考えるオーラ

  • ¥0

    無料

『オーラを使う能力』は生きている人間でしたら潜在的にみんな持っています。しかし「オーラ」とは見えないものですから、そんなものは無いよと思ってしまいがちですが、生きている人ならみんな持っているのが「オーラ体」です。肉体と重なって存在しているエネルギー体なのです。『オーラを使う能力』が理解できてきますと見える世界と見えない世界の両方を感じられるようになります。そういう『考えるオーラ』の世界をこのメールマガジンで書いてゆきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
考えるオーラ
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2018年11月25日
 
発行部数
399部
メルマガID
0001678667
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


―――――――――――――――★―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
              ▼▼▼
               ▼

  ~呼吸をするというのは「空を飛ぶ」ということなんだよ~

          ▲▲▲考えるオーラ▲▲▲    

             ~038号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ◆今回号のテーマ◆


      ☆無意識のオーラ体が動いてくれれば☆

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎~

オーラ体は、肉体と重なって存在しているもので、「見えない分身」
としても使えます(知らないうちに使っています)。

オーラ体は、表面的な意識には上がって来ることはほとんどありませ
ん。オーラ体は、無意識的な内なる分身として、自分の潜在的世界に
棲んでいるわけです。

それで、今回のタイトルの説明になりますが、この自分の無意識オー
ラ体が、自分の内側から外に出てくれて、外界で起きていること(こ
れから起きようとすること)に、オーラ体で直接つながってくれるこ
とが出来れば、きっと自分が想ったり願ったりしていることを、自分
のガイドとして動いて(導いて)くれるようにもなるのに、というお
話しであります。

このように、もしかして素晴らしい能力で自分のやりたいことを叶え
てくれそうなオーラ体を持っていたとしても、ニートのように自分の
家の中に閉じこもってしまってばかりでは、その能力は使えないまま
で一生が終わります。外に出してこそのオーラ体だからです。

◎~

なんだかまるで幽体離脱のハナシでもしているようですが、肉体の中
から見えないオーラ体を出しましょう、というあたりはどこか似てい
るかもしれませんね。ちなみにぼくは幽体離脱の体験はありませんの
でこれについては詳しいことは言えませんが。

オーラ体とは、いわゆる「気のカラダ」でもあります。生命素粒子が
集まって濃くなったものを「気のエネルギー」と言いますが、「気」
もオーラ体も『エネルギー』なのです。

肉体という容れ物の中に棲んでいる「見えないエネルギーのカラダ」
です。この見えないエネルギーのカラダを、容れ物である肉体の中か
ら外に出しましょうね、というハナシなのですが、このエネルギーの
カラダは、自分が「生きる」ためにある大切なエネルギー源ですので
肉体の生きてゆきたいという都合から考えると、そうそう簡単に外に
出してくれるわけではありません。

幽体離脱だって、死んであの世で使うカラダである幽体を、生きてい
るうちに外に出そうとするわけで、本来ならば死んでからやるべきこ
とを生きているうちにやろうとするのが幽体離脱ですので、肉体の都
合から考えると、そう簡単に外に出してやることなど出来ないのだと
思います。それが「生きる」の本能です。

◎~

その「生きる」の本能の裏をかいたりダマシをかけながらおこなわな
いと、幽体離脱でもオーラ体を出すのでも、なかなかうまくいかない
かもしれません。

よく言う「気のチカラ」という言い方ですが、どんなことでも気のチ
カラを出しながらおこなえば、肉体だけのチカラよりももっと深くて
広いチカラを出すことが出来るのですが、「気」そのものは「生きる」
ためのエネルギー体ですから、出せばエネルギーはすり減ります。

ですので、肉体の都合から見れば、気を出さないでシゴトをしてくれ
た方が、通常の疲労で済むはずなのに、気のチカラなんかを出してし
まって、その後ちゃんと充電が出来るかどうかだって不明ですし、き
っとこういうことを肉体が本能的に計算して「気を出さないように」
「オーラ体を出さないように」などと制御しているのかもしれません。

◎~

ぼくのホームページにも『みんな持ってるオーラのチカラ』とか『オ
ーラを使う能力があればこの世はだいじょうぶ』と、オーラは誰でも
使えるよ~、と、やさしく表現してありますが、これは本当です。

オーラ体を肉体から出して使うのは難しくはありません。ちょっとし
た呼吸法を身に付ければ、誰でも理解は出来るものです。本当です。

ただ、やはり「見えないもの」をあつかうことなので、そういうもの
を「見ながら(見えないのに)」自分のオーラ体を操作しなければな
りませんので、ちょっとした不納得のままトレーニングを続けること
がお好きならば、今回のタイトル『無意識のオーラ体が動いてくれれ
ば』には興味を持っていただけるのではないかと思います。

それでも「見えない」分を、想像力やイメージや、空想力などを使い
ながら、自分のオーラ体をトレーニングさせることも「アリ」ですか
ら、豊かな想像力を用いて、見えないものをいかにも「見える」よう
に想えればよろしいだけです。すべては「想ったこと」が現実に起き
るだけですから。

きっと、何かで成功したり、しあわせになったり、モノゴトがうまく
いっている人たちは、おそらく全員が『オーラ体を外に出して動かし
ている』はずなのです。帝王学や成功学はすべてこういう原理ですか
ら。

◎~

それではちょっと「オーラ体遊び」でもしてみましょうか。自分が吐
いた息が自分のオーラ体であると、想像してゆくことからです。これ
からイメージトレーニングで遊んでいってください。

このように想います。

『オクチの中に棲んでいるオーラ体は、オクチから吐く息に乗って外
に出ます。まるで風船ガムのようにふくらんで外に出てゆきます。

一度息を吐いただけでは大きくふくらみませんから、何度も重ねて息
を吐きながら、大きい風船になるように想像してゆくのです。

オクチから出た風船は、自分の目の前一歩先を歩かせます。先に風船
が歩いて、後から自分がついてゆくような順序でいっしょに歩いてゆ
きましょう。』

こんな感じです。これは想像力の遊びですから「出来ているかな?」
と確かめなくていいのです。想像力に確認なんかはいりません。いち
いちそんな確認をしていたら想像力遊びではなくなります。

さらに想いは続きます。

『一歩先に歩いいる自分の無意識オーラ体といっしょに街に出てみま
しょう。なるべく人の多い時間帯をねらって街に出ます。ぼさっとし
ていると通行人にぶつかってしまいます。ですので、目の前一歩先を
歩いているオーラ体に、ぶつからないように歩いてねと伝えます。す
ると、そのように言われたオーラ体は、まるで自動的に目の前から来
る人にぶつからないようによけながら、後から歩いてついてゆく肉体
をガイドしてくれるようになります。』

と、こんな感じの遊びです。

◎~

自分の思いを、外にいる自分のオーラ体に伝えることで、まるで自動
的に通行人をよけながら歩いて肉体の自分を連れてガイドしてくれる
ような感じになれば、遊びは大成功です。

「自分」という存在は、オーラ体と肉体のふたつがつながっています。
そして、先にオーラ体が動いて、その後から自分の肉体です。この二
重性のつながりを意識出来るといろいろなことが出来ます。

先にオーラ体に「自分の願いや思い」を伝えておくことで、潜在能力
的にオーラ体が動いてくれて、そのあとに自分がついてゆくだけです。

オーラ体が「考えて」くれます。

これが『考えるオーラ』というネーミングの意味なのでした。

いかがだったでしょうか?

こういう簡単なことから始めていって、だんだんと自分の世界を創る
ようになれれば、まるでオーラ体は内なるパートナーとなってゆける
わけですよ。



    (このメールマガジンは不定期で発行しております)

◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いた人のところに
メールが届きます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
◎ブログ/イキル気のエネルギー療法のブログ◎~*
       https://ameblo.jp/shiranoyu
―――――――――――――――――――――――――――――――
◎もうひとつメールマガジンがあります!
『しあわせスイッチを入れるヒーリング教室』こちらから↓どうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html
―――――――――――――――――――――――――――――――


              ▲◎▲
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

◎発行者/しらのゆきひと
◎考えるオーラホームページ/http://futari-no-aura.com/

◎/このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

―――――――――――――――★―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ