますが
その価値は十分にあり、そして東北ではこの日曜日が
とりあえず、最後です。


また、いつか進化した本濃さんをまた招きたいけれど、、、、
その時、うちの美術館で手が届くかどうか・・・

(x_x) ☆\(^^;)



最終日29日、本濃さんは朝、相模原を出て11時前には美術館に。
(開館前に来る人も多いのですが、それはエラー)
一日、美術館に居る予定。(でも休憩させてくださいね)

翌日30日は一日かけて、動物たちを梱包します。
そして31日に動物たちは相模原へ。
手元に残しておくには29日が交渉最終日。


なお、小物でしたら
「本濃研太のホームページ」で購入可能です。

http://www.geocities.jp/genhonnoh/



とりあえず、
時間を作って、お出でになりませんか?
本日、明日、明後日!!

29日は、作者、本濃研太と会える!!

・・・・・

動物の形や色はとても魅力的です。
それぞれの生活してる場所、くらし方に合わせて、
とても工夫されていると思います。
もし、神様がすべて作ったとしたならば
「よく工夫したものだ」
と感心しますが、
僕は神様が作ったものではないと思います。
その形や色は動物たちが生まれては生き、子どもを残し死んでを、
気が遠くなるぐらいたくさんくり返し、
動物たち自身で作っていったのでしょう。
僕はそんな動物たちの形や色や大きさに「なるほどなるほど」
と思いながら尊敬とあこがれを持って、
動物たちを作っています。

本濃研太(ほんのうげんた)



(/^o^)/ワァァァァィ♪d(^0^)b グッ!


本濃研太(ほんのうげんた)彫刻家

1978年北海道生まれ、神奈川県在住
2003年よりダンボールで成形しアクリル絵の具で着彩した
繊細かつ大雑把な「ダンボール彫刻」を中心に活動しています。
2012年宮城県「風の沢ミュージアム」
2015年千葉県「ふなばしアンデルセン公園子ども美術館」
で大規模な展覧会を開催しました。
また2012年と2014年、演劇集団「風煉ダンス」の作品
「ゲシュタル島崩壊記」「まつろわぬ民」の舞台美術を担当。
2013年「渋さ知らズ大オーケストラ」の「天幕渋さ船」公演。
2014年「白崎映美と東北まづりオールスターズ」の
「東北6県ろーるショー」の舞台美術を作りました。
今春は渋谷のアツコバルーとBunkamuraで同時展覧会開催
ますます、活躍の幅を広げている本濃研太!

o(*^▽^*)oo(*^▽^*)oo(*^▽^*)oo(*^▽^*)o




お見逃しなく!!

(^o^)/~~~ 




Googleインドアビューに「にしぴりかの美術館」掲載中。
冒頭に出るのは「街の喫茶店」
その奥に向かうと「にしぴりかの美術館」に入れます。
撮影時の展示は前々回の島崎さんの展示です。
・Googleインドアビュー
https://goo.gl/maps/rQqBkG5L1SJ2




☆★△▼☆★△▼☆★△▼☆★△▼
「にしぴりかの美術館」
特定非営利活動法人黒川こころの応援団
〒981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
070-5011-0028(小野田)
info@nisipirica.com
☆★△▼☆★△▼☆★△▼☆★△▼


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ