職場で「こんなことも分からないのか」といわれないためのポイント

  • ¥0

    無料

あなたは、社会人としてのマナーや常識がわからないばかりに「こんなこともわからないのか!」と先輩や上司から指摘された経験はありませんか。 新人くんは仕事ができなくて当たり前。 でも、「こんなことも分からないの?」と言われてしまう。 私は、一つや二つではありませんでした。 30歳を過ぎても、指摘されたことがあります。 いったい何が問題なのでしょう。 「こんなことも分からない、ダメなやつ」と言われない、言わせないために、今日からできることをお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
職場で「こんなことも分からないのか」といわれないためのポイント
発行周期
平日刊
最終発行日
2018年09月05日
 
発行部数
9部
メルマガID
0001678134
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

職場で「こんなことも分からないのか」といわれないためのポイント
第 20 号 2018年 9月 5日

「こんなことも分からないの?」と馬鹿にされないために
今日からできること、心がけることをお届けします。

こんにちは、佐藤です。

先日、興味深い記事を発見しました 
 ~いるいる、会社の困ったちゃん 10人衆~
 
「あれ、これってわたしのこと!?」そう思ったあなたは危険信号!!
ここで気付いたのが幸いとし、身の振り方を考えましょう!
とのことです。

詳細は記事を読んでいただくとして、ここでは10人衆の名称をあげます。
 https://dime.jp/genre/535088/ 
 
1.メンタル弱子
2.かまってちゃん
3.定時ダッシュ名人
4.トイレの住人
5.点数ゲッター
6.忙しんぼ
7.やるやる詐欺
8.時間泥棒
9.人間スピーカー
10.聖域侵害者

この10人衆、職場で見かけることがあるようですね。
私は、ほとんど見かけたことがないのですが、
あなたは、いかがですか。

もし、このような人がいたとしたら、どう対処すればよいのでしょう。
この記事の中では、彼らに対する対処法は記述されていないようです。


ダメ社員を右腕に変える方法。

人には、仕事の向き、不向きがあります。
そうであれば、いろいろな部署を経験させ、本人に向く仕事を与えればよいのです。

私の奥さんがこんな話をしてくれました。
彼女がパート先で、出会った女性のお話です。

記憶があやふやなところがあるのですが、、、、

彼女がある会社に勤め始めたころのことです。
初めに配属された部署では、仕事を上手にこなすことができなかったそうです。
通常は、駄目社員の烙印が押されて・・・、になりそうですが。
会社は、彼女を配置換えしてくれたそうです。

配置換え前の出来事なのか、新しい配属先での出来事なのか、
彼女はこういわれたそうです。

大丈夫、あなたに向いている仕事が必ずあるからね。

どうしても、ダメだったら、会社の受付という仕事もあるから。
(あなたの笑顔を生かせる仕事という意味です。)

それで、彼女は救われたそうです。

仕事ができないからといって、退職に追い込まない。
戦力となる職場を与えてあげる。

これが会社の方針だったのでしょう。

今の世の中、こんな悠長なことなどやっていられない!!

そこで、一般論としては、各種性格診断、適性検査等を行っているようです。
そうそう、タイプ分けもありますね。


ため社員、彼らの能力に問題はありません。
勿論、あなたの指導方法や伝え方が悪いわけでも、
あなたのマネジメント不足でもありません。

実は、あることをほんの少し意識するだけで良いのです。

それは、

・空白を嫌う脳
・人はそれぞれマップが違う(思考抽象度の違い)
・人はユニークな価値観を持っている

この3つを意識するだけで、あなたの部下や社員さんが変わります。


次回は、もう少し掘り下げてお話いたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も素敵な一日となりますように。

----------------------------------------------------------------
職場で「こんなことも分からないのか」といわれないためのポイント」
  発 行: コーチ・らしんばん 佐 藤 好 彦
  ブログ: http://coach-rashinban.tattakun.biz/  

☆ご意見やご感想などを、遠慮なくお送り下さい。
 ⇒  http://tattakun.biz/?page_id=1271

☆登録・解除はこちら。今までご購読有り難うございました。
 ⇒  http://www.mag2.com/m/0001678134.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ