砕きまくりな経済ニュース

  • ¥0

    無料

ニュースは難しい!!社会人として新聞くらいはと思っているが活字を読むと眠くなる!!忙しくてニュースを見る時間が無い!!といった方々に配信します。配信は毎週土曜日夜。知っておくべき経済ニュースを砕いて砕いて砕いて簡単にしてお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
砕きまくりな経済ニュース
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2016年08月14日
 
発行部数
10部
メルマガID
0001674924
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 経済

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=============================================
砕きまくりな経済ニュース
=============================================

どうもyusukeです。

本日のトピックはこちら。


1.知ってるようで知らない財政政策
2.企業の引っ越しが加速
3.富裕層に学ぶちょっとした考え方の違い

ではいきましょう!!

----------------------------------------------

1.知ってるようで知らない財政政策

今回はまず最初に財政策についてです。ニュースを理解する上ではとても重要なキーポイントとなるものです。この意味を理解するだけで理解力が圧倒的に変わりますし、今後どうなっていくんだろうかという自分なりの考えも作っていけるようになります。ここは絶対に覚えてくださいね。簡単なので!!

財政政策とは政府による取り組みです。
例えば道路を作ったりダムを作ったりすること。これらは政府が買うという表現を使って、政府購入または政府支出という言い方をします。
どういうことかというと、政府が道路やダムを作る人たちの労働や作るための材料や機材などを買うのです。政府は自分で道路を造ったりダムを造ったりはしないですよね?
テレビに出てる政治家の人たちが作業服着てヘルメット被って工事現場で働く姿なんて見たことないと思います。政府はその仕事そのものを買うことによって、そのお金が実際に作る人たちの給料や仕事を頼まれた会社の収益となるわけです。すると、その人たちが受け取った給料分の金額と企業の収益分が消費や貯蓄、投資に使われ、最終的にこのようにお金が回ることで、経済が発達していくのです。

これが財政政策です。大切なことなので今後も時々財政政策については解説していきます。しっかりと覚えていって下さいね!!

----------------------------------------------

2.企業の引っ越しが加速

皆さんはどっちがよろしいですか?田舎暮らしが都会暮らしが良いか?やっぱり住むのは田舎の方がいいですかね?

けど、企業となると、都会の方がやっぱりいいんですね。地方から首都圏に引越しした企業が前年の比較で13%増の335件と帝国データバンクが発表。この首都圏がさすのは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で過去最高を記録。一番多いのは大阪からの引越しで22%、茨城9%、愛知8%、福岡5%。大阪だと、十分に本社機能を発揮できそうな気もしますが、22%となるとそんなことはないようです。

帝国データの分析によると、地方での人口減が激しく、企業は労働力やより良い経営活動を求めて首都圏に拠点を移したとしています。人口が減ってるからそれに合わせて会社の規模も小さくしようとする会社なんてありませんからね。となると、もしこのまま人手不足となってしまっては社員1人1人の仕事量が増えることも予想できます。それに合わせて給料も上がればいいんですが、今や日本のGDPは0%台でアジア圏で下から3番目。難しいところです。

前回のメルマガで安倍政権のアベノミクスのことを書きましたが、今回のこの件に関する政策として、地方創生ということも政策の一つとしていますよね。ましてや昨年は地方創生元年とも命名しています。
ぜひ政策の実現を期待したいものです。
(参考 8/8日本経済新聞)

----------------------------------------------

3.富裕層に学ぶちょっとした考え方の違い

富裕層っていうとどんなイメージを持ってますか?富裕層といっても超がつくほどのです。

まずその前に超富裕層って何だ?ってことですよね。

ウエルス-Xという調査会社によると、超富裕層というのは個人資産10億ドル以上の人たちを指すようです。10億ドルですから日本円にすると1000億円ってところです。世界全体の超富裕層が所有する昨年のお金の総額は7兆7000億ドルで過去最高を記録。人数は2473人となっています。ちなみに、アメリカの国内総生産gdpは17兆円。

では、この人たちはどのような人たちなのか?というのが気になるところです。おそらく、多くの読者の方々はその一族が超富裕層で代々受け継がれてきたものだと思ってる方が多いのでは?少なくとも私そうだと思ってました。

しかし実際は異なるようで、自らの力で資産を築いてきた人たちが多いのです。超富裕層全体の87%がこれに当たります。
そして、彼らの持つ考え方が、巨大な資産を築いてもなお長時間働き続けることを考えるのです。

「◯億円手に入れたら仕事辞めて◯◯したい」
といった考えは持っていないのです。常に
「次に何を達成できるか」
という考えを持っています。
「◯億円手に入れたら仕事辞めて◯◯したい」
といった考えを持った人と超富裕層の考え方は仕事に対する根本的な考え方が違うのです。

「仕事は何かを我慢し、その我慢の対価としてお給料をもらう」
このような考え方をちょっと変えると、私たちも生き方が変わるかもしれないですね。
(参考 8/10ウォール・ストリート・ジャーナル)

----------------------------------------------

意見・ご感想を聞かせてください。返信は出来ないのですがしっかりと読んでます。
y.k.freemerumaga@gmail.com

ブログ
http://yusuke-k.hatenablog.jp/
※メルマガ解除される方は、ブログの記事内の登録・解除フォームからお願い致します。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ