琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン

  • ¥0

    無料

琉球大学教職大学院 藏滿研究室のメールマガジンです。 このメールマガジンでは,・私の教育に関すること・沖縄の教育に関係すること に加えて,・沖縄での生活で出会った人やもの・沖縄に関係のある本や音楽・広く沖縄に関係のあること・教育に関すること を紹介していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月20日
 
発行部数
71部
メルマガID
0001676703
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 授業案・教材研究

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□ □□□ □□□□ □□□□□ □□□□□□ □□□□□□□

 琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン 12号

                 2018-6-20

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

1 鹿児島・鹿屋市のイベントで話します。

2 熊本でのイベントで話します。

3 免許更新講習開講確定しました。

4 沖縄県図書館協会誌に原稿を書きました。
 http://www.okiu.ac.jp/sogobunka/nihonbunka/syamaguchi/07.pdf

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

1 鹿児島・鹿屋市のイベントで話します。 

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □
===================================================
「第19回未来教育セミナー霧島プロジェクト ユクサおおすみ海の学校」
 テーマ:「共にすばらしい未来教育を創造しょう!」
<エンカウンターを中心に実践型教育研修会:大人の夏休み:自分へのご褒美>
 ~ 情報のネットワークと心のネットワークづくりを鹿児島で!~
=================================================== 
日 時:2018年8月16日(木)~17日(金)
オプション:18日(土)は「シーカヤックツアー」(野元尚巳氏)
    (17日の夜は、野元尚巳氏「世界人力の旅」講演実施)
会 場:「ユクサおおすみ海の学校」(旧鹿屋市立菅原小学校)
鹿児島県鹿屋市天神町3629-1 ・https://www.yukusa-ohsumi.jp/

講師陣:(ゲストティーチャー各氏) 
石川 晋(授業づくりネットワーク理事長:元北海道公立中学校教諭)
蔵満 逸司(琉球大学教職大学院准教授:元鹿児島県公立小学校教諭)
鈴木 隆弘(高千穂大学教授:元私立大学准教授・私立高校講師)
寺脇 研(京都造形芸術大学教授:元文科省大臣官房審議官)
藤浦 清香(楠学園代表理事:元旅人・会社員・教員)
水野 正朗(東海学園大学准教授:元愛知県立高校教諭)
南 明子(鹿児島県公立小学校教諭)

対 象:教育に関心のある方(教師・学生・保護者・企業人、等々)
定 員:50名
参加費:3,000円(二日間参加:5,000円)+一泊朝食付:4,500円(食事
等は朝食1,000円・昼食1,500円・夕食2,000円で提供いただけます。各自
の準備持参も了解です。)
●お申し込み方法
1.次の申し込みフォームにて入力お願いします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4952bce94f373be7
 または、下記の内容をメールにてお知らせください。
 これを、仮受付とさせていただきます。
タイトル:第19回霧プロ申し込み・名前・携帯番号・勤務先 )
 E-mail:kanoyu@po.synapse.ne.jp 
● 申込締切 第1回目 7月16日(月)
       第2回目 7月31日(火)
       最終締切 8月10日(金)

内 容:

◆8月16日(木)
  開講式・出会いのワーク(SGE)

1.基調講演「教育の現状」(仮)寺脇研
(京都造形芸術大学教授:元文科省大臣官房審議官)
2.構成的グループエンカウンター(SGE)プログラム
3.講話「小学校の現場」(仮)蔵満逸司
(琉球大学教職大学院准教授:元鹿児島県公立小学校教諭)  
4.参加型シンポジウム「現教育の問題点」(仮)
パネリスト:石川 晋(授業づくりネットワーク理事長:元北海道公立中学校教諭)
蔵満 逸司(琉球大学教職大学院准教授:元鹿児島県公立小学校教諭)
鈴木 隆弘(高千穂大学教授:元私立大学准教授・私立高校講師)
寺脇 研(京都造形芸術大学教授:元文科省大臣官房審議官)
藤浦 清香(楠学園代表理事:元旅人・会社員・教員)
水野 正朗(東海学園大学准教授:元愛知県立高校教諭)
南 明子(鹿児島県公立小学校教諭)
コディネーター:梶原末廣(インターネット編集長@霧島プロジェクト代表)  
5.懇親会(中高MM19周年記念、他)

◆8月17日(金):
1.ワークショップ「教師教育」
(仮)石川晋(授業づくりネットワーク理事長:元北海道公立中学校教諭)
2.講話「主権者教育&開発教育」鈴木隆弘
(高千穂大学教授:元私立大学准教授・私立高校教諭)
3.講話「楠学園から見えてくるもの」(仮)藤浦 清香
(楠学園代表理事:元旅人・会社員・教員)
4.講話「主体的・対話的で深い学び」(仮)水野正朗
(東海学園大学准教授:元愛知県立高校教諭)
5.構成的グループエンカウンター(SGE)「別れの花束」・閉講式(研修証明書)  
   
6.参加型シンポジウム(初日を受けて)「現状解決から未来教育へ」(仮)
  *参加者と共に*
パネリスト:石川 晋(授業づくりネットワーク理事長:元北海道公立中学校教諭)
蔵満 逸司(琉球大学教職大学院准教授:元鹿児島県公立小学校教諭)
鈴木 隆弘(高千穂大学教授:元私立大学准教授・私立高校講師)
寺脇 研(京都造形芸術大学教授:元文科省大臣官房審議官)
藤浦 清香(楠学園代表理事:元旅人・会社員・教員)
水野 正朗(東海学園大学准教授:元愛知県立高校教諭)
南 明子(鹿児島県公立小学校教諭)
コディネーター:梶原末廣(インターネット編集長@霧島プロジェクト代表)  
主  催:「霧島プロジェクト実行委員会」
共  催:日刊中・高校教師用ニュースマガジン
後  援:南日本新聞社・尚古集成館・かごしま臨床教師学研究会・鹿児島市教育委員会
 (申請中)・NTTコミュニケーションズ
協  賛:オフィース王・鹿児島国際理解プログラム・からいも食楽部 (協賛募集中)

●参加申込:メール・メールフォーム・葉書・電話で,「お名前・電話番号・所属・連絡
先」を記入のうえ,8月10日(金)までにお申し込み下さい。また,当日申込も受け付
けますが,当日の参加者が多い場合は,事前に申込をしていない方の入場を制限するこご
があります。

◆インターネットからの参加申込フォーム
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4952bce94f373be7
 こちらからもOKです。
==========================
■〔申込・問い合わせ先〕
  〒891-0150 鹿児島市坂之上7丁目24番31号
「霧島プロジェクト」事務局
   携 帯:090-1346-3090
   メール:kanoyu@po.synapse.ne.jp 
==========================


□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

2 熊本でのイベントで話します。  

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □


11月23日熊本です。
残席35です。

1 年会費 3000円
2 定員 60人(先着順)
3 主な講師
 北海道:堀裕嗣/山下幸/大野睦仁/宇野弘恵
 ALL九州:前田康裕(熊本大学教職大学院)、蔵満逸司(琉球大学教職大学院)、船木
浩平(日向教育サークル)他1名 ミスターX

http://www1.edu.u-ryukyu.ac.jp/menkyo/doc/youkou.pdf

4 日程
 09:00~09:15 受付
 09:15~09:20 趣意説明
第1部 主体的・対話的な学びがいじめを許さない学級を創る
 09:20~09:50 第1講座【九州?】ミスターX(当日のお楽しみ)
 09:50~10:20 第2講座【北海道】山下 幸
 10:20~10:30 第1,2講座を振り返る ミスターX VS 山下 幸
第2部 主体的・対話的な学びがなされる道徳科
 10:40~11:10 第3講座【九州】船木浩平(日向教育サークル)
 11:10~11:40 第4講座【北海道】宇野弘恵
 11:40~11:50 第3,4講座を振り返る 船木浩平 VS 宇野弘恵
第3部 対話的な学びを活動に終わらせないカリキュラムと模擬授業
 12:50~13:20 第5講座【九州】蔵満逸司(琉球大学教職大学院)
 13:20~13:50 第6講座【北海道】大野睦仁
13:50~14:00 第5,6講座を振り返る 蔵満逸司 VS 大野睦仁
第4部 深い学びに誘うカリキュラムと模擬授業
 14:10~14:40 第7講座【九州】前田康裕(熊本大学教職大学院)
14:40~15:10 第8講座【北海道】堀裕嗣
 15:10~15:20 第7,8講座を振り返る 前田康裕 VS 堀裕嗣
第5部 振り返り クロージングセッション
 15:30~16:30 参加者が講座を振り返る 4テーブルローテーション
 16:30~16:45 前田康裕,堀裕嗣が本日の講座を振り返る
5 そ の 他
・天候不良や講師の健康等予期せぬ理由で内容の急な変更の節は何卒ご了承下さい。
・会場内での録音・録画,及びパソコンの使用はご遠慮下さい。
・次の日の道徳授業改革セミナー2018秋への連続参加がおすすめです。
【申込先】http://kokucheese.com/event/index/520650/


□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

3 免許更新講習開講確定しました。読書で受講される方はメールください。  

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □


琉球大学

【選択】新聞を使った教育 20人 □満席 
7月8日(日) 50周年記念館
予備日8月4日(土) 50周年記念館

【選択必修】情報通信技術 (ICT)を利用した指導 35人 □満席
7月15日(日)共通教育棟2号館 302室(PC室)
予備日8月5日(日)共通教育棟2号館 302室(PC室)

【選択必修】深い学びと協同学習 40人 □
9月1日(土) 50周年記念会館
予備日9月8日(土) 教育学部104室

石垣島

【選択】新聞を使った教育 20人 □
7月28日(土) 石垣市健康福祉 センター
予備日9月29日(土)石垣市健康福祉 センター

【選択必修】深い学びと協同学習 40人 □
7月29日(日) 石垣市健康福祉セン ター
予備日8月26日(日)石垣市健康福祉センター

やんばる

【選択】やんばるで学ぶ世界自然遺産教育 20人 □満席
10月6日(土) 国頭村与那琉球大学フィールド
予備日10月13日(土) 国頭村与那琉球大学フィールド


□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□

〇『特別支援教育を意識した小学校の授業づくり・板書・ノート指導』(黎明書房)4刷
〇『教師のためのiPhone & iPad超かんたん活用術』(黎明書房)3刷
○『おいしい!授業─70のアイデア&スパイス+1 小学校1・2年』
   蔵満 逸司 (著), 家本 芳郎 (監修) 
 http://urx.mobi/JDkI アマゾンでの検索は「蔵満逸司」

 7月 免許更新講習 琉球大学、やんばる、石垣島他 中城村・算数×2 
    久高島道徳・糸満市小道徳・糸満市中道徳・宜野湾市道徳 
 8月16「第19回未来教育セミナー霧島プロジェクト ユクサおおすみ海の学校」
    テーマ:「共にすばらしい未来教育を創造しょう!」 
 8月 糸満市中道徳 
 9月 島尻教育事務所・道徳
 
 9月22日琉球大学(仮題)石川晋さんと考える教師の生き方
11月23日 熊本市 募集中
     「主体的・対話的で深い学び」を考えるセミナー2018霜月in熊本」

◆高校向け出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄 随時募集中(小6、中学でも可能)

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□
 
  発行人・藏滿逸司(くらみつ いつし) 
   
     ・国立大学法人 琉球大学 教職大学院 准教授

研究室HP・http://www.itsushi.net/ 

メールアドレスは,研究室HPにあります。

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ